FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > マネーストレスフリー > 【下町FP】NISA 対 20.315%の税率比較

【下町FP】NISA 対 20.315%の税率比較

 

 

 

20.315%、今日のテーマの数字ですが、何だかわかる方はいらっしゃいますか?。ピンときた方は金融に関心が高い方かもしれません。この数字は、お金を貯めたり増やしたりしたと時に、資産運用で儲けが出た時に課税される税率の事です。

 

定期預金や株式や投資信託で利益が出た時、まるまるその利益を受取る事はできません。所得税と復興特別所得税が掛かるのです。この税率が20.315%なのです。せっかく株式投資をして100万円の利益が出ても、実際入金される金額は80万円をちょっと割り込んだ金額になってしまいます。でも100万円損した時には、何も帰ってこないのに損した気分になりますよね。

 

この税率は、実は投資だけに適用されるのではありません。例えば銀行の預貯金の利息にもしっかり適用されているのです。利息が少ないの気づかない方も多いと思いますが、10円の利息には2円の税金が課せられ、別で引かれている筈です。確認してみて下さい。

 

本来の所得は給与や年金や満期金や様々な収入を合算してから必要経費を控除して、その金額を所得として税率を掛ける総合課税が普通なのですが、源泉分離課税という制度を活用して、受け取りの時に一定の税率で納税をしてから残りを貰ってもいるのです。

 

この源泉分離課税制度を正式に言うと、本来の所得と全く分離して、所得を支払う者がその所得の支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで所得税の納税が完結するという制度です。

 

この源泉分離課税の対象となるのは、いくつか決められており主に以下の所得に適用されます。

 (1) 利子所得に該当する利子

 (2) 懸賞金付預貯金等の懸賞金

 (3) 金融類似商品の補てん金等

    1.  定期積金の給付補てん金
    2. 銀行法第2条第4項の契約に基づく給付補てん金
    3. 一定の契約により支払われる抵当証券の利息
    4. 貴金属などの売戻し条件付売買の利益
    5. 外貨建預貯金で、元本と利子を定められた利率により通貨換算にて支払う一定の換算差益
    6. 一時払養老保険や一時払損害保険などの差益

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。一般の金融商品は、利息などに税金(源泉分離課税20.315%)がかかりますが、NISAやiDeCo個人型確定拠出年金制度では、運用益は非課税です。本来税金が発生して差引かれる金額までも運用に回せますので、複利効果は絶大と言われています。

 

下町FPメルマガは、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

 

所得税と源泉分離課税を比較

 

本来所得については 所得税の税率が適用されています。日々の給与で分かる通り、給与明細には見込みの所得ベースとした所得税が毎月引かれています。この税率は、5%から最大45%の7段階に区分されています。

 

計算式は

所得税額 = (所得金額 - 所得控除額) × 税率 – 税額控除額

 

となります。課税される所得金額に対して、下記の税率速算表に基づいて計算されていきます。

 

 

 

 

例えば「課税される所得金額」が700万円の場合には、税率は23%となり、求める税額は次のようになります。

700万円×0.23-63万6千円=97万4千円(所得税)

 

この所得税は会社員でしたら総合課税方式による徴収となっていますが、この場合は23%と先程の分離課税の20.315%のほうが低い税率になっているのです。所得税が15%、地方税が5% 復興特別所得税が3.15%トータルで20.315%となっているのです。

 

先程の利息等のケースでも理屈は同じですが、1円未満の端数が生じた場合は切り捨てられます。そして、これら税金を引かれた後の残額が振り込まれまれてくるのです。源泉徴収という形で納税は終了しているので、税務署に届け出る確定申告の必要はありません。

 

この方法は、サラリーマンの給料からの「天引き」と同じです。例えば、6,000円の利払いが発生した場合を考えてみましょう。

 

国税(所得税・復興特別所得税):

6,000円×15.315%=918.9円=918円(端数切捨)   地方税:6,000円×5%=300円

 

振り込まれる利子は、6,000-(918+300)=1,218円となります。これで納税は完結します。

 

最後に、復興特別所得税0.315%について説明をします。これは東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法に基づいて、復興施策に必要な財源を確保するための期間限定の税金です。通常の所得税に加えて期間限定の課税として、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間、支払を受ける利子等については、復興特別所得税が源泉徴収されているのです

 

 

NISAの税制優遇で検証比較

 

 

このブログをいつも見ている読者はおなじみですが、NISAは、2014年1月にスタートした個人投資家のための税制優遇制度です。 通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした時は、売却して得た利益とか受け取った配当に対して先程の20.315%の税金がかかります。

 

ところがNISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内での取引・購入した金融商品から得られる利益が非課税になる制度です。つまり、この税金がかからなくなる制度で3つのタイプがあります。

 

① NISA(一般NISA)

税金は年間120万円までの投資額は非課税となり、非課税期間は最長5年。いつでも売却は出来ます。5年間累計では、最大600万円分の非課税投資ができます。

 

下の表を確認ください。これは僕の証券会社の分配金入金実績ですが、同じ銘柄で保有しているリートです。ひとつはNISAで、もう一つは一般取引での分配金の実績です。同じ銘柄でもNISA口座との差が入金差として出ています。その差は411円ですが、されど411円。コンビニでサンドイッチとドリンクくらい買える差額がこんな金額でも発生するのです。

 

 

② つみたてNISA

積立NISAは、長期投資が目的なので期間は最長20年です。税金がかからないのは年間投資額40万円までで、最大800万円分の非課税投資が可能です。

 

③ ジュニアNISA

ジュニアNISAは子供への学資資金とか子供自らの投資教育的な側面も持っています。税金がかからないのは年間投資額80万円までで、 最大400万円分の非課税投資が可能ですが、途中解約をすると課税分が相殺されます。

 

投資経験が豊富な方は、一般株取引と同じで非課税枠のある一般NISAがおすすめでしょう。売買益や配当金などが、そのまま非課税にすることができます。一般NISAは短期売買にも向いていると言えます。


投資初心者の方は積立NISAで毎月コツコツ投資がいいでしょう。商品は限定されますが、比較的安全で低コストの優秀な金融商品が揃っています。長期運用をしてみましょう。長期的の資産運用なら積立NISAがおすすめです。

 

 

年金と言う名の投資商品iDeCoを活用

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)は年金扱いの金融商品の制度です。掛金を積み立てるだけで、国民年金基金同等に所得税と住民税が軽減されます。決められた掛金は全額所得控除となるからす。そして運用益も非課税扱いとなり複利での貯蓄に有効です。

 

一般の金融商品は、利息などに税金(源泉分離課税20.315%)が掛かりますが、この制度も運用益は非課税です。税金で差引かれるはずの金額も運用に回せますので、としての効果は絶大です。受け取りは60歳からですが、受け取るときも税制優遇があります。

 

この個人型確定拠出年金は、年金での受け取りも、退職金のように一時金として受け取ることも可能です。受け取り方で税金の扱いは異なりますが、どちらの場合でも優遇措置が受けられます。

 

年金として受け取る場合には、他の公的年金と合算して「公的年金等控除」が受けられ、一時金として受け取る場合には、退職金などと合算して「退職所得控除」が受けられます。

 

 

こうした税制優遇をうまく活用して資産形成を考えてみてはいかがでしょうか。

 

同じ投資でも税制優遇の使い方ひとつで、スタートは同じでもゴールには大きな差が出ます

 

ポイント

 

将来の受取額は、運用実績により個人ごとに異なりますが、税制優遇をいかに活用するかも資産形成にはひつよぇなノウハウです。

 

商品によって加入年齢制限があったり、年金として60歳以降の解約受取となったりします。優遇=縛りも多いのです。

 

NISAやiDeCOは金融庁や厚労省のホームページでも確認できますが、決して年金と言っても安全な商品ではなく、普通に市場取引商品ですから損失や元本毀損もありうることを理解して運用に臨むようしないと痛い目に合うので注意ください。

 

迷ったら僕ら「独立系のFP」に相談してください。特定の商品を斡旋販売することなく、資産形成のお手伝いができます。

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

FP事務所トータルサポート個人情報保護方針に同意します

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

 

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW