FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー

【下町FP】どうして資産運用が必要なのか?

 

 

日本では、バブル崩壊・リーマンショック後は、働けども給与が上がりづらい環境になりました。ひとつは、労働力を固定費にせずに変動費とする手段=派遣社員の採用や外国に安価な労働力に頼る状況がその要因の一つです。

 

しかも、同時期に分かっていた少子化の波が現実化し、社会的な構造要因も押し寄せ、予想以上の長寿の拡大によって高齢化が進み、社会保険料や税金が増加して実際に使えるお金(可処分所得)は減る一方の社会になってしまいました。「働けど手取り増えず」ですね。

 

最近では、税の拡大・物価の上昇なども見られ、更に日々の費用負担が大きくなってきています。そんな中で貯金だけを懸命にやっていても、実質的には苦しくなっている感覚が間違いなく起こっています。もう、預貯金では、なかなか増えない時代だからです。


よく投資セミナーなどでは、預貯金だけじゃダメ、投資も考えなさい等と、「将来に備えるには資産運用が必要」との講師の言葉を聞きますが、それって本当なのでしょうか?

 

 

私も資産運用をすべきなのかどうなのか? 本当に必要なのか・・・そんな疑問が自然に沸いてきます。この話はある意味正解なのだと思います。将来必要なお金を準備していくためには、ただ「貯める」だけではなく、少しずつでも「増やす」ことも重要になってくるからです。

 

 

今の預金金利をもう一度見てみると

 

某大手銀行スーパー定期預金より ↓

 

 

皆さんは現在、銀行に1年間預金をしたらどのくらい利息がつくかご存知でしょうか? 現在の大手銀行の1年定期預金の金利は0.001~0.002%であり、振込手数料や時間外でのATMを使ってしまえば1年分の金利が飛んでいく状況が続いています。

 

100万円を定期預金にすると、1年後に受け取れる利息は100円です。実際はここから20.315%の所得税・住民税・復興特別所得税が引かれて利息は80円を割り込むのが現実です。貯金神話は過去のもののようです。
 

実は過去には金利が相当高かった時代がありましたが、環境は一変しているのです。現在の0.001~0.002%の金利でお金を倍にするために、どの位の時間が必要でしょうか?  有名な『72の法則』を使って時間を計算しましょう。

 

過去記事

複利の力で資産加速「72の法則」とは

72÷金利=お金が倍になる期間

 

72÷0.001=なんと倍になるのに7200年がかかる計算になります。これは、銀行に預けておくだけではお金は殖えない時代になったと言えるのです。恐るべき状況ですね。


リーマンショック以降は、日銀のインフレ誘導と金利コントロールによって、低金利、ゼロ金利政策を導入しており、銀行にはマイナス金利を適用、もうこれ以上に下げられない状態までになっています。

 

あなたのお金の心配を解消して、マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。投資って、お金が減ったり無くなってしまったりと、せっかくの努力が無駄になりそうで怖いですよね。

 

今日は、こんな経済環境下でも若いうちから投資を始めたほうがいいのか、なぜ投資が必要なのかについて考えていきたいと思います。下町FPメルマガ講座は、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

 

預金だけでは実質的に目減りする時代の到来

 

将来に向かって備えるには、自己防衛が必要です。スキルを身につけたり、知識を身につけたり、人脈をつくったりと、とても大事です。これと同様に資産運用によるお金の確保もご自身で必要になっているのです。

 

もちろん預貯金があれば、無理をしてストレスを抱える運用をする必要はないのかもしれません。でも、ほとんどの方はそうではありません。そうなると選択肢は限られてきます。出るを減らす=つまり節約か 入るを増やす=副業や運用 のいづれかが必要になってくることになります。

 

まず誰でも出来るのは、節約生活です。次に考えてやれるのは副業生活、最後はお金に働いてもらう資産運用です。最近、副業や資産運用が話題になっています。会社もそれを認める状況になってきていると、そんな言葉を目にする・耳にする機会も増えてきました。時代が動いているのですね。


でも、「本当に資産運用って必要なの」と思ったことはありませんか? 

投資はやっぱりはじめた方が良いのか・・でも減らしたくない・・・

 

では、どうやってお金を殖やしたらいいか?

 

資産運用をしないとどうなるでしょうか?  冷静に考えてみると、銀行預金だけではお金が増えないどころか、逆に目減りしてしまうことに気が付くと思います。
 

お金を殖やすためには、自分で投資をして運用する時代になってきたのかもしれません。投資をしたことがない人にとっては「投資=避けたい」というイメージが強いかもしれません。でも、正しい知識を身につけて運用していくことで、自分に合った運用方法が見つかるのです。

 

 

50歳を過ぎてから資産運用ではリスクを取れる商品は、限定されてしまいます。若いうちは多少のハイリスクでも挽回できる時間があります。老後まで運用できる時間がたっぷりある方は、リスクの幅も大きいのです。安心して老後を迎えるためにも、少しでも早く投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

投資という資産運用の力を使い「お金を働かす」

コロナ暴落もあってか、最近投資を始める人が増えているような気がします。実際に質問や問い合わせも増えているのです。私もやった方がいいのか? 減らしたくないし、預貯金をしておけばいいんじゃないの? 不安や迷われている方が多いのが実態なのでしょう。

 

定期預金は金利が低く、昔のように2%~5%と利息をつけてくれません。つまり、預金してもお金はなかなか増えない。そうは言っても、結婚や住宅を買ったり、車を買い替えたり、老後などと、将来のお金のイベントには、まとまったお金が必要になってきます。

 

 

残念ながら、給与も思いのほか増えなかったり、出世ポジションも上が詰まっています。そうなると、なかなか所得が増えそうにもありません。その上、社会保険料や税金の増加、物価の上昇などの日々の費用負担が少しずつ大きくなり、実際に使えねお金も減ってきています。


将来必要なお金を準備していくためには、今のまま「貯める」だけではなく、少しでも「増やす」工夫が必要になってくるのです。せっかくの貯蓄が1回の時間外ATM手数料や振込手数料で消える世の中になっているのです

最近「NISA」とか「個人型確定拠出年金(iDeCo)」といった言葉をよく耳にしませんか?

 


これらは、国がこういった背景や、今後の年金給付の減少を加味して資産形成を支援する制度のことです。NISAは金融庁で、iDeCoは厚労省が監督としているじぶん年金や資産形成制度です。基本は投資による資産形成です。少額から投資を始めやすいような仕組みがあり、運用に対しては支援はできませんが、運用益に対して最大級の税制優遇制度をつけて資産形成と節税をフォローしているのです。

 

同じ商品を買うのではNISAを活用した税制優遇の活用の有無では、全くパフォーマンスが異なり、投資のしやすさという点でも優れた設計になっています。人によっては、所得税が10万単位で節税できる方もいます。

 

つみたてNISAなどは、月々千円からでもはじめられ、最大20年間の長期節税も可能です。そしてiDeCoはさらに優れた商品設計になっており、60歳以降の年金として、または一時金として受け取る「じぶん年金」として運用時、受取時、年金受け取りと節税が出来る優遇も付いているのです。

 


少額でコツコツと長期にわたって投資をはじめたい人に対して、向いているこれらの制度をスタートさせる、若い方でも投資をはじめやすい環境がますます整ってきているのです。

 

将来のライフイベントに備えて結婚やマイホームの購入、お子さまの誕生、老後資金を作るための制度が動き出しています。ご自身が思い描くライフプランを実現するためにも、預貯金だけでない運用を検討してもいい時期だと言えそうです。

 

もちろん、投資は定期預金とは違い、貯蓄よりも大きな収益(リターン)が期待できる分、損失となる可能性もあり、リスクを取る必要があります。リスクとリターンのバランスを決めた商品選びも必要になってくるのです。

 

 

家計口座を4つに分け、余力資金を投資に活用する

 

マネープランを立てて、お金を準備できれば、より確実に人生のイベントを実現することができます。将来のお金の準備を考えて少しづつ準備することは有効ですし、今考えられている将来のイベント費用が、今よりももっと増えてゆくことも予想されると思います。

 

そのためには、生活の中でのお金を分けて使う方法を考えてみましょう。貯蓄や運用でのポイントは家計管理の中で貯蓄用口座をつくり、運用することです。そのためには家計の口座を4つに分けて適切に使い分けることが重要ポイントになります。

 

  1. 入出金用の口座
  2. 貯蓄用の口座(余力資金)として積立定期や資産運用(NISAやiDeCo)に活用
  3. 生活費用の口座
  4. 緊急予備資金用の口座

 

 

あなたのお金の中に、当面は使う予定がないお金や現在眠っているお金は、余力のある資金として貯蓄用の口座に属します。こうしたお金を投資にまわして、資産形成をする。あなたとともにお金にも働いてもらい、更にに収入を増やすことを目指していきませんか。

 

 

自分が働くことと同時にお金を働かす仕組みは資産形成には大事

 

預貯金だけでは資産は増えない時代、投資という選択肢を使い問題を解決しよう

ポイント

 

・現預金は金利では増えない時代、お金を働かしてみよう。

 

・資産運用は余力資金で運用。NISAやiDeCoも目標に合致したら使い倒す。

 

・金融商品を持つだけで、配当・利子収入から生活に潤いが生まれます。

 

・資産形成は早い程良く、失敗も経験として時間が挽回できます。

 

今の時代は、投資の必要性も高まってきています。政府のバックアップもあり、投資を始めやすい環境が出来ています。「何となく怖いから・・・」では資産形成も進まない世の中なのです。小額からでも資産運用を始めていきましょう。

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  

申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)

ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

 

登録はここをClick ↓

 

 

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW