FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > マネーストレスフリー > 【下町FP】コロナ! インデックス投信購入タイミング到来か

【下町FP】コロナ! インデックス投信購入タイミング到来か

 

あなたのお金の悩みを解決し、マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

2020.3.4現在株価は大きく崩れています。新型コロナショックと命名された弱気な市場が金融商品の投げ売りを誘っています。いまだに乱高下が続いています。波紋はまだ収まる気配はありません。

 

 

イメージです

 

株式ですから経営計画を達成できなかった企業の株式は売られ、サプライズの収益を出した企業は急上昇するのは世の常です。

 

株式配当の懸念や株主への価値還元の不確実性変化が株価に反映されているという状況が続いています。

 

株価は米国や日本も共にここ数年間に渡り、良好な環境でした。その上昇を一気に縮小させている今回のコロナ不安ショックが続いています。市場が落ち着いた頃に、株式市場での長期資産形成が出来るチャンスが来るかもしれません。

 

資産運用に投資信託を入れる時期到来か

 

株式投資は個別銘柄の業績が大きく変動要素になり、投資の初心者にはリスクが大きい商品です。そこで投資信託の購入を考えてみましょう。投資信託は複数の投資先に投資家から集めたお金を運用のプロであるファンドマネージャー投資・運用する金融商品です。

 

投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドがあり、インデックスファンドは、日本株でいえば日経225やTOPIXだとか、米国株ならダウやS&P500といった具合に、市場全体の動きを示す「指数に連動すること」を目指すタイプの投資信託の事です。

 

 

 

これに対し、アクティブファンドは指数への連動ではなく、「指数を上回ること」を目指すタイプです。

 

インデックス型は長期的な視点でローリスクローリターン、アクティブ型は短期的な視点でミドルリスクミドルリターンと言われています。

(長期ではインデックス投資の方がアクティブ投資を上回る可能性が高いのです)

 

実は僕は投資信託があまり好きではありません。いろいろな旬なテーマを見つけて新商品を作り、投資家から金を集めて運用します。証券会社だけてでなく銀行まで力を入れて販売しています。

 

その銀行で投資信託を買わされた方の半分くらいが損失を抱えているからです。つまり、売り手が儲かる商品が多いからです。

 

それと株式のように売りたい時、買いたい時にすぐに売買が出来ず、時間が掛かります、それによる思わぬ価格での売り買いとなる可能性があるからです。今までいろいろな投資信託を見てきましたが、長期投資に向いているのは一握り、その中ではインデックス型の商品は比較的おススメかと思います。

 

指数に対して投資するチャンスか

 

先程も言いましたが、インデックスファンド(インデックス型投資信託)とは、日経平均やTOPIX、ダウ平均やS&P500のような株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指して運用されている投資信託をいいます。

 

毎日お昼のニュースでやる日経平均株価やダウ平均株価の指数と同じ値動きをする「投資信託」がそれです。

 

インデックス投資のおすすめ理由は、少額から始められ・分散投資ができ・低コストで、手間がかからない点です。資産運用で負けにくい要素を持っているのがインデックス投信なのです。

 

 

投資金額が低額からでもスタートできる

 

インデックス投資は、証券会社の口座を作ってしまえば、100円からでも購入することができます。

特に気軽にできるネット証券が使い勝手がいいでしょう。

 

例えば、SBI証券や楽天証券などは、関連会社のネット銀行とも連携して資金移動も楽々です。

 

 

 

 

 

 

投資をする資金がないという人もいますが、毎月5000円であればどうでしょうか?さすがに5000円を準備することができないという人はいないと思います。

 

株でしたら少なくても数万円~数十万円掛かりますが、インデックス投資なら少額で手軽にはじめることができます。

 

まずは低額からスタート、そして定額へのシフトアップが安心、慣れている方は底値と判断するのなら一気買い買いが有効かもしれません。

 

この辺は、多くのFPはドルコスト平均法という買い方ばかりを推奨しますが、僕は上昇相場の時にはこの方法は機会損失が起こると考えます。ふたつの使い分けが大切です。

 

インデックス投信のメリット

 

インデックスファンドは、指数と同じ動きを目指す投資方針ですので、投信で構成する銘柄も基本一緒になります。

したがって複数の多くの銘柄に実質的に分散投資していることになります。

 

例えば、日経平均の株価とは、東証1部に上場している225銘柄の企業の株式により構成されており、この指数と同じ運用を目指すというインデックスファンドは、このETF日経225となり、225の銘柄でで構成されていることになります。

 

つまり、このインデックスファンドを購入すれば、上場している日経の225銘柄に分散投資しているのと同じなんです。

 

225銘柄への分散投資には、メリットもあります。各個別株で運用をする時よりも大きく買いますから、実質的にリスクを下げることができます。

 

インデックスファンドは多くの商品があります。例えばSBI証券の投信絞り込みを以下の条件でやってみました。

 

  1. 株式  国内と国際株式
  2. 地域は日本と米国
  3. 買い付け時手数料 無料(ノーロード)
  4. 積立可能タイプ
  5. インデックス投信

この条件を入れました。

 

 

 

すると投信が出てきます。インデックス投信は、こんな感じで出てきます。

 

 

 

例えばネット証券で、毎月1日に1万円分のインデックス投信を購入するよう設定すると自動的に口座から引き落とされ購入して積立てられます。

 

もし、口座に残高がなければ取引はされません。

 

 

インデックス投資は、ファンドを選択するだけです。企業分析をしたり企業価値から株価を予想して選ぶ必要がありません。運用する投信を決めてしまえば、あとはドルコスト平均法で、定額で定期的に購入するだけです。

 

例えば日経株式225平均指数に投資

 

リーマンショック以降は上下動を繰り返しながらも上がってきました。当然、インデックスファンドを買った方の資産も増えました。

 

例えばダウやSP500米国株式に投資

 

 

米国は力強い相場が続いています。リーマンショックとトランプ大統領が選挙で買った時に大きな落ち込みがありましたが、力強く成長しています。

 

 

この指数によって値動きが決まるだけです。特定の株式のように企業業績や不祥事に怯える必要はないのです。ただし全体の市場指数が伸びていけば値上がりが期待できます。

 

 

ここ最近の日経225と、米国ダウ平均のチャートをここで改めて見てみましょう。日経新型肺炎コロナショックの下落です。お金が逃げまどっています。

 

ダウ平均の新型肺炎コロナショックでの落ち込みです。始まったばかりなのでしょうか。

 

もしかすると、この相場の落ち込みは底なしなのでしょうか?そんなことはありません、

 

必ず対応策が確立されて、克服の兆しが現れます。その時、チャートは反転と始めます。もしかすると時間はかかりますが、資産運用の好機到来になるかもしれません。

 

 

インデックスの優位性と不確実性について

 

インデックス投資信託の優位性について考えてみましょう。

 

インデックス型投資信託は、非常に低いコストで運用することができます。今回の投信絞り込みでは買い付け手数料はゼロ、管理手数料年間0.5%で探してみました。

 

投資信託を購入する際に気を付ける事のひとつは手数料です。大きく指数投資は伸びないのに毎年1%や2%の手数料を支払っていたら手数料に負けてしまいます。0.3%以下のものを選びましょう。儲かるのはあなたではありません。

 

売買手数料

投信を売買する時の手数料は、商品の1~3%が目安が多いですが、ノーロード投資信託という、購入時手数料がかからない投資信託があります。

 

商品の選択時はしっかりと調べてから購入をしましょう。

 

 

信託報酬

1年間、その投資信託を管理・運用してもらうための手数料(0.1~3%)

銘柄の選定、入替管理をする手数料です。信託報酬は毎日、保有している資産から差引かれます。

 

 

インデックス投信をお勧めするのは、この信託報酬が非常に低いからです。

信託報酬は毎日差し引かれるものなので、パフォーマンスに大きく影響します。手数料の違いでは長期保有で大きな差が出てきます

 

市場ショックは10年サイクルでやってくる 

 

株式を活用した資産運用は長期投資が今までの結果では成功するという確率が高くなります。ただし、入り口を間違えてしまうと期待する結果が得られない事もあります。

 

入り口とは、買うタイミングと買う商品です。あとは地道に時間を味方にして積み立てるだけです。

 

 

資産運用も全額運用でなく、分散運用をしましょう。もしかすると、10年ぶりの資産形成のタイミングが到来するかもしれませんね。

 

もし、リーマン並みのショックが新型肺炎にあれば、相当の下落も予想されます。世界恐慌にならなければ投資機会にもなります。

 

インデックスファンドを味方にする方法 

 

☞ポイント

投資には絶対はない。ただし、歴史から見て、株式やファンドを資産運用の手段のひとつにするチャンスが到来するかもしれない。

 

不幸にして歴史は繰り返します。日経19,000円割れから10,000円割れ等の不確実性増加or急降下の事態に投資しなければ、10年ぶり或いは数十年以来の資産形成への機会損失にもなります。

 

キャッシュポジションの用意を忘れず常に用意。余裕資金で投資。必ず夜明けはやって来ます。

 

 

  • 過去の長期間の投資結果をみると、インデックス投資の多くの商品は、アクティブ投資よりも上回る結果を出しています。

 

  • インデックス投資の方が、安定した利回りが多いのも事実です。

 

  • インデックス投資はアクティブ投資と比較して利回りは低くなりがちです。10年、20年と長期運用すると、結果的にアクティブ投資よりも、インデックス投資の方が収支で上回る確率が高いという結果があります。

 

 

まとめ

 

投資信託の中では、インデックス投資は長期で運用に強く安定利回りが期待できます

 

売買手数料は出来ればノーロードのもので、信託報酬は0.3(0.1レベルは◎)%以下のものをNISA口座等を利用して運用してみよう。

 

資産形成のチャンスが訪れるのを待ち、商品選択をしてみる、口座開設しておくことをお考え下さい。

 

 

この記事はFPとして特定の商品を勧めているのではありません。投資や資産形成の判断は自己判断でお願いします。

 

投資をやる前にもっと大切な事があります。自身のライフプランニングを分析する事です。そこから手段が見えてきます。

 

*****************************************************:

FP事務所トータルサポートから

*****************************************************:

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

*********************************************************:

★更にお得な情報

■無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

 

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

    *********************************************************:

    ■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

     

    登録はここをクリック

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

     

    登録は メルマガを申し込む

     

    解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW