FPブログ | 独立系非販売FP事務所トータルサポートが経済的自由と資産形成を応援します

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

検索は
4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

現在多くのコンサルティングお申込みのため、無料メール相談は停止中です

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】


にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

最新FPランキングはこのバナーで確認できます

 

FP事務所の中でも数少ない独立系非販売のFP事務所であるトータルサポートの相談の多くは、リタイアメントにともなうプランニングやそれに伴う資産運用、退職前の経済的自立による早期リタイア・FIREを目指す相談が大変多いFP事務所です。

 

それはNISAやFIRE・資産形成への連載したブログや雑誌への関連投稿記事も影響していますが、多くの方が関心の高い『配当生活・配当所得』にも強いファイナンシャルプランナーだからなのでしょう。

 

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

 

代表の横谷は、日本FP協会のAFPの活動と共に自身も配当所得=インカムゲインをコアにした現役の投資家です。実際、年間インカムゲインも400万円超えのFPだからこそ、中立・非販売で顧客に寄り添ったコンサルが実現でき、相談者のクライアント様もそれに期待しての申し込みが多いと推察しています。

 

本ブログでは定期的にインカムゲイン投資家として毎月のインカム収入の一部を公開しています。皆さんが感じる”配当生活”に匹敵する収入に相当するかもしれません。当月のインカムゲイン獲得の一部ですが、参考にしてみてください。

*******************************

ファイナンシャルプランナーjp専門家登録

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

ファイナンシャルプランナー.jp

 

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

年間400万円インカム収入の核、Jリート・債券投資

 

インカム収入とは何?

 

インカムゲイン投資は売却による収益を取るキャビタルゲインとは異なり、保有することで得られる利益です。インカム収入の代表格として株式からの配当や分配金、債券の利金、不動産投資からの家賃、ソーシャルレンディング利金や利子収入などですが、多くはほったらかし的な運用が魅力の投資スタイルです。

 

インカムゲインとキャピタルゲイン

キャピタルゲインとインカムゲイン

 

インカム投資 究極の目指す姿は

年間生活費

   ≦ 年間運用インカムでカバーですね 

 

配当金生活をシミュレーション

毎月一定の配当金を得るために、いくら必要になるかシミュレーションしてみることです。投資金額は同じでも、配当利回りが違えばもらえる配当金も変わってくるので、配当利回りを考慮する必要があります。また受取も特定口座の場合には、ざっと20%(正式には20.315%)の課税後の受取になるので、どの口座を利用するかも重要です。恒久非課税のNISA口座が最も投資効率が高い口座になり、間違いなくおすすめします。

 

例えばNISA口座から日々の生活や老後の生活に毎月4.5万円のインカムゲインが得られるだけでも、大きく生活の潤いや安心感が違ってくるでしょう。ここで公開する運用方法は、取り組みがしやすい不動産投資信託J-REITと債券からの利金を中心にお届けいたします。

 

株式等によりインカムゲイン収入を得るには

 

株式でもJ-REIT(不動産等投資信託)をご存知ですか?  J-REITの魅力は、何と言っても高利回り・高配当なことです。なぜ高配当になるかというと、J-REITには運用後の利益の90%以上を配当することで法人税の支払いが免除されるという仕組みがあり、法人税をゼロにして投資家に還元する仕組みですから配当投資には最適商品です。

 

J-REITは投資家から集めた資金で収益不動産を買い管理、家賃や売却益を投資家に分配します。大きなファンドでは1兆円を超えるものもあり、小さなファンドでも数千億円となり、オフィス・住居・商業施設・物流施設・ホテル・ヘルスなどが主な投資先になっています。

 

リートのメインの投資先不動産

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

このJ-REITはNISAの成長投資枠でも購入ができ、利回りも4%超えとなっている銘柄も珍しくなく、インカムゲイン獲得の有望な投資先です。一度購入すると年間2回の決算月がほとんどのリートに存在して、年間2回の分配金を得ることができます。

 

賃貸契約の特性から住居でも最低2年間、物流倉庫などは長期10年間契約も珍しくなく、期間中の安定家賃が見込めるため、分配金予測も立てやすいのが特徴です。

 

J-REITの運用スキーム

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

また私は株式資産の15%をリミットにインフラファンドにも投資をしています。

 

インフラファンドは、再生可能エネルギー発電設備等への投資を通じて安定したキャッシュフローや収益を得られる投資先です。これは中長期に渡る持続的な成長戦略及び分配金を約束するもので、仕組みとしてはJ-REITと同様の投資家へ90%分配の仕組みで法人税を回避しています。

メガソーラー発電所

上場インフラメガソーラー発電所 

風力発電所

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

再生エネルギーには国策としての大きな拡大性と国の固定売電価格(FIT制度)からの自立化という二つの相反する課題を持っています。高配当なのは減価償却費からの超過収益も含めた分配金により、6%前後の高い利回りが実現されているといえます。

 

現在は太陽光メガソーラー発電所と一部風力発電所・水力発電所・バイオ発電ですが、クリーンな再生エネルギー売電や敷地の使用賃貸によって、安定的なリターンを得られています。このインフラファンドもNISA成長投資での購入対象になります。

 

ただし電力固定買取り制度はメガソーラーでも20年間、新規のメガソーラーの買い取り価格は年々下落しており、2033年前後以降のFIT後の制度の運用、FIPとかRE100などとされる新たな制度での収益性の持続が鍵になる暫定短中期での投資先です。

 

インフラファンドの運用スキーム

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

■NISA成長投資について

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

NISAの投資枠では、最大1,800万円までの運用が可能ですが、うち成長投資枠が配当生活の対象口座になり、毎年投資の最大枠は240万円、5年間で成長投資枠最大の元本1,200万円までが投資可能となります。NISAには分配金や売却益が非課税になるという大きなメリットがあり、これにより長期での資産形成や配当生活が有利な形で可能になります。この制度を活用しない手はありません。

 

もし1,200万円の投資元本で利回り4.5%のポジションをNISAで実現できたとすれば、半年ごとに27万円、年間54万円の分配金や配当金が得られます。つまり毎月4.5万円の不労所得獲得です。

 

成長投資枠1,200万円×4.5%=54万円

54万円÷12ヶ月=4.5万円

 

このスキームが続くとすればNISA口座内では全て非課税となり恒久的にこの収益を非課税で受け取れる事になります。私も旧NISAと特定口座、新NISAを現在併用しており、非課税のメリットも多く享受しています。

 

統合された新NISA運用をもっと知りたい(全50回シリーズ)

クリック

NISAシリーズ表紙

 

皆さんもこの『NISAの成長投資枠を活用した”高配当投資によるインカムゲイン獲得”』を目指してみませんか?

 

NISAで作ったポジションは恒久保有が出来、非課税によるREITなどの運用にとって最適な設計になります。運用には少しコツがいりますが、全体像を把握して長期にリターンを得られれば、恒久的な不労所得の獲得ができます。

 

4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

 

インカムゲインを狙う投資方法は、下の右の図にある『一般NISA』のイメージに相当し、毎年の配当などを可処分所得として受け取ることが出ます。もちろんこれを再投資して資産拡大も可能です。つまりこれは資産形成やリタイア後の消費行動にも活用することが出来るということです。

つみたてNISAと成長NISAの運用のイメージ

 

このJ-REIT保有による分配金獲得ですが、当月予定の分配金の全てが昨日SBI証券から入金されましたので、当月のインカムゲインを公開しました。インカムゲイン投資のイメージと共に今後の運用のご参考にしてください。

 

2024.4月のインカムゲインを報告

 

多くのインカムゲインは決算月の3か月後に配当や分配金の入金となります。したがって今月の入金は決算が3か月前に行われた銘柄です。レポートは入金が実現したベースでの報告となっています。

 

リートなどのインカムゲイン収入を報告

 

スターアジア投資法人 

種別 総合型リート3468

どんなリートか

投資ファンドのスターアジアグループをスポンサーとするREIT。資産規模は2,400億円、用途別ではオフィスが31%、ホテルが29%と高く、住宅、物流施設、商業施設、学生専用レジデンスにも分散投資する。他のリートの買収も狙うような肉食系リートです。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

63,439円入金されました

一部NISA口座でした

 

4/24現在株価
62,000円

 

年間予定分配金
1月 1,524円実績

7月 1,520円予定

1月 1,538円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
4.93%

コメント
5%前後利回りで価格も安く取り扱いやすい、再投資も含めておすすめしやすい銘柄です。独立系ファンドマネジャーとして米国の機関投資家等に日本の不動産に関する投資を助言もしており、情報収集力や市場分析力が持ち味となっている。さくらリートを合併して拡大、2026年までに資産規模3,000億円、物件目安100件、そして1口当たりの分配金を1,600円以上とする目標を掲げている。

 

 
アドバンス・レジデンス 

種別 住居型リート3269

どんなリートか

伊藤忠グループがスポンサーの住居に特化したJ-REITです。合併によって資産規模は4,800億円を超える住居では大型リートとなり、住居特化型ならではの分散された安定感があります。現在東京23区の投資が7割であり、東京は賃料拡大傾向もあり安定的な期待ができるでしょう。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

5,900円入金されました

NISA口座でした

 

4/24現在株価
337,000円

 

年間予定分配金
1月 5,900円実現

7月 5,905円予定

1月 5,910円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
3.51%

コメント
住居専用のリートの中では利回り3.5%は物足りない利回りだが、都心部中心であることを考えると投資適格に該当すると判断しています。(地方住居リートは4%超え)

 

 
森ヒルズリート投資法人  

種別 総合型(オフィス)リート3234

どんなリートか

森グループとしては2つのリートを組成、森ヒルズリートは森ビル、森トラストリートは森トラストが運営しており、この森ヒルズリートはオフィス中心のリートです。ポートフォリオの約95%がオフィスであり、森ビルが開発した有名タワービルの持分を継続的に追加取得している。資産規模は4,000億円超。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

3,282円入金されました

NISA口座でした

 

4/24現在株価
134,200円

 

年間予定分配金
1月 3,282円実現

7月 3,070円予定

1月 3,080円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
4.45%

コメント
港区が95%のオフィスリートであり、あのヒルズリートのオーナーにもなれます。

(六本木ヒルズ・アーク森ビル・虎ノ門ヒルズ・赤坂汐留タワーなど・・)

 

 
産業ファンド投資法人 

種別 物流型(インフラ)リート3249

どんなリートか

米国投資ファンド運営のKKRがスポンサーであり、オルタナティブ投資としてJ-REITにも参入している。物流施設だけでなく、R&D施設、空港、データセンター、工場の底地等のインフラ投資も対象としていて多岐にわたり、これらの施設や産業不動産も投資対象としている。物流施設50%、インフラ施設16%、工場・研究開発施設等34%の構成(鑑定評価額ベース)が保有資産。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

5,474円入金されました

特定口座でした

 

4/24現在株価
131,300円

 

年間予定分配金
1月 3,434円実現

7月 3,390円予定

1月 3,390円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
5.16%

コメント
5%前後利回りで価格も安く取り扱いやすいが、近年コロナの反動で買われた物流の価格下落トレンドが発生しているので注意が必要。運用の安定感は抜群です。ただし日本KKR自体の保有不動産の売却先にもなっていることや最終的にファンド自体も売却する可能性もある企業であることは忘れてはいけません。

 
コンフォリア・レジデンシャル 

種別 住居型リート3282

どんなリートか

東急不動産がスポンサーの住居型J-REITです。投資エリアは東京圏であり、9割以上を東京圏が占めている。東急不動産が開発するコンフォリア名の物件であり、コンパクト・シングル住居が中心となる。資産規模は3,000億円超。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

5,650円入金されました

NISA口座でした

 

4/24現在株価
331,500円

 

年間予定分配金
1月 5,650円実現

7月 5,660円予定

1月 5,670円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
3.42%

コメント
やはり住居系の都心型物件は3.5%前後利回りです。東急不動産の知名度もあり、大化けしないが安心して保有できるリートです。

 

 
イオンリート投資法人    

種別 商業型リート3292

どんなリートか

あのイオングループが運営するイオンだけのJ-REITです。運用先の多くはイオンモールなどの大規模商業施設であり80%以上、その他のイオン商業施設やイオン物流施設が30%以下という方針で運営している(海外にも2物件あり)。資産規模は4,690億円。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

10,703円入金されました

特定口座でした

 

4/24現在株価
137,400円

 

年間予定分配金
1月 3,350円実現

7月 3,340円予定

1月 3,350円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
4.87%

コメント
いわずと知れたイオンの専用リートです。GMSが業界不振の中でも、勝ち組として全国に展開しており安定感が高い。2050年問題など地方の人口減少は、大型物件なので将来リスクになる懸念もある。

 

 
ヘルスケア&メディカル投資法人

種別 ヘルス型リート 3455

どんなリートか

介護事業のシップヘルスケアホールディングス、三井住友銀行、NECキャピタルソリューションを主要スポンサーとするヘルスケア施設特化型J-REITです。75%が有料老人ホームであり、現在は物件取得合戦になっている。三大都市圏(首都圏、近畿圏、中部圏)を組入80%以上とする方針を掲げ、資産規模は小ぶりな792億円。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

5,285円入金されました

特定口座でした

 

4/24現在株価
131,700円

 

年間予定分配金
1月 3,235円実現

7月 3,235円予定

1月 3,175円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
4.87%

コメント
介護関連は物件取得合戦が続く。しかし稼働率がほぼ100%確保ができるのは魅力的。介護施設であり、賃料値上げには困難を伴う、よってインフレやコスト増には弱いリート

 
サムティ・レジデンシャル  

種別 住居型リート 3459

どんなリートか

関西サムティグループが中心スポンサーとなるJ-REITです。サムティが得意とするシングル・コンパクトタイプ住宅への投資であり、地方都市が8割と主な対象としているために高い利回りが実現されています。都市部でなくても準都市部となる地方都市をターゲットをして資産規模1,640億円を実現。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

5,682円入金されました

NISA口座でした

 

4/24現在株価
108,000円

 

年間予定分配金
1月 2,841円実現

7月 2,592円予定

1月 2,621円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
4.83%

コメント
サムティは不動産開発を中心にさまざまな事業を行っていますが、リートの中で地方都市への特化はハイリターンの実現が出来ます。ただし出口売却戦略などは地方故に地価下落時には弱く、注意が必要です。

 

 
東海道リート投資法人  

種別 総合型リート 2989

どんなリートか

東海道エリアに重点特化するJ-REIT。東海といえば静岡県であり、静岡を核として愛知・三重県の3県への投資比率を60%以上としている。通常のリートと異なり、スポンサーは不動産デベロッパーのヨシコン(JD上場)をコアに、地場の9社から組成されている。対象は、物流施設や底地とともにオフィスビル「産業インフラ」と、住宅・商業施設の底地等「生活インフラ」の2つに区分している。 資産規模は452億円。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

8,012円入金されました

特定口座でした

 

4/24現在株価
126,600円

 

年間予定分配金
1月 3,351円実現

7月 3,255円予定

1月 3,380円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
5.24%

コメント
東海道の地場ならではの案件獲得が特徴のリートであり、上場経過年も最も浅いリートながら、分配金の上昇と高い利回りを現段階では実現しています。ディベロッパーの信頼度不透明と南海トラフ巨大地震などの懸念エリアですから、重点投資ではなく分散高利回りとして捉えてみたら如何でしょう。

 

 
エスコンジャパンリート 

種別 総合型リート 2971

どんなリートか

日本エスコンがスポンサーのJ-REIT。中部電力の連結子会社でもあり親会社もサポート会社にて物件情報提供等を行っている。投資方針は首都圏、近畿圏、中京圏、福岡県、北海道圏の生活密着型商業施設(底地含む)と住宅(20%以下)、ヘルスケア施設、教育施設、ホテル、物流施設を投資対象としている。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

7,715円入金されました

特定口座でした

 

4/24現在株価
127,200円

 

年間予定分配金
1月 3,227円実現

7月 3,130円予定

1月 3,174円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
4.96%

コメント

2022年に運用会社が3か月の行政処分を受けており、大きく価格が下落して株主に対して不利益を行った。原因は親会社との物件調達に関わる鑑定評価額の意図的な変更で、いわゆる親会社の言い値での物件購入に対する処分でした。この行政処分が気になる人は購入を避ける事もあるでしょう。

 

 
三井不動産ロジスティクスパーク  

種別 物流型リート 3471

どんなリートか

優良三井不動産をスポンサーとする物流J-REITです。物流施設への投資に加えてポートフォリオの20%以内でデータセンター等のインダストリアル投資も行うとされている。資産規模は三井としてはまだ小ぶりな3,724億円、分配金も右肩上がりであり、今後の成長に期待できる。

 

決算月と分配月

1月決算の分配4月と7月決算の分配10月の入金

 

今回の入金された分配金

14,684円入金されました

特定口座でした

 

4/24現在株価
447,500円

 

年間予定分配金
1月 8,898円実現

7月 9,214円予定

1月 9,313円予定(2025年)

 

年間予定分配金利回り
4.14%

コメント
三井の冠がついた物流リートであり、好感度は高い。分配金も外部成長と共に拡大し続けており、今後も安定的な運用に期待できる。現在、物流関連は価格調整が進んでおり、購入チャンスには買い増ししたい銘柄です。

 

 
 
 

債券のインカムゲイン収入を報告

 
 
 米国債券利付債 

種別 米国ドル建て債券

どんな債券か

運用の中心は米国債券です。それは現在高利回りであり、特に米国政府が発行する国債は世界で最も安全な債券と言われています。発行はストリップス債というゼロクーポン債と利付債の2種類ですが、インカム投資家として利付債を運用しています。これ以外にも日本企業が発行する米国債券利付債にも投資しています。

 

決算月と分配月

年間2回の分配金

 

今回の入金された分配金  当月は該当なし

ドル入金はありませんでした

(0円換算/155円ドル円台で推移)

※当月、債券からの利金入金はありませんでした。

 

当月リート・債券からの入金まとめ

 
当月リート・債券インカムゲイン合計 131,126円 でした
 
手取りでリートだけで13万円のインカムゲインは上出来だといえるでしょう。
 
≪補足≫
 
※これ以外にインカムゲインとしては米国ETFファンドと不動産投資の家賃からも入金がありました。
・BLV 米国長期債ETF
・BND 米国長期債券ETF
・PFF  優先株式&インカム証券ETF
 
・ソーシャルレンディング
・ワンルーム不動産投資家賃収入
 
FPがバインダーを持ち指差ししている。
 

アセットアロケーションがインカムを安定

 
インカムゲインは、不労所得のひとつです。
 
これは労働の直接的対価として得る賃金・報酬以外による所得のことで、 自分自身が労働することなく得られる所得、お金が働くとも言い換えることもできます。
 
不労所得の多くは資産が働くことで生み出すことで得られる利益(インカムゲイン)として得ることができます。特にインカムゲインの安定しては株式・債券・現物資産を持つことが有効だとされています。
 
 
資産3分法を活用したポジション
4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】
 
ポートフォリオと運用資産の配分を決めて投資する方法には、株式6:債券4など家計の事情や年代リスクレベルにより異なりますので、資産運用に強いFPに相談されるとよいでしょう。
 
 
株式6:債券4のクラッシックポジション
4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】
 
資産運用は、『長期・分散・積立て』が基本ですが、これは全ての方に当てはまるわけではなく、FPからの中立的なアドバイスや情報提供は長期的な資産形成にも大きくプラスになる筈です。
 
年齢が20代でしたら、リートよりも株式投資や積立投資が向いてるでしょうし、米国株式などもターゲットに入ります。ドル建ての資産を持つのは円安の中でもリスクヘッジになるでしょう。
 
株式100%(米国)のハイリスクポジション
米国株式100ぇのアセットアロケーション
 
自分に合ったポートフォリオづくりは大変です。何故ならば、預貯金・運用資産・保有不動産や保険・収入と支出やローン・将来の年金など加味した最善のポートフォリオを作るのは自分ひとりでは非常に難しい作業です。
 
お金のホームドクターFPのアドバイスを参考にしながら、あなたにとって最適なポートフォリオを考える事は、ある意味近道だといえます。長期的な資産運用を正しい方法で行えれば、多くの方が資産が増えていくことでしょう。
 

下町FPクリック

メールでのお問い合わせはこちら

問い合わせ

 

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

     
     
     
     

     

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    まずはFPに聞いてみたいという方はここから (クリックで画面移動します)

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    より具体的な相談に特化して聞いてみたい方 特におすすめ

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    個別に顔を見て資料なども含めたWEB面談をしたいという方に最適。(1h)

    全国どこからでもリモート可能です。(最も指名が多く人気です(初回のみ最大1.5h)

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    オールインワンの基本パック(個別WEB面談+ライフプラン+提案書)FPコンサルの王道

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

     

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    FP事務所トータルサポートは、日本FP協会が提唱する人生100年家計戦略を家計改善・貯蓄・運用からフォローします。FIRE実現を側面からコンサルティングとノウハウで応援いたします。

     

    FP事務所トータルサポートからご挨拶

     

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】  

     

    数あるファイナンシャルプランナー事務所から当事務所への訪問ありがとうございます。トータルサポート代表の横谷です。

     

    当事務所は、保険も金融商品も販売しない、コンサルタントのみで開業している数少ない『独立系非販売』のFP事務所です。当所の特徴は、国家資格のFP資格とともに実際の資産運用を行っている現役の投資家でもある点です。

     

    人生の3大資金といわれる『教育資金』『住宅資金』『老後資金』などの資産形成やFIREと言われる早期リタイアの為の資産形成などの運用対策や貯蓄対策を中心にして活動しています。

     

    1. 資産形成に挑戦したい方
    2. 資産運用を始めたい、やられている方
    3. FIREやリタイアメントを考えている方

     

    そんな方には最適なファイナンシャルプランナーです。

     

    自身もFIREと言われる経済的自立とともに資産運用を行っており、現在いろいろな運用先から年間400万円を超える配当・分配金などのインカム収入を得ています、その経験やノウハウもコンサルティングで活用しています。

     
     

    FP事務所ナビゲーション

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    詳しくは下の各メニューをクリックしていただき、いろいろご確認ください。

     

    代表プロフィール

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    FP事務所トータルサポートの特徴

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    早期リタイアFIRE実現サポートの検証

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    資産形成・資産運用

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    お金の健康診断ライフプラン作成

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    ライフプランシュミレーター比較

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    FP相談のいろいろな事例

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    コンサル後の相談者様の声

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    FPコンサルの料金体系

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    お問い合わせについて

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    FP監修本『最新版 お金の教科書』

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    プライバシーポリシー/個人情報保護

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

     

    4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

     

      (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

       

      4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】   

      お金の基本の学習が出来ます。

       

      4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

       

      ご連絡、お待ちしています。

      4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

       

         4月度 インカム不労所得13万円をNISA成長投資で実現【FPブログ】

      にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ FPランキング

      閲覧ありがとうございました。最後にFPランクキング投票に参加ください。