FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 万一の保険 > 【下町FP】定年後の保険任意継続と国保への裏技的移行

【下町FP】定年後の保険任意継続と国保への裏技的移行

 

 

日本は国民皆保険の国です。だれでも何がしかの健康保険制度に加入しています。会社を退社する、特に定年退職などで退職すると今まで会社員で加入していた組合健康保険などから脱退する事となります。

 

 

この保険制度では、75歳以上の高齢者と医療扶助を受ける人を除き、全ての国民が公的医療保険に加入することを日本では義務付けられています。75歳以上になると、後期高齢者医療制度に移行します。

 

 

定年の時に、いくつかの保険の選択肢があります。今日は僕の過去の定年退職経験を踏まえて、定年1年目の健康保険とその後の手続きについて、とてもお得な保険料の選択肢は何かについて考えていきたいと思います。

 

 

あなたのお金の悩みを解決し、マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。健康保険は実は組合健康保険でも国民健康保険でも、決して途切れる事はありません。会社を退職する時、特に定年時の選択はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

退職時の保険変更ルートは3通り

 

会社を退職するとき、退職後に加入する健康保険の選択肢については、以下の3ルートが考えられます。

 

  1. 退職時の健康保険の任意継続をする。
  2. あなたの住所地である市区町村が運営する国民健康保険に加入する
  3. 家族の健康保険(国保以外)の扶養家族となる

 

 

退職をする際の選択肢として、条件が厳しいのは3の扶養家族でしょう。家族に扶養される条件としては、三親等内の親族(同居・別居により条件異なる)であり、被保険者の収入で生計を立てている人である事が基本です。そして扶養対象者の年間収入が130万円未満であるという高いハードルと同居別居による様々な要件がついてきます。

 

 

会社で働いていた方にとっては、130万円未満の収入要件だけでも厳しい方がほとんどだと思います。でも、要件さえクリアできれば奥さんやお子さんの会社の扶養に入る方法が一番お金の節約になります。

 

 

多くの方は1の任意継続と2の国民健康保険のどちらかになると思います。しかも支払いを比較するとほとんどの方が退職時の保険任意継続を選ばれると思います。任意継続できる方の要件としては、健康保険に2ヶ月以上加入の実績があり、資格喪失日から20日以内に申請することが条件となっています。手続きは会社の総務などで依頼すれば退職と同時にやってもらえます。

 

 

任意継続とは、会社を退職すると加入している健康保険資格も喪失することになるのですが、これを退職者の希望により最長2年間は今の保険を継続することができる制度の事です

 

 

退職後に加入する健康保険の選択肢としては、この任意継続により退職時の健康保険を続けるか、市区町村の運営する国民健康保険に加入するかのどちらかになりますが、多くの方は支払う保険料を考えると、任意継続を選択した方が有利なこともが多いです。この比較は会社でやってもえると思います。

 

 

では、その任意保険の保険料はどの位の金額になるのでしょうか?

 

 

健康保険の任意継続費用は

 

加入されている健康保険は、毎月の給与から天引きされていると思います。ただサラリーマンの時は、この保険料は会社と個人の折半で、会社が半額負担してくれていました。退職後の保険を任意継続とすると、全額を自分で負担することになります。よって、支払う保険料は在職時よりも高くなります。(単純計算で会社折半がなくなり倍です

 

 

国民健康保険は、基本的に前年の収入で保険料の計算がされます。比較的給与水準が高かった方が国保を選択すると、一般に保険料が想像以上に高額となります。僕も退職した時に計算しましたが、毎月77,000円という計算結果になりました。これがまず3月まで続く事になります。とてつもない高額ですね。

 

 

あなたの住まいの市区町村の国保担当部署に相談して、国保に加入した場合の保険料について試算してもらい、最終的にどちらの健康保険を選ぶかを検討することも有効です。そして前年の1月~12月の所得が確定した段階で次の年の6月からの改定国保料金に変更となります。

 

計算サイトを紹介します 国民健康保険シュミレーター

 

 

これに対し、任意継続の場合は、退職時の給与が月額27万円以上であれば、保険料は月額28万円(27~29万円)の水準で計算される保険料(月額27,748円※1)で固定されるケースもあります。すると、給与が高い人ほど国保と比べて保険料が割安になる可能性もあります。会社に依頼すればすぐ調べてもらえます。ちなみに僕は月額43,000円でしたので、任意継続を選択しました。

 

 

以上のような経過を経て僕は「任意継続に決まりました!」。任意継続は2年間続きますが、実は、国保と違って1年後の保険料の変更はありません。2年間同額の支払いが続くことになります。僕のケースでは43,000×24ヶ月=1,032,000円です。結構大きな出費となりますね。

 

 

 

しかも任意継続は、加入した後の条件が厳しく、多くの制約とお約束事があります。

 

・継続期間は、2年間と限られており、途中での脱退は出来ない。

 

一度任意継続を選択すると、国保に変えたい、家族の扶養に入りたい、といった理由で変更することはできません

 

・保険料の滞納に厳しく、保険料を滞納すると即資格喪失となります

 

 

どうですか?

それでも無保険とはいきませんから加入となります。100万円以上2年間で支払う任意継続の健康保険は、定年退職時に住民税と合わせて大きな負担となります。定年後の住民税だって数十万と馬鹿にならない中、定年前には100万円以上のお金の準備が必要なのです。

 

 

国保への裏技的な切替で保険料ダイエット成功

 

実は、健康保険の納付金額の確定は、毎年6月に改定されます。昨年の所得がベースとなり毎年改定されるのです。しかし、組合健康保険の任意継続の保険だけは2年間変わらないのです。とても不公平ですよね。

 

そこで、1年後の4月に国保に切り替えると前年の所得が低いと相当安くなる可能性が出てくるのです。

 

これが実は裏技になります。本来の任意継続は2年間脱退が出来ません。しかしながら納付は毎月です。この納付、例えば4月分の支払を期限まで支払いをしないで未納にするのです。すると、2~3日後には健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書が送付されてきます。これが証明書にもなるのです。

 

 

この証明書には、ご丁寧に国民健康保険の窓口に持参して加入してくださいと書いてありました。ありがたい事です。

 

 

この証明書を持って管轄の役所の国民健康保険課などの窓口で手続きします。新規の国民健康保険の加入手続きです。新年度が4月からスタートする保険は12ヶ月分を10回にて6月から支払いをします。一括でも支払えますが、割引はありません。僕の場合は毎月43,000円(毎月)の任意継続が、手続き完了で月15,000円(10ヶ月)になりました。

 

 

あと一年手続きをしないで、そのまま継続した場合と保険料を比較してみましょう。

 

任意継続1年支払い=516,000円

 

国民健康1年支払い=150,000円 差額は366,000円 お得となりました。

 

 

この裏技は、正規のルールに則っています。国保は基本的には前年の収入で保険料の計算がされます。給与水準の高い方が国保を選択すると、1年目は一般に保険料が相当高額となります。しかし、任意継続の場合は、退職時の給与から新たに計算され、2年間固定されるのです。そして裏技的に2年目ある程度所得が下がった時点で、資格を意図的に喪失して国保に加入することで、任意継続と比べて保険料が劇的に割安になるという裏技です。

 

 

事前に役所に計算してもらうのがBEST

 

任意継続からの国保切替は、管轄の役所の国民健康保険課などの窓口で手続きします。国保シュミレーションでもある程度計算が出来ますが、事前に役所に所得の分かるものを持参して、その場で計算してもらう事がお勧めです。

 

 

この辺をしっかりやっておかないと、思いがけない保険料になるかもしれません。必ずやられてから資格喪失をされる事をお勧めします。

 

 

退職時に加入している健康保険によって異なりますが、任意継続をするには、退職の翌日から20日以内に手続をする事を忘れないでください。そして退職前の早めに、お持ちの健康保険証記載の保険運営者に、任意継続を行なった場合の保険料額を確認するようにしてください。

 

 

そして2年目の「任意継続」に対しては、事前に役所の保険課に試算してもらって任意継続すべきか判断しないと大きな出費が継続する恐れがあります。今回は知っていると有利となる、退職時の健康保険の選択と2年目の保険対応の話でした。

 

お得な退職後の健康保険を探そう 

 

☞ポイント

 

結局のところ、どれが一番お得であるかということは人それぞれなので、一概にはいえないところがあります。そこで事前に計算比較して、健康保険の制度をうまく活用しましょう。上手く活用することで余計な出費が抑制できます。

 

 

定年1年間の保険料金は前年の所得から計算されます。大変大きい負担となります。

 

・退職後の生活資金もライフプランに組み込んだ貯蓄が必要です。

 

・定年退職時は、健康保険と住民税で、最低100万円位の予算が必要ですので事前用意をしましょう。

 

・2年目の裏技は試してみる価値があります。知らない方が多く勿体ない選択になる方が多いのです。

 

定年後のライフプラン・マネープランを立てながら、いろいろなお金に関わる心配事を僕と一緒に解消しませんか。要領は下のFPメニューやメール相談を活用ください。お金の将来が見えてくると好評です。お申込み、お待ちしています。

 

 

****************************************************************

FP事務所トータルサポートからあなたへの支援

****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。

キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

 

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

***************************************************************************

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

    ***************************************************************************

    メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

     

     

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

    登録はここをクリック

     

    登録は メルマガを申し込む

     

    解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW