FPブログ FP事務所 トータルサポート 独立系非販売系の下町ファイナンシャルプランナーがFireと資産形成を支援

資産運用は何をどの位選べばよいのか【下町FPブログ】

 

 

ファイナンシャルプランナー.jp

 

 

お金は持っているだけでは増やすことは出来ません。でも逆に考えてみてください『持っているだけなら減ることもありません。なさそうです・・・』。でもインフレや為替変動で物価が上がれば、買えるものは減ってしまいます。実質目減りすることもあります。

 

ですから資産運用を自分がするのか、しないのかは、リスクを取るか取らないかの分かれ目にもなります。僕のコンサルでは、いつも『運用ありき』で話は進めません。まず運用の必要性の判断からスタートすることをしています。

 

では、せっかく時間を掛けて、コツコツと貯め込んだ大事なお金があるとします。減ってしまうのは勿体ない・・・。でも、投資をするのが当たり前だと思っていませんか?

 

実はすべての方が資産運用が必要な訳ではないのです。家計改善だけで大きな資産形成が可能な方や自分年金としての資産が充分確保できる方は必要がないかもしれないからです。

 

まず言えることとしては、『貯蓄力や貯蓄がないのに資産運用はしない事』です。資本が少ないのに資産を投資で増やそうとすると失敗するケースが多いからです。投資に資産もなく飛びつけば、高いリスクを取る結果となり、発生してしまった喪失に耐えられないからです。

 

考えてみてください。資金1000万円から80万円含み損になるのと資金150万円で80万円の含み損を抱えるのとでは、同じ含み損の金額でも精神的な余裕度が違うと思いませんか?。 万一、本当に失ったときもダメージも大きく異なり、1000万円貯められた方は、貯められたのだから運用継続すればよい、また貯めればよいと資金も気持ちも復活もしやすいのです。

 

 

でも80万円という資産の半分以上の損失を受けてしまうと、懲りて間違いなく市場から退場してしまいます。そうすると、資産形成のチャンスを失う結果となり、投資の機会損失にもつながってしまい、資産形成に投資というエンジンを使えない状態に陥ってしまいます。ですから、まずは貯蓄体質づくりと一定資金の確保が優先だと僕はいつも言うのです。

 

まず大事なのは、貯金はある日突然あなたの口座に落ちてくるものではなく、時間が掛かるのです。そのためには『どんぶり勘定の家計』からの脱出と計画的な貯蓄の筋肉体質とする継続体制の基礎固めが必要なのです。

 

逆を言えば、誰でも取り組み、時間を掛ければ身につき、目標を決めての貯蓄額に到達することが出来るのです。あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

せっかく貯蓄体質を作って、どんぶり家計から脱出して貯めて作った貯蓄資産です。しっかりとした運用先も検討したいですよね。

 

※今回は資産形成の準備の続き、シリーズでお伝えしています。

 

■前回までの講座

投資を始める前にやるべき事があった①

 

・投資を始める前にやるべき事があった②

 

・年代別資産形成は運用先チャート活用のすすめ

 

今回は、簡単に考えるみるポートフォリオについて考えてみましょう。下町FPメルマガは講座は、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

 

資産の分散配分が大事、ポートフォリオを考えてみる

 

話を進める前に”ポートフォリオって聞かれたことがあるでしょうか?

 

ポートフォリオとは、自分が保有している具体的な金融商品の割合と思っていただいて結構です。例えば株式や投資信託はどこの銘柄を何%持っているとか、国債や社債、債券ETFなどの債券を何%持っている、REITや現物不動産を何%持っているなど、簡単に言えば、資産運用の中身の細かい配分の事です。

 

この金融資産の組み合わせとか、配分の組み合わせを一覧化したものを指して「ポートフォリオ」と呼びます。ポートフォリオで、各個人の運用スタイルを読み取ることが出来ます。つまりお金の成る木の配分を作る事なのです。

 

 

例えばスマホのアプリで言えば、スマホを見るとアプリの内容や組み合わせで、その人の興味や関心や使い方を知ることが出来るのと同じ理屈です。これにより自分の金融資産の配分やパフォーマンスが決まり、資産形成の考え方やパフォーマンスにも影響が起こるのです。

 

あるいは、私たちの納付した年金はGPIFという、年金積立金管理運用独立行政法人が運用しています。預託された公的年金積立金の管理、運用をこの組織が行っており、株式や債券の組み合わせで運用を行っているのです。

 

年金積立金管理運用独立行政法人のポートフォリオはこんな感じです。すでに海外の株式も含めた比率をGPIFも拡大しており、海外運用の成否が私たちの年金原資に大きく影響が出ている状況なのです。

 

 

 

とりわけ、昨年の米国株式もコロナ禍の中で反発、最高値を続けており、実は私たちの年金運用は現金で持っているよりはるかに高いパフォーマンスを上げていて、運用の重要性を感じさせるひとつの事例だと思っています。

 

私たちもこのポートフォリオもこれを見習えば安定したパフォーマンスが得られるかと言えば、答えは”NO”です。個人によって年齢や資産状況、必要な期待利回りが異なるからです。少し古いデータですが、GPIFはこのポートフォリオで4%少し欠ける年間利回りを出しているとの報告がありました。

 

つまり、どの商品に運用投資するのかは個々人の事情によって異なります。それでは次にどんな運用があるのかを考えていきたいと思います。そして運用先はリスクやリターンから考えてみる事が大事で、僕のオリジナルリスクリターン表を使って考えてみたいと思います。

 

あなたの資産運用に合致したポートフォリオはこれ

 

これは、僕が監修した『最新版 お金の教科書』からの出典からです。これは、WEBでの資産運用シーンで個人面談の時に使用するために作ったものです。基本的には、長期運用を行うにあたっての資産の配分選考を相談する時に使っているものです。

 

この本の中味は、新たに作ったものは少なく、今まで使っているコンサルティングツールやこのブログ講座で使った講座記事を編集して制作されました。いわば、資産形成のマニュアルです。ここでは長期資産形成を目的にしたリスクと得られるリターンを簡単にポートフォリオ化しています。

 

こちらをご覧ください。 ↓

 

 

冒頭に申し上げました通り、まず資産運用を行うには、『貯蓄力と貯蓄がないのに資産運用はしない事』が前提です。一番下にある現預金は生活費の最低6ヶ月分や追加の予備資金を定期預金などに蓄える事が大事です。これを『お金のディフェンシブマネー』と位置づけ、これを維持したうえで資産運用を行おうという考え方です。

 

次に運用で低リスクなのは、債券運用です。円建てでしたら個人向け国債、リスクを多少取れる方は地方債や社債の類がターゲットになります。また、より高い利回りを追求したい方で為替リスクが取れる方は、外国債券が選択対象になります。

 

10年~20年の運用でしたら、外国債券です。現在出回っているものでは、現在米国債券のゼロクーポンで1.6%程度、三菱UFJで2.3%程度、シティバンクや米国ディズニーで3%前後の利回り社債債券を証券会社から購入することが出来ます。現地通貨ですが、満期時には約束されたお金が返ってくるでしょう。

 

ざっくり、1.6%利回りだとすれば、20年で×20として32%程度のリターンは確保できます。途中解約すると市場価格で思わぬ価格取引もありすが、満期までの保有でしたら元本毀損は起こりません。あとは為替が円高でマイナス要因、円安でプラス要因に働きますが、満期後の円に戻すときの状況次第でしょう。

 

このあたりまでが元本を確保した運用となるゾーンです。次により高いリターンを求める運用について考えてみてゆきたいと思います。主に運用先は、マーケットの成長を利用した運用となってきます。つまり価格の変動により強く影響されるという運用になります。

 

ハイリスクを回避なら国内REITや米国インデックスETF

 

 

市場での運用は、国内でしたら株式またはその投資信託上場ETFという選択肢、利回り重視ならREITという上場不動産投資信託になってきます。J-REITは、年2回の分配金が発生すると同時に4%前後の利回りが期待できます。

 

僕も日本のREITには投資していることを以前お伝えしましたが、年間で60万円近くの分配金を得ています。10年で600万円ですから累積分配で考えると継続的な年金運用のような資産形成もできる運用商品です。

 

一方、債券同様に為替リスクを取れる方は、外国株式や外国ETFが対象となります。特に米国投資が人気です。米国自体の成長性に対して投資する方が多く、個別株式よりはインデックスと言われるダウ平均やナスダック指数などのに対して同様の動きを目指すETFが本命です。

 

米国株式は、日本と違って株主への還元率が高い傾向があり、配当を増配し続けている会社も多く、利回りと同時に価格自体の値上がりも期待できるからです。外国税が掛かるなどのネガ要素もありますが、NISAでの非課税運用もできる、あるいは確定申告での外国税控除もできるので人気です。

 

インデックスの投資信託やETFは、単元株式とは違い様々な会社の株式などが詰め合わせになっているので、リスク自体が分散されています。市場の大きな暴落時には役立ちませんが、普段は個別リスクが分散された有効な投資商品です。

 

例えばナスダックでしたら、QQQインベスコトラストシリーズETFであるとか、ダウで毎月分配も欲しいならDIA SPDRダウ工業ETFなどがあります。それ以外にもVTI・VOOとかVYMと言った高い配当と価格成長が期待できるETFも多いのが特徴です。

 

高い配当を定期的に得たい方には、年4回分配のHDV iシェアーズ米国高配当株式ETFやSPYD SP500高配当株式ETFや定番人気のVYMなどとニーズに応じた選択肢はたくさんあり、年間4回や毎月分配などのバリエーションも選べます。僕も今申し上げたこれらの米国ETFには、実際に投資をしています。

 

コンサルでは、ポートフォリオの事例を作って説明したりしますが、改めて運用商品については次回以降の検討材料にしていく予定ですので、しばらくお待ちくださいね。

 

そして先進国よりより高いリスクリターンを求めるのなら、新興国投資になります。将来の市場の成長性に投資するスタイルで、価格の大きな変動がプラスに働けば大きなリターンも得られるでしょう。

 

大事なことは、今までのブログ講座でお伝えした自身のリスク耐性の判定、年齢の判断、投資経験の加減、目標資産へ時間的制約なども考えて、分散した運用を考えることです。つまり『たまごをひとつの籠に盛らない』ことです。落としたら全部割れてしまいます。

 

投資効果は集中のほうが優れています。ただし、ハイリスクだけは避けることをお勧めしています。先進国世界株式と米国株式を買っても、主力は米国ですから分散になりません。新興国中心では、投機的なポートフォリオになります。こういったリスクと資産の分散を上記の資産運用のポートフォリオで考えてみましょう。

 

その辺の話は下町FP監修本、『最新版 お金の教科書』をより分かりやすく説明していますのでお読みすることを損得なしに強くお勧めします。(3名のFPが監修した投資の本です)

 

アマゾン エイ出版 『最新版お金の教科書』ご紹介

『最新版 お金の教科書』

 

  

 

資産形成には一般に時間が掛かります。長期・積立て・分散が成功のキーワードにもなります。それと貯蓄残高の大小でも大きく異なったり、家族構成や家庭の事情も運用判断の重要ファクターになってきます。

 

これらをふまえた上で、どの運用先にどんな商品でご自分が運用するのかをポートフォリオの組み合わせと同様に考えてみる事をしてみてから資産運用を始めるのが、事故を起こしずらい安全運転だと思います。

皆さんも運用開始にあたり、自身の投資スタイルを検討してみて下さい。

 

 

お金のディフェンシブマネー構築後にリスクとリターンを考えた資産運用の配分を考えよう

 

今日のポイント

 

・貯蓄力と貯蓄がない状況での資産運用はしない。ディフェンシブマネーを先行させる。

 

・資産形成の手段として、投資を選択したらリスクとリターンを考えて投資。ポートフォリオを考えよう。

 

・退職金なら債券運用、資産形成なら世界インデックスや米国投資、年金ならREITとウエイト付けを検討。

 

・ご自身のタイプと目標目的に合致した『自分だけの資産配分』を作り運用、定期的に見直そう。

 

 

最後にランキングのチェックを ⇒ にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

 

 

 

まずはFPに聞いてみたいという方はここから (クリックで画面移動します)

 

よく具体的な相談に特化して聞いてみたい方 特におすすめ (好評です!!)

 

個別に顔を見て資料なども含めたWEB面談をしたいという方に最適。

全国どこからでもリモート可能です。(最も指名が多く人気です

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  

申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

・あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

 

・あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

 

・あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

 

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

 

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)

ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。 記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

 

 

 

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

 

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

     

     

          

     

     

    メルマガ会員発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。更新時には、ダイジェストメールが届くので購読も便利です。

     

    登録者には

    無料の4つの特典を進呈中

     

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

    登録はここをクリック

          

     

     

     

    登録は メルマガを申し込む

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会員解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW