FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 家計改善 > 【下町FP】つまらないが負けにくいインデックス投資

【下町FP】つまらないが負けにくいインデックス投資

 

 

最近の新型コロナ世界拡大に伴う株式市場下落や僕の関連記事の反響で資産運用に対する問い合わせが増えています。

 

関連記事 VIX指数が大変動開始中

               不労所得のチャンス到来

 

 

資産運用の手段はいろいろあります。短期決戦・長期保有・キャビタルゲイン・インカムゲインと投資される方の事情や持っている時間等が深く関わってきます。あるいは商品と言っても大きく分けても多岐にわたり、株式投資・債券投資・投資信託・金投資・外貨投資・保険活用。不動産投資・FX(外国為替取引)・ソーシャルレンディング・仮想通貨・・等代表的なものだけでもたくさんあります。

 

何のために投資をしているのでしょうか?、またどの位の期間でどの位の目標額を考えているかということと同時に、それを成すために自分の資金はどの位で、許容できるリスクはどの程度なのか、という事を総合的に考えて投資対象を考える事が重要になります。

 

例えば独身20代が行う投資と、結婚して子供がいる50代でも投資の進め方が違ってきます。投資の初心者と経験者、ベテランでも運用手法自体が違うということは容易に理解できるのではないでしょうか?

 

過去記事 世代別投資について

30代の所得と貯蓄からの資産形成

40代の所得と貯蓄からの資産形成

50代所得と貯蓄からの資産形成

60代所得と貯蓄からの資産形成

 

投資というものは全ての方にとってこれがお勧めです!というものではなく、それぞれの投資目的とリスク許容度があった上で最適な投資商品を選定するのが良策と言えるのです。

 

そうは言っても、これだけ運用商品があるとどうしたらいいのか?と悩まれる方が多いのも事実です。もちろん下町FPは、特定の商品を販売する事はありませんが、事情を考慮した上での提案を行う事はもちろんしています。

 

そんな中で、比較的王道といえる投資があります。インデックス投資です。インデックス投資の代表としてETF投資があります。ETFは、投資信託その一つですが、株などと同様に上場されており、証券取引所を通じいつでも売買可能となっているものです。

 

 

投資信託の運用には、インデックス運用とアクティブ運用の2種類があります。インデックス運用とは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数に連動することを目指して運用する手法です。一方、アクティブ運用とは、ファンドマネージャーが自らの相場観や運用方針などにもとづいて投資する銘柄を決定しながら、あらかじめ定められたベンチマーク(日経平均株価などの指数)を上回ることを目指して運用する手法です。

 

アクティブ運用はファンドごとに独自の運用方針があり、どのくらいのリスクを取るのか、運用自体はファンドマネージャーの能力にも関わってきます。どんな銘柄を選定するのかは、運用担当者によって大きく異なります。投資初心者がアクティブ運用のファンドを選ぶのは難しいと考えられます。

 

それから注意すべき点があります。アクティブ運用はコストが高いのが欠点です。ファンドマネージャーが銘柄を調査・選定する手間がかかるので、保有しているだけでコスト(信託報酬)も高い傾向になります。

 

資産運用の第一歩、初心者の方は、日経平均株価などの指数に連動するETFが値動きがわかりやすく、銘柄選択も不要になりますので安全運転の第一歩として勧められるでしょう。保有コストである信託報酬も安いインデックスファンドから運用をはじめるようにしましょう。

 

インデックスに連動するETFなどを購入すれば、個別銘柄に詳しくなくても投資を簡単に行うことができ、リスク分散も可能です。でもこの投資手法は投資と言う観点から見ると欠点も多い投資だという事、とても退屈な投資だという事を理解しておかなくてはいけないと思います。

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。今日のテーマはインデックス投資です。下町FPライトメルマガは、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

 

インデックスはつまらない投資

 

インデックス投資は、毎月決まった金額のインデックスを買い続けることになります。一番ポピュラーなものとしては日経225とかTOPIXへのインデックス投資となります。

 

インデックス投資は、経験不足の方でも市場の予測不能な事態対応や運用判断を投資家に代わって提供してくれます。その上、最低限の運用コストで市場のリターンを得るという道を一般に開放しました。ある意味では、買うまでが投資のポイントとなり、買ったらそのままでいいという「退屈な投資」方法なのです。

 

 

ですから投資をしている実感がないほど「面白みのない・・つまらない」退屈な投資です。株式のようなハラハラドキドキ感はありません。やることは決まっています。毎月単調に積立て買い増しをしていくだけなのです。ただし、長期的に見るとファンドマネージャーンが付いて運用しているアクティブファンドよりも高パフォーマンスを出すことも珍しくないのがインデックス投資なのです。

 

ただし、このインデックス投資にはデメリットも多くあります。まずは時間が掛かる事です。短期的に資産が5倍や10倍になることはまずありません。つまり、インデックス投資はコツコツ投資ですので、単調でつまらないのです。

 

そして、インデックス投資は毎月の入金力がある程度高くないとパフォーマンスが出にくいのです。それは、運用の基本が積立投資となり、毎月数万円程度の定額の入金が基本となります。毎月の入金額が低いと、資産が増える事がむずかしく、目に見えて資産が増えることはありません。例えば、毎月5万円を投資しても、1年間続けてやっと60万円の投資ができたことになります。

 

運用利回りを5%だとすると、その60万円では増えても3.0万円程度にしかなりません。運用資金が大きくなるまでは損益も単調になりがちなのです。一方、逆に毎月20万円の投資ができれば、1年間で240万円になります。同じ年利5%で増えた場合、12万円増やすことができるのです。

 

 

インデックス投資のデメリット

 

話の冒頭書いた通り、インデックス投資は長期的には有効な投資スタイルなのですが、退屈と言う欠点が付いて回ります。それと運用自体が指数への投資ですので銘柄や目利きの必要がありません。つまり、インデックス投資は投資経験にならないと言えます。

 

本来の投資といえば、市場のトレンドや世の中のニュースなどを見ながら、方向性を考えて恐る恐る投資を繰り返す事が普通です。その中で、判断ミスや成功体験を重ねて経験値を高めて「投資力」を上げていく事ができます。

 

インデックス投資の基本戦略は、バイ・アンド・ホールドとなります。しかし、株価を見て売買するよりも、バイ・アンド・ホールドのほうが絶対リターンではいい場合が多いのです。投資のリターンは、分散して買い増しつつ、運用期間の長さで決まることが多いだけで、投資の経験が高まらないと言われています。

 

 

決まった日に、定期的に一定額のインデックスを購入するだけでは、投資の経験値が上がらないでしょう。チャート分析すらしなくても投資が出来るということなのです。これが最大のデメリットでしょう。

 

それ以外にもいくつかインデックス投資のデメリットがあります。例えば数百万円も株式を運用していれば半年に一回配当金と株主優待が貰えたりしますが、インデックス投資にはありません。保有する事での楽しみのひとつの株主優待には自社製品やお米、宿泊券や商品券と株主還元の制度がありますが何もない為、銘柄を保有する感覚もないのです。

 

また、インデックス投資は値動きが指数連動の為、株式より激しくない投資となります。市場の急変などで一度マイナスになってしまうと、数年間は、投資した元本のマイナス傾向が継続してしまいます。何年も下落相場が続いていると、積立投資はドルコスト平均法で購入している状態下では、買い付け単価は下がりますが、マイナス評価金額は拡大し続けてしまいます

 

 

市況が好転してからドルコスト平均法で購入していけば、利益になる可能性もありますが、投資額のマイナスが長く続いてしまいます。インデックス投資のマイナスは苦しいものです。この状態が続いてしまうのがインデックス投資のデメリットなのです

 

 

それでもやっぱりインデックス?

 

いろいろ書きましたが、インデックス投資はデメリットを圧倒的に上回る結果を出しているというデータがあります。個別投資は自分で銘柄を選んで投資をするアクティブ運用が基本ですから、うまく行くととてつもないパフォーマンスを発揮します。それでもインデックス投資が平均とするとアクティブ投資を上回っているという結果があるからです。

 

つまらない投資ですが、それでも個人投資家はインデックス投資をした方が勝率が高いのです。インデックス投資は平均的な利回りを確保する投資手法です。この投資の基本スタンスは、長期・積立運用です。そんな時、お役に立てそうな資産運用の投資がインデックス投資だと言えます。いつでも投資は始められますが、開始するに適したポイントがあると言われています。

 

それは、「お金ががかからない」時期です。そんな時期ってあるの? と思われる方もいらっしゃるでしょうが、それでも通常の負荷が少し楽になる時期が人生にはあります。それと同時に、ある程度の収入が確保できる時期がその投資時期なのです。

 

人生の貯蓄チャンスは最低3回あります。1回目は、子どものいない結婚直後です。物入りではありますが、共働きの開始は最強です。次に2回目は子ともが小学校に入学する前です。各種教育支援を活用しつつ、貯蓄習慣を作れる時期です。それ以降、学校が本格化すると教育費に力が削がれてしまい、なかなか手が回りません。最後の3回目のチャンスは、子どもが学校を卒業した、あるいは独立した時から、定年を迎えるまでの間です。この時期は資金的余裕も大きい時期です。

 

資産形成には取れるべき時期とタイミングがあります。各々何を優先されるのかは違いますが、自身の到来チャンスを何回過ぎてしまっているのかを振り返ってみて下さい。スタートは、自動積立や財形貯蓄からでも結構です。少し資産が成長してきたら証券口座に口座を開設してみましょう。自動的にお金が貯まる仕組みから成長する過程に入り、資産が育っていくでしょう。

 

今日は、つまらない投資「インデックス投資」について考えてみました。僕は自身のライフプラン作成を貯蓄、投資開始前に作成する事をお勧めしています。継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金の推移と過不足や必要性の認識が高まり、実現性が確実に増します。

 

ライフプランの問合わせはFPトータルサポートへ  申し込み・問い合わせ

 

退屈で欠点も多いが、だけど負けにくい投資がインデックス投資なのです

イント

 

果実を得る為の投資としては、素人個人投資家の味方はインデックス投資です。

 

 

長期的な資産形成を行っていくのであれば、インデックス投資がおすすめです。

 

・素人投資家でも平均利回りを確保できるのがインデックス投資の最大の魅力です。

 

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

FP事務所トータルサポート個人情報保護方針に同意します

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW