FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 資産形成(投資) > 【下町FP】ドルコスト平均法は万能ではない

【下町FP】ドルコスト平均法は万能ではない

 

あなたのお金の悩みを解決し、マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

今日のテーマは投資の方法についてです。よく金融機関の営業マンやセミナーでは資産運用での話でドルコスト平均法の話が良く出ます。

みなさん誤解しています。この投資法は魔法の投資法でも何でもありません。

 

 

僕もブログなどで時間を味方にしてじっくり投資とは言いますが、この投資法は万能でなく、欠点だらけの投資法です。

それを知るのと知らないのとでは資産運用や投資成果に大きく差が出てくるかもしれません。

 

 

基本のFPテキストで学ぶドルコスト平均法

 

AFPのテキストよりイメージ抜粋:ドルコスト平均法

 

テキストより抜粋


ドルコスト平均法とは、金融商品の価格変動リスクを軽減するために、投資時期を分散して、毎回同じ金額分を買い付ける方法である。

 

※手数料等は考慮しないものとする。

 

 

解説

<例>ドルコスト平均法による株式取得


1回あたり2万円の投資金額でA社株式を4回に分けて買い付けた。

各回で取得した株数は、「投資金額2万円÷株価」で求められる。

 

この場合、計8万円で32 株を取得したことになるため、平均取得単価は2,500円(=80,000 円÷32 株)となる。
毎回同じ株数を買い付けた場合の平均取得単価は、4回分の株価の単純平均である

 

2,875 円(=(2,000 円+2,000 円+5,000 円+2,500 円)÷4)

 

あり、ドルコスト平均法の方が、相対的に低い価格で取得できたこととなる。

 

 

これがテキストベースの解説です。

投資信託などの購入に対してほとんどのFPがこのテキストベースの話をステレオタイプの話として記事で説明しています。

 

 

************************************************************

 

では少しこの辺を深堀りしてみましょう

 

ドルコスト平均法は、自分で購入をする投資信託・外貨預金・金地金・FXなどの積立投資の時にメリットがよく語られています。少額の投資から勧誘しやすいメリットが金融機関にもあるんです。そして、積立投資は顧客が一度納得すれば、継続的、自動的に一定間隔で金融商品を購入し続けてくれます。

 

したがって、納得さえしてもらえれば、売り手がから見ても極めて効率がいい手法なのです。

 

 

もし、ドルコスト平均法がリスクの低減効果があると考えてるとして、本来リスクの高い金融商品をあなたは購入してくれるかもしれません。そして、信託手数料の高い商品はリスクが高い商品の傾向もあり、なんとなくドルコスト平均法なら大丈夫と危険な考え方を持つ方も出てきています。

 

 

 

このドルコスト平均法の最大の特徴は、「定額購入」であると言えます。価格が高かろうが安かろうが関係なく、機械的に一定の金額で購入を続けるという方法です。販売側からすると、一回購入の方式を決めてしまえば、自動積立買い付けなので毎回購入、毎回手数料が入ってきます。

 

 

しかし、「市場の行く先は市場に聞け!」と言われています。高くなるのか、安くなるのか誰も分かりません。本来ならば高い時は買わないほうがいいとか、安いから買ったほうがいいとかを、定額購入による自動的買い付けで価格も自動調整します。よって、購入が継続されがちな、やめられない投資方法となります。

 

 

この方法は、長期の資産形成に適していると言われるが、本当に有利な投資方法なのでしょうか。

ドルコスト平均法は投資初心者向きの手法と言われます。高値の時も低値の時も黙って一定金額を購入してゆくからです。

 

 

ただし、この手法が適さない状況を知った上で取り組まないと、思わぬ損失を抱える事にもなるかもしれません。

 

 

下落時の気休め的な投資手法

 

 

ドルコスト平均法に対して対局の投資法として、一括購入による投資があります。たとえば、120万円を投資するのに、一度に120万円投資するか毎月10万円ずつ同じタイミングでコツコツ投資する方法とがあります。この方法では、最終的な支出する合計額は同じですが、購入に掛かる時間が異なるだけです。

 

下落相場 ドルコスト平均法の場合

 

 

 

ただし、同一商品へのリスクとリターンは、同じ投資対象に投資しているのですから、実はリスクは同じという事になります。どんな買い方をしても、同じ対象を買っている限り、有利不利はないという事が言えます。

 

下落相場での一括購入のケース

下落相場では、一括購入は損失が大きくなります。

 

 

 

このふたつで重要なのは、 ”時” の違いです。時とは期間の長さだけでなく、ポイント=時点の違いです。

投資商品が残念ながら下げ相場であるとしたら、一括投資は不利です。平均投資額が少なくなるドルコスト平均法に軍配が上がるのは当然です。

 

 

ただし、ドルコスト平均法を使っても、下がり続ける投資信託や株で儲けを出すことは出来ないという点を理解せず、この方法ならば誰でも儲けられるという印象を持っている方は考えを変えて下さいね。

 

 

逆に、全体が上げ相場なら、ドルコスト平均法は著しく不利になる。つまり”時”の違いであるトレンドを読んで入らないと狙った収益は出にくいという事です。

 

上げ相場でのドルコスト平均法

 

 

 

 

商品自体に元々何らかのリスクが内在している場合、その商品の選定自体に問題があれば、いくらドルコスト平均法をやっても、買ってしまった商品のリスクは小さくはなりません。購入商品の選定はドルコスト平均法ではとても重要なんです。

 

上げ相場での一括購入は高い収益となる。

 

 

 

本来の投資による資産形成の極意は「安い時に買って、高い時に売る」ことですが、ドルコスト平均法は違います。ドルコスト平均法は、長い目で見て利益が出る可能性を追求するよう設計されているため、短期売買で利益を得たい人には向かない手法です。

 

 

ドルコスト平均法は儲けるための手法ではないのです。リスクを回避する側面が強い手法です。その筈なのに、セールスの現場では投資の必勝法のように扱われており、ここでその勘違いを読者の皆さんと訂正共有したいと思います

 

 

ドルコスト平均法は、気休め的な手法で、決して有利な投資方法ではないと説明しました。”時”を替えるだけの投資方法であり、平均買いコストに目が行くものの、投資対象が値下がりした時の”気休め”程度を提供している程度と理解するのが良いのではないでしょうか。

 

決して有利に儲けるための投資手法なんかではない事を、知っておいてくださいね。

 

 

ドルコスト平均法のデメリット

 

ドルコスト平均法による積立投資は、決められた一定のルールの中で投資しやすいという長所があります。これは、実行しやすいルールだというだけで、既に投資した投資対象のリスクが低下するというような投資上の有利をもたらすものではない事は先程説明した通です。

 

 

この方法をあたかも投資手法の黄金法則みたいに説明するFPやセールス・セミナーが多い事に違和感を抱きます。

本当に投資経験があれば、この手法は何か違うと感じるはずです。

 

 

購入価格の平均化による気休め手法を提供しているドルコスト平均法ですが、ふたつの弊害もある事を知っておいてください。

 

  1. 投資タイミングを逃す機会損失が発生します
  2. 複数回数購入による支払い手数料増加が起こります

 

 

機会損失が発生する

ドルコスト平均法による投資は、十分な運用資金がある場合に、機会損失につながることがあります。特に上げ相場です。投資資金があるのに寝かせておいて、毎月一定金額を長期投資するのは、購入価格が平均化するだけです。購入したいと考える価格とは無縁の取引方法になります。

 

最適だと思われる価格への投資に乗り遅れることに積立投資は繋がってしまいます。ドルコスト平均法は、その投資タイミングを失してしまいます。よって、このタイミング喪失は機会損失として理解すべきです。

 

その自身のベストプライスと考えた時期に投資できない事もありますが、逆に予想と違い価格が大幅に下落することもあり得ますが、これは結果論であって正しいドルコスト平均法の評価ではないのです。

 

 

支払い手数料が増加する 

二つ目の弊害は、手数料が増加する事です。

積立投資は売買回数を増やして、1回当たりの金額を小口化・平均化することを目指しています。したがって支払う手数料は毎回増えることになります。購入手数料が掛からないノーロード投資信託を積立投資する場合は手数料は掛かりませんが、手数料が発生する対象の場合にはコストが増加します。

 

 

なんとなく有利な投資法のように伝わっていた手法ですが、そうでないのはお分かりいただけましたか

 

 

 

ドルコスト平均法は儲けを出す黄金の投資法ではない。

 

 

資産運用の三大原則は分散、長期、複利です。いずれも、投資のリスクを減らすための手法ですが、基本を学ばない人は、ほとんどがこの逆をやってしまいます。

 

☞ポイント

 

  • ドルコスト平均法は投資の「時間分散」となり、合理的でな投資方法ではありません。
  • 高値買いを避けられる平均化だけの気休め的な手法です。
  • 機会損失や手数料の弊害も知った上で投資に臨む事が大事です。

 

 

ドルコスト平均法は、高値一括では、全額を買いません。失敗してもルールが悪かったと諦めが付く気休め効果はあります。投資セミナーやマネー雑誌などでは、特異な実例を使って最終収益を作ってドルコスト平均法は儲かり有利だ、リスクが少ない的な事を言っていますが、そうではない事は覚えておいてください。

 

資産運用を始める時、大きな失敗をする前にFPに相談してみませんか。

 

商品や投資方法もそうですが、まずはライフプランによるキャッシュフロー表を作ることが、人生のお金の目標設定(マネープラン)が資産形成に役立つはずです。

 

 

********************************************************

FP事務所 トータルサポートのあなたへの支援

****************************************************:***

 

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

■無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

 

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

 

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW