FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > マネーストレスフリー > 【下町FP】資産運用には自分のリスク許容度を測ろう

【下町FP】資産運用には自分のリスク許容度を測ろう

 

「貯蓄を増やしたい」どなたにも夢や希望があります。目的は何でしょうか? そこに向けての目標は決まりましたか? それではそこに到達するための手段を考えましょう。

 

方法は2つです。日々の収入などから貯蓄をする方法と資産運用、つまり投資をする方法のふたつです。一番確実な方法は貯金です。毎日、毎月、毎年の積み重ねからのフローを貯金して積み上げる方法です。定期預金や積立預金、財形貯蓄などの商品もあります。これらは元本保証ですが、利息が付くということでは資産運用をしているのです、

 

一方、リスクのある資産運用とは何でしょうか? リスクとは危険という意味ではなく、収益(リターン)の振れ幅、つまり不確実性のことを指しますが、狙った収益がマイナスに振れてしまった場合、どれくらいまでならマイナスになっても許容して受け入れることができるか。この度合いのことを「リスク許容度」といいます。

 


期待した収益=リターンの最大値・最小値を並べてみて、大きなリスクをとれば、期待収益は高まります。しかし、その一方で損をする可能性も高まります。場合によっては期待以上の損益が出る可能性も出ることがあります。

 

このリスク許容度とは、「どれくらい元本がマイナスとなっても生活に支障が出ないか」「どこまでなら元本がマイナスとなっても気持ちが耐えられるか」というものなのです。あなたのお金の悩みを解決し、マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

今日のテーマは資産を運用すると時に知っておきたい「リスクとの付き合い方」「リスク許容度」の話です。下町FPメルマガは、お金にまつわるお得な情報やFP6領域(ライフプランニングと資金計画・保険リスク管理・金融資産運用・タックスプランニング・不動産・相続・事業承継)とファイナンシャル・プランニングを中心としたテーマでブログ形式でお届けをしています。

 

金融商品を組み合わせるポートフォリオ

資産運用をする時、ポートフォリオというものを組みます。ポートフォリオとは、金融商品の組み合わせのことです。特に資産形成をする時、具体的な運用商品の詳細な組み合わせをします。このことを指します。

 

ポートフォリオを組む」という言葉の意味は、どのような資産銘柄を購入しようか、株は、投資信託は、債券は、現預金は、不動産はのように、どんな銘柄で何をどの位持つのかなどの検討をするということです。

自身に最適と考えられるポートフォリオを選考する時に重要なことは、投資や資産運用においてどのような目標を持つのかを理解すると言っていいと思います。

これから運用を行う時、今までの運用成績や履歴はどうなのか? 自分にマッチしているものなのか? その運用成果がこれからどうなると予想されるのか? その方法で自分が考える目標を達成してけるのか? 組み合わせはどうしたらリスクヘッジできるのか? こうした目標や目途を持ち運用をすることが必要になります。


現在800万円の資金を10年後には1,200万円に増やしたい。 40歳の今から60歳までの20年間、老後の必要資金を計算して備えたい。毎月7万円の積立をして、20年後には運用益合計で2,000万円を作りたい。

リスクを取りつつ、ポートフォリオを組む。おおまかな投資計画を作り、それに基づき運用してみる。定期的に成績や資産配分を見直してリバランスを取る。リスクを取る運用とは、ほったらかしでなく定期的な見直しも必要になります。

 

ちなみに私たちの年金も株式や債券にて運用されています。GPIFという「年金積立金管理運用独立法人」が運用しています。これがGPIFのパートフォリオです。

 

 

どう思われましたか? 現在のGPIFは4資産に25%づつのポートフォリオでリスク配分を増やして投資されていることがお分かりになるでしょうか?

 

自分のリスク許容度を知ってみる

 

どうでしょうか? ポートフォリオを組んでを資産運用を行うことの重要性は理解していただけましたか。でも投資を始める前にやらなくてはならないことがあります。それは自分のリスク許容度を判定することです。

 

一方で、投資商品を選んだり必要な運用利回りを知るだけで運用計画は決められません。なぜなら、投資にはどうしてもリスクがつきものです。資産を拡大させたいとすれば定期預金出来増えない時代です。2~3%の利回りでも運用しようとすると、相応のリスクを取らなくてはならないと理解することが大事です。

 

リスクを取るとは、運用しているときに、必ず金融市場の混乱が起きて暴落や投資資産の減少があるということを覚悟するということなのです。資産運用はそういったときにやめてしまうのが最大損失となり、続けることが大事です。

 

つまり、許容できる投資資産の増減を図り、ご自身のリスク許容度に照らした運用を行うということが重要になるのです。では、どれぐらいのリスクとリターンが自分に合っているかを考えるための枠組みを考えてみましょう。

 

全国銀行協会とかいろいろとリスク許容診断がありますが、ここではモーニングスターの「リスク許容度診断」をご紹介したいと思います。

 

出典 モーニングスター リスク許容度診断より

リスク許容度診断

 

7つの質問での構成になっています。

1.投資期間

2.投資額の全金融資産比率

3.運用の知識

4.投資スタンスの確認

5.投資経験

6.喪失発生時の対応

7.期待する利回り

 

タイプには、安全重視型、安定成長型、バランス運用型、積極運用型などのように自分のタイプを分析をしてから、一歩踏み出してみるのがいいと思います。

 

タイプが分かった、リスクとの付き合い

リターンとリスクの関係についておさらいしましょう。多くの方が求めているのは、より大きなリターンやより大きな資産です。でも、リスクとリターンが強く結びついていており、ハイリスクはハイリターン、ローリスクはローリターンな投資対象しか存在しないのが市場です。

 

ですからリターンを求めるために、どの位のリスクを許容できるかとても大事なのです。先程説明しました「リスク許容度」が大きい方は、そのリスク許容度に合わせた大きなリスクをとり、我慢料・忍耐料としてより高いリターンが期待できる資産が持てます。

 

一方、リスク許容度が小さい方は、低いリターンで満足でき、より低いリスクの資産を保有することになります。つまり、資産運用を行うにあたって一番大切なのは、自分はどれだけリスクをとれるかという、「リスク許容度」を見極めることです。これは仕方のないことです。リスク許容は経験値で変化します。

 

投資の世界では、リスクとリターンは表裏一体の関係にあるのが当たり前です。もし、リスク許容度が低いにもかかわらず、投資意欲が一方的に高いケースは、ミスマッチであり、無謀以外の何ものでもありません。

 

その逆でしたら、本来投資で得られるリターンが得られない事態が発生してしまい、機会損失に陥る可能性があると考えられます。大事なのは双方のバランスなのです。あなたのリスク許容度は、どの辺りに位置するでしょうか。

リスク強度を図るメジゃーを別の観点から考えてみましょう。収入額や資産額、年齢、ライフイベント内容、投資経験などが計量的に測れるものになります。

 

株式や投資信託などのリスク商品に投資をすると、短期的には値下がりを経験することもあります。この局面を我慢して投資を続けることができるかどうかで、資産運用の成否は分かれるということです。リスク許容度は、値下がりを我慢できる金額や期間と言い換えてもいいかもしれません。


先程自分のタイプと定量的に測った双方のバランスを考えて、これらを総合的に判断したうえで、ポートフォリオを構築していくことが良いでしょう。総合的にご自身のリスク許容度を判定して投資に臨みましょう。

 

安定的な資産のポートフォリオはこれ

 

一般に投資対象となるのは、GPIFのポートフォリオにあった日本と外国の「株式」「債券」と「REIT(不動産投信)」そしてこれらを組み合わせた「投資信託」資産が基本となります。

 

リスク・リターンが高いのは「株式」と「REIT」で、外国資産は為替変動リスクもありより高いリスクになります。反対に、リスク・リターンが低いのは「債券」で最も低いのは「国内債券」です。その中間が「投資信託」でしょうか。


投資信託で言えば、高いリターンを目指したい人は、株式やREITなどを組み入れた投資信託を、リスクを低めにおさえたい人は債券中心の投資信託を、そのハイブリッドとして人気なのが複数資産を一定比率で組み合わせた「複合資産型(バランス型)」です。

 

リスク許容度と連動して気を付けなくてはならないのが、投資金額の大小です。欲を出すと、まとまった大きな金額を投資したくなりますが、投資金額は自分のリスク許容度を勘案して慎重に決めていきましょう。

 

最後に考えたいのが、投資タイミングです。投資の王道は、「長期運用」「つみたて」「分散」です。この投資タイミングでその後の損益が影響を受けてしまうのを避けるには、「時間分散」と「積立投資」が有効です。自分に合った「投資信託」を「積立投資」で「長期運用」で資産を育てるることが大事だといえるでしょう。        

大事なのは自分のリスク許容度と投資のバランス 

 

ポイント

 

・リスク許容度とは、どこまでのリスク(下げ幅)に耐えられるかという感覚だけではなく、様々な要素から測るものです。

 

・リスクの許容度は、運用経験を積んだり、金融知識を深めることなどによって、高めることができます。

 

・リターンだけを求める投資は、リスク許容度を超えた投資になってしまう傾向があります。

 

・成功する投資は、自分のリスク許容度内にリスクを抑え、その中で得られる最大のリターンを考えることです。

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。


継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで 

申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

****************************************************************

FP事務所トータルサポートからあなたへの支援

****************************************************************

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。

キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 

↓ クリックで拡大します。

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)

ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

***************************************************************************

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

    ***************************************************************************

    メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

     

     

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

     

     

     

     

     

     

    登録は メルマガを申し込む

     

    解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW