FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 万一の保険 > 【下町FP】故人の死亡届と銀行の口座凍結の関係

【下町FP】故人の死亡届と銀行の口座凍結の関係

親が亡くなると、いきなり親名義の銀行やゆうちょ銀行、信用金庫等の口座が凍結され、それ以降お金の引出や入金ができなくなるというのはよく聞く話です。

 

これは本当なのですが、問題はそれがいつ凍結されるのかをご存じですか。凍結のタイミングは、原則として親族が銀行などの窓口や電話で直接その旨の連絡をした時点で開始されるのです。

 

金融機関は、その連絡をした親族に対して、死亡した本人との関係性を尋ね、そこで得た情報を本店の相続担当部門に伝達した後に口座が凍結されるのが一般的な流れのようです。

 

 

誤解があるのは、死亡届を市区町村の役所に提出した時点で自動的に口座が凍結されると考えている方が多いことです。そうでははありません。あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

下町FPメルマガ講座は、FP視点からの簡単なワンポイントから、情報を整理したお金のお得情報をお届け、発信を定期的にしています。

 

 

銀行口座凍結のタイミングと必要性は

 

自動的に死亡届で凍結されないと分かった口座凍結ですが、相続発生の申し出のタイミングはいつが良いのでしょうか?。故人の口座から決済される債権・債務の種類など皆さん事情が異なりますが、おおむね相続発生後2~3週間から~2か月以内の連絡が一般的なようです。

 

なぜ、すぐに連絡しないのでしょうか?。いくつかの理由が考えられます。まず当然ですが、死亡後においてもお金の支払いや受取りがあり、まだお金が動いているからです。

 

例えば、口座振替となっている水道光熱費や保険料の未精算分、あるいはクレジットカードの決済代金。介護保険料・健康保険料などの口座に振込まれる公的年金や個人年金の未精算分などがあるからです。

 

 

金融機関連絡の前には、この支払い・受取りに関わるクレジット会社、保険会社、年金機構等の関係先に相続発生の連絡も行う必要があるのです。ただし、自動手続きとなるものもあります。

 

それは、役所に死亡届を出し受理されると、役所では介護保険や後期高齢者医療制度については、連動して精算手続きが行われます。連動しての清算処理とは申し上げましたが、喪失届の提出と被相続人の保険証の返却はしなくてはなりません。

 

様々な手続きをこれから行う時、亡くなった方の戸籍謄本(出生からの戸籍)申請や取得に対しては、時間を要する場合があり、それらの書類が入手できるタイミングとしても約2~3週間の最低期間が必要なのです。

 

口座凍結は何のために行われるのかと言えば、相続におけるトラブル防止のためだと言えます。連絡しなければ、凍結されないので知らせず、しばらく口座を使いたいと思う気持ちありますが、それは相続トラブルの防止を考えて、手続き終了後にはすぐ着手しましょう。

 

 

考えてみてください、故人の口座から自由に引き出し使えてしまうと、別の相続人から「勝手に使い込んでいる」、「預金を使い込んでごまかしている」などと、分割協議の時の後々の大変なトラブルになりかねないからです。

 

本人が死亡したら、各種支払い手続きや連絡を済ませて、出来る限り早く金融機関に連絡して、逆に誰もお金が動かせないように凍結してもらいましょう。相続トラブルの原因になりますから、早いタイミングで良いかと思います。

 

口座凍結でも銀行から引きだせる制度がある

 

冒頭申し上げましたが、銀行は、口座名義人の死亡を知ったときに口座を凍結します。死亡届とは連動していません。ですから役所に届け出を出した後でも、故人のキャッシュカードでATMからお金を下ろすことができてしまいます。


金融機関に相続人が連絡申告をしなければ、基本的に銀行は名義人の死亡を知ることはありません。口座は凍結されないままですが、先程の理由から早めに連絡はしましょう。

 

 

では、口座が凍結されてしまった場合、葬儀費用すら引き出せなくなるのでしょうか?。この部分は2019年にやっと法改正があり、相続人の判断で故人の銀行口座からお金が引き出せるようになりました。条件は法定相続分の1/3とか最高1金融機関150万円までとかの制約がありますが、喜ばしいことですね。

 

これは「預貯金の仮払い制度」と言われており、事前の手続きが必要です。この改正で亡くなった親の口座からお金を引き出すせるようにもなり、葬儀のお金や様々な支払いにも対応できると安心された方も多かったようです。

 

では、何でも個人の口座から口座が凍結される前なら引き下ろしてよいのでしょうか?。そういった行為が親族のトラブルや相続人同士の不信感を生んでしまいます。確かに、キャッシュカードと暗証番号されあれば預貯金の引出が可能となりますが、慎むべきであり、亡くなった方が本来負担すべき入院費や葬儀費用の支払いに限定すべきだと思います。

 

口座凍結の対応は覚えられないが・・

人生において、故人となった方への口座凍結連絡などの方法は何回も経験するものではありません。したがってどのような手続きをどのタイミングでしたら良いのかを把握している方は少ないでしょう。

 

でも銀行などは日常茶飯事の対応であり、銀行の支店に名義人が死亡したことを伝えれば、その後の手続きの流れもしっかりと教えてもらえます。ですから、手続き関係ゃ決済の確認が取れ次第申し入れをするのが良いでしょう。

 


手続きの方法としては、申請人の確認と共に、口座名義人の生年月日や口座番号、住所などを確認し口座を凍結する段取りが一般的だと思います。一つの銀行に連絡申請をすれば、全ての金融機関に連絡がいくかと言えば、やはりそうはいきません。

 

いくつかの金融機関に口座があれば、口座のある金融機関単位で同様の手続きが必要になります。ではこの凍結された口座はいつ解除されるのでしょうか?。それは相続を知った発生の10ヶ月以内に、法定相続人が遺産分割の協議を成立せいて税務署に申告、必要な書類が金融機関等にも提出された時点からの解除対応となることも覚えておいてください。

 

少なくとも金融機関に故人の連絡をする前に諸手続きを優先させることは忘れずに

 

今日のポイント

 

・役所への死亡届と金融口座凍結は連動していないが、必要支払い完了時点で早めに銀行に連絡する。

 

・手続きさえすれば一定の預金の引き出しは法改正手背可能になっています。

 

・親族トラブルや相続協議を円滑に進めるためにも、必要最低限の引き下ろしに限定すべき。

 

・銀行は、トラブル回避のための口座凍結であり、手続きは窓口が熟知しているので心配ない。

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで 

申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)

ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録はここをクリック

 

 

 

登録は メルマガを申し込む

 

 

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW