FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 貯蓄節約 > 【下町FP】貯蓄と投資、どっちが有効か

【下町FP】貯蓄と投資、どっちが有効か

 

 あなたのマネーストレスフリーを応援する下町FPの横谷です。

いくつかの記事で貯蓄の重要性について触れてきました。

その話はいいけど、資産形成には投資をしないと駄目なんじゃないの?

と声が聞こえてきそうです。  

 

 

関連記事 【下町FP】セカンドバンク活用、貯蓄習慣をつくる  

  ↑投資の話はまったくといって展開せず資金管理のみを紹介しました。    

 

 

 

支出を抑える、毎月貯蓄をする、生活費口座と貯蓄口座を分離する。

とても地味な話です。    

 

 

でも、大きな貯蓄資産を形成するのには、一発では出来ないのが当たり前です。

丁か半か、上がるか下がるか確率50%に勝ち続けられるなら、地味な貯蓄形成手法なんていりません。    

 

 

それは投資でなく、投機です。

世の中利回り10%なんて商品は出回っていません。  

 

 

ありません、あなたに向いた商品はないと言ったほうがいいでしょう。

 

 

・・とは言いましたが、あるにはあります。

例えば太陽光発電やバイオ発電、海外投資でしょう。    

 

 

しかし、一般のシロウトが初めてやることはお勧めできません。

相応のリスク商品です。

 

忘れないでください、

利回りの高さはリスクの高さでもあるんです

 

   

貯蓄形成の方程式 まず、おさらいから

 

資産を形成するには基本方程式は3つ

 

 

入るお金=収入を上げる 支出管理をして貯蓄を計画化する

投資をして資産を増やす   ・・が考えられます。  

 

 

式で表すと

収入+副収入=収入増

 

収入-計画貯蓄=生活費用

 

投資資金×運用利回り=資産増加  

 

 

的なイメージでしょうか?    

 

 

副収入には投資収入は考えず就労収入を基本に考えます。

 

 

今回のテーマは貯蓄と投資どちかが有効かでしたね。  

 

 

まずは貯蓄です。

貯蓄をFPが計算するにはある係数を多用します。

その係数は年金終価係数といいます。

 

 

年金終価係数を使い資産形成を読み解く

 

 

ねんきんしゅうかけいすう・・・早口言葉では、言いにくいですね。    

 

年金終価係数

毎年一定額を複利運用しながら積み立てをした場合、一定期間後の元利合計を計算するための係数です。    

 

 

■前提条件

例えばこれから30年貯蓄をしてゆきます。

毎月3万円、年36万円を完全に無利息でセカンドバンクに貯金します。    

 

 

これを年金終価係数で計算する以下のようになります。

クリックで拡大します↓

 

 

 むずかしく書きましたが、

36万円×30年の年金終価係数30.00=1,080万円です。

 

 

賞与を年2回40万円積み立てるとしましょう。    

この係数を使います。

40万円×30.00=1,200万円です。  

 

 

この方程式だけで

2,280万円の貯蓄形成が可能になります。

 

 

これで厚生年金+退職金があれば投資をしなくても、老後資金は確保できそうです。    

 

 

 

時間と地味な貯蓄を継続すると大きな資産が自動的に貯まります。    

 

 

 

これが投資だとどうでしょうか?

例えば、この同じ貯蓄方法で利回り3%で運用出来たらどうでしょう?

クリックで拡大します↓

   

 

結果はどうなるでしょうか?    

36万円×30年の年金終価係数47.575=1,712万円です。

 

 

同じように賞与を年2回40万円積み立てるとしましょう。    

 

この係数を使います。

40万円×47.575=1,903万円です。  

 

 

3%の利廻りを通過するだけで、方程式から

3,615万円の貯蓄形成が可能になります。    

 

 

 

貯蓄と投資の差はどうでしょうか?

投資3,615万円-2,280万円=1,335万円の差 

この差が投資による増加分です。    

 

 

福利効果を考える部分として5年目を見て下さい。

積立では、180万円です。

福利では191万とたった11万程度の差が、30年で1300万円の差になるのです。

 

 

ちょっとした行動と継続が差となるんですね。

 

 

実は3%の投資、金利の継続ってとても大変です。

もちろんすべての投資が3%で廻ることはありません。

あるいはマイナスの年もあります。また、+10%の年もあるでしょう。  

結論 優劣はないが順番がある  

 

 

時間を味方にして利回りの効かした投資をするのは、資産形成には強い味方です。

ただし、3%と言えどもリスクを取る行動です。    

 

 

貯蓄だけで資産形成が出来れば、最低限の投資だけでもいいかもしれません。    

 

 

でも100万円を3%で運用したいくらでしょう?

3万円ですよね。  

 

 

1000万円を3%で廻して30万円、なんとなく増えた感じですよね。

 

 

つまり、投資をするためには 

ある程度大きな資金が必要になり、そのためには貯蓄は不可欠なんです。    

 

 

いきなり1千万円にはなりません。

 

 

その貯蓄期間の間に投資の勉強や少し手を出してみましょう

 

 

10万円で40%失っても、損失は4万円です。  

1千万円投資して40%失えば400万円です。なかなか立ち直れませんよね。  

 

 

 

これが、貯蓄と投資の関係です。

 

つまり優劣はないけど取り組む順番があるという事です。

この順番の前提が貯蓄体質を作ることなんです。

 

 

何だか、ごまかされたような。いえ本当の事ですよ。

 

 

最後に貯蓄と投資収入の話です。    

 

 

投資で3%で廻して30万円稼ぐには元本1千万円が必要です。

でも月2.5万円の節約なり、支出減なら簡単にできそうです。  

 

 

通信費や保険を見直す。

その気になれば通信費は千円台でも回せますし、保険は月1万円で抑えても大丈夫です。

 

 

保険はシンプルでも保障は確保できます。キリがないんですよね。

 

 

 ☞ポイント  

ゼロベースで見直せば一定の貯蓄高は確保できます。

 

目標設定をする。年金終価係数にて貯蓄プランを作ってみよう。

 

参考計算サイトです  年金終価係数計算  

 

貯蓄を進めてから投資を開始、勉強は進めていこう    

 

 

今日使った係数は資産計算をする6つの係数の一つです。

FPはライフプラン設計時にはよく使います。      

 

 

お金に関する情報は今の時代、ネット上で、簡単に手に入れられるようになりました。

それなのにお金に対する不安はなくなりません。

 

 

それは、​正しい「基本知識」​を知らないために、何が正しくて、信じて、何を選べばいいのかを​判断することができなくなっている​からです。

 

 

雑誌、インターネットで手に入れられる「一般論」は、必ずしも あなたの家計にふさわしい情報ではないかもしれません。

 

家計の管理、お金を貯める、お金を使う。

本当はそんなに難しいことではありません。

 

 

【人生にはライフイベントが色々控えています】

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

 

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

 

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

 

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

 

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。

 

 

これによって結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。

 

ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

FPライフプランレポートのサンプル (相談の進め方PDF)

 

ライフプラン診断(キャッシュフロー表)はここから

 

 

迷ったら、まず無料メール相談から。

ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。

 

僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

 

これこそが自己への投資です。

 

お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が少しでも参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

 

他のプランナーの記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

 

★更にお得な情報

■サイト運営無料相談・プラン申込の依頼

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

無料メール相談も大歓迎!!

 

 

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

⑤導入商品:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

 

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

     

     

    ■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。

    ブログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標に マネーストレスフリー支援します。

     

    登録はここをクリック

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

     

    登録はここから

     

    解除はここから