FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > マネーストレスフリー > 【下町FP】人生100年時代の正体はこれだった

【下町FP】人生100年時代の正体はこれだった

 

今、10歳のお子さんの半分くらいが、100歳まで長生きすると聞いて、まさかと思いませんか。でも日本政府は、現実になると想定して動いています。日本は、長寿化が加速していると長年言われていますが、周りでの実感はそこまでありません。ただし、昔の60代や70代のイメージと今のアクティブシニアのイメージとは相当違う感じがしているのは実感として感じます。

 

厚生労働省の調べによると、日本人の平均寿命は2018年調査では、男性が81.25歳、女性が87.32歳と男性は7年連続、女性が6年連続平均寿命の過去最高を更新しているそうです。このペースで平均寿命が伸び続けると、100歳を超えるまで生きるのもそんなに珍しいことではなくなりそうです。

 

昔は長生きすること自体はポジティブな印象でしたが、逆の見方をするとを老後が長くなるということになります。そうなってくると、いろいろと不安なことも出てきます。健康寿命は、病気治療、通院介護、老人ホームや入院生活と身体や健康の心配もいろいろと起こってきます。

お金の心配や年金の持続の懸念も出てくる中、ライフスタイルを見直して長い老後を生き抜くことが求められてくるわけです。昔は、人生50年、次は定年55歳、今は定年60歳、そして再雇用や雇用延長の中で、年金受給資格が取れる65歳までは食いつながないとどうにもならない状況であり、場合によっては65~70歳過ぎまでの新たな働きスタイルをも考えないとならない時代になりました。

 

日本FP協会も「人生100年時代」へのお金の戦略を提唱している中、これからの世の中はどう変わるのか、そして、私たちはどう生活や働き方を変えていかなくてはならないのかについて考えていきたいと思います。

 

先程言いました、政府が引用しているイギリスの組織論学者のリンダ・グラットン教授の著書『LIFE SHIFT』では、研究において「2007年の日本で生まれた子供は、107歳まで生きる確率が50%もある」との驚くべき内容が述べられています。その著書の中では人生の3つのステージについて書かれており、

  1. 25歳前後のステージ
    教育を受ける期間
  2. 25歳から60歳のステージを
    仕事をする期間
  3. 60歳以降のステージ
    定年引退して余生を過ごす期間

とされており、まさしくこの3つ目のステージをどう過ごすかは、前の二つのステージが大きな影響力を及ぼすのです。

 

健康寿命をどう確保するのか? 超長寿社会の中で活力をどのように持ち生き抜くのか、未知の問題に取組まなくてはならないのです。どうこの問題に取り組めば良いのでしょうか?。あなたのお金の心配を解消して、マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

100歳まで生きるのは、ごく一部の方だけと考えていた時代の認識が変わりつつあります。これは別に誇張などではなく、近未来の話です。日本人の平均寿命は、今や世界最高水準に達しており、更新中なのですから。

 

そして、将来の平均寿命はもっと伸びという試算から、この長い期間をどう能動的に取り組むのかが求められています。下町FPメルマガ講座は、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

政府の『人生100年時代構想』から課題の整理

官邸主導で安倍首相議長の『人生100年時代構想会議』が複数回開催され、平成29年に中間報告が出されました。

官邸資料

人生100年時代構想会議

 

この中では老後の生活という近視眼的なものではなく、核となるものとして”ひとづくり”に着眼点を置いており、結果的には幼児教育・高等教育の無償化・待機児童解消・介護人材の処遇改善・安定財源と財政健全化などが討議されました。

 

前提は先程の107歳まで半数が生きる時代に触れて、高齢から若者までどう活躍の場を作るのかがテーマになっています。

(以下報告書より)

  • 100年という長い期間をより充実したものにするためには、幼児教育から小・中・高等学校教育、大学教育、更には社会人の学び直しに至るまで、生涯にわたる学習が重要。

 

  • 高齢者から若者まで、全ての国民に活躍の場があり、全ての人が元気に活躍し続けられる社会、安心して暮らすことのできる社会をつくることが重要な課題となっています。

 

この文面を見て、どう感じましたでしょうか? 私たちはつい人生100年時代を寿命の話と考えがちなのですが、実はそうでなく生き方の問題であると気付くはずです。つまり、政府のキーワード『一億総活躍社会の実現』が進められているのです。

つまり、

(報告書より)

  • 子供たちの誰もが経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会
  • いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会

こうした社会づくりに今、政府は取り組んでいるのです。

 

「人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行う」(首相官邸ホームページより)ために設置されたプロジェクトです。私たちが思っている100歳時代になったら老後どうしよう?とは大分ニュアンスが違うのはお分かりいただけたと思います。

 

人生100歳時代のお金備えの考え方を解説

 

リタイア後を老後とすると、統計的には働いていない老夫婦の赤字は「月5万円」とデータではされています。65~100歳まで、この赤字が継続すれば、35年間となり、単純計算すれば5万円×12月×35年=2,100万円が不足します。僅か月5万円、1日1,600円ちょっとが、ボディブローのように効いてきます。


しかしこれは統計上の話に過ぎません。自身の老後資金は〇〇〇〇万円不足問題」を考えなくてはいけません。

過去記事より

あなたの年金不足 〇〇〇〇万円問題はいくらか

 

記事の文言だけを切り出して、騒いでも意味がありません。不安要素を知り、取り除く対策こそがファイナンシャルプランニングです。将来の不足分を補うための資産を今から作り、人生100年時代に備えていく事が求められているのです。

 

老後資金は、間違いなくスタートが早いほど有効です。特効薬はなく、コツコツと毎月積立てていくしかありません。例えば毎月30歳から2万円、ボーナス5万円を2回の年額34万円だとしても、60歳までの30年間でも1千万円は無金利でも貯蓄形成できるのです。退職金があればさらに良しですし、貯蓄がさらにあれば安泰かもしれません。もちろん効率よく増やすためには、資産運用が有利なのは言うまでもありません。

 

 

人生100年時代の突入の備えとしては、年金+じぶん年金やや資産運用といった「お金の悩み」解消の行動が考えられます、これは、避けられない準備であり、長い定年後に備えて、準備や生活スタイルを変えていく必要があるかも知れません。

 

少し前までは、老後の目安として80歳プラスαが対応できれば良かったのですが、80年時代から100年時代へと移行しつつあるのです。長寿になれば当然、老後の過ごし方や必要資金も以前とは異なってきます。冒頭説明しました2007年の日本で生まれた子供は、107歳まで生きる確率が50%もあるという話は現実に近づいているのです。

 

老後の生活は『備えあれば憂いなし』

 

人生100歳時代は、急に訪れる訳ではありません。将来をイメージする、予測することから備えは見えてきます。もうすでに起こっていますが、これからは長年勤めての退職金や公的年金は給付水準が下がり受取金額は減少する傾向は避けられないでしょう。一方、逆に老後期間は徐々に長くなり、そのための老後資金を確保する必要がが出てきます。

 

老後リスクに対処するためには、自分の老後収支を知ることがスタートになります。想定される公的年金・退職金と貯蓄金額から老後の生活費(30~40年分)と予備費(医療・介護・自宅修繕等)の支出予定額を引いて、結果がマイナスならその分を老後資金準備金で捻出する必要があります。

 

老後資金の不足形成は、貯蓄の強化と資産運用がポイントになります。個人型確定拠出年金『iDeCo』や20年間掛けて資産形成を図る『つみたてNISA』は資産形成の不足額を作る手段として活用できる手法です。ネット証券での口座開設や商品選びは工夫が必要ですが、税制優遇をフル活用したり、節税したりして効率の良い資産形成に取り組みましょう。

 

老後資金の不足対策は、資産形成だけではありません。投資資産運用が難しいと考える方も、別の視点からの取り組みで有効な対策ができます。貯蓄や資産を増やすだけではなく、別対策も検討してみましょう。

 

【誰でもできる対策】

■収入自体を増やす
副業を始める、つまり別のお財布を持つ事も強みになります、それができなくても、できるだけ長く働くこともとても有効な対策になります。少しでも収入があれば、老後に貯蓄を取り崩すスピードが遅くなります。また、働くことで公的年金の受給を一年でも遅らせれば、1年繰り下げで、8.4%増加し、70歳繰り下げなら1.48倍に年金が増加します。

■生活支出を減らす
生活レベルをいきなり老後に落とすのは大変です。多くの方は、ここで失敗します。高所得の家庭でも公的年金はそれなりなので、なおさら大変なのです。現役時代から家計の収支を理解して、出費を減らしたり、上手くやりくりをする習慣を身に付けておきましょう。ケチケチでなく、うまく楽しく生活することがポイントです。

 

「人生100年時代」を安心して過ごすためには、できるだけ早く将来の見通しを立てて、行動を起こすことが大事になります。今、不安を抱いている方は、まずは「老後リスク」の見える化から始めてみませんか。

 

ライフプラン作成や100歳老後資金計算に基づく行動は早いうちがBEST!!

 

ポイント

 

・まさかの『人生100年時代』は、急に訪れる訳でなく、身の回りからジワジワと迫ってきます。

 

・老後対策はライフプランや老後資金必要額計算からスタート。様々な手段がある。

 

・貯蓄と資産運用、労働延長や節約体質、年金繰り下げとコンビネーションで考えよう。

 

・FP的には老後の年金・運用・支出との相関改善だが、政府は生き方改革も目指している。

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから
実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから
申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)
ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録者には
無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録はここをクリック

 

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW