FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 家計改善 > 【下町FP】30代からの資産運用はベストタイミングなのか

【下町FP】30代からの資産運用はベストタイミングなのか

 

 


20代から貯金や本格的な資産形成が出来ればいいのですが、ついつい車や趣味や通信費や旅行と誘惑が多い年代です。もちろん給与所得もまだまだの方も多く、なかなかそこまで進める方は2割程度でしょう。そうは言っても僕の知り合いでも30歳前に800万円、30代前半には1,000万円を軽く超える貯蓄を積立だけで貯めた女性を知っていますから使い方ひとつとも言えます。

 

そうこうするうちに、あなたは30代になってしまいました。いよいよ30代、将来への資産運用を始めたいと思っている方も多い筈です。あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。今日は30代からの資産形成の話です。
 

そうはいっても、一体どこから手を付ければ良いのでしょうか、何をしたらよいのか、誰に聞いたら良いのかわからないのが普通でしょう。仕方なくヤフー先生やグーグル先生に聞いてみたものの、その情報は正しいものと、誤っているものとも、平気で混在しているのが実態なのです。金融機関や投資アドバイザーのホームページ見ても「我田引水」の素晴らしいセールストークや成功経験者の談話などが溢れています。

 

では、まずはと銀行や証券会社や投資商品代理店に行って「おすすめ」を聞いても、丸腰で行ってしまうと待っていましたと、知らない商品を勧められそうで怖いです。収益が取れる、セールスが儲かる商品と資産運用に優れた商品とは、手数料・将来長期運用と全く異なるのです。行かなければよかったと後悔する方も多いのも事実です。

 

 


なぜみなさん商品選びで悩むのでしょうか? この悩みは、学ぶ機会や経験がないから起こっています。学校で金融投資教育を受けているわけでもなく、経験がなく我流でスタートしてしまう事も仕方のないことでしょう。でも、ある程度の知識を持って運用への第一歩を踏み出たほうが資産形成の近道なのは本当です。良い話は無料のネットにはなかなかありません。自分の足で歩き、学び、経験を積むことが大事なのです。ですからその第一歩が踏み出せないのだと思います。

 

下町FPライトメルマガは、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

 

貯金だけでは資産を守れない

 

資産案用をしていない方は、投資をして大切なお金が減るかもしれないリスクにさらすよりも、銀行に貯金する、定期預金を開設する等が貯蓄行動と考えているのだと思います。

 

しかし今の時代を考えてみて下さい。今は預金では資産は増やせない時代です。預金だけでは資産は守れない時代なのです。ご存じの通り、現在の預金の利息は、0.001%と限りなくゼロに近く、預金では資産を増やせないのはすぐにわかると思います。

 

資産を守るという観点で今の日本を見てみますと、今は1%弱の低インフレなのですが、政府はいまだにデフレ脱却として、インフレ率2%を目標にしたインフレ誘導策を実施しています。それでも様々な要因で停滞しています。

 

日銀も政策的にもインフレ推進していますから、いざインフレ時代となった時には預金しているお金の価値が減っていく事になるのです。ですから預金だけでは資産は守れないのです。お分かりいただけましたでしょうか。

 

 

ではどうすれば資産を守れるのでしょうか?。株式投資と言う手段であったり、それらを活用した投資信託と言う方法もあります。株式資産運用を行っているのは、お金持ちの富裕層だけではありません。裕福な人が株を買うと思っている方が多いのですが、実はその逆が多いのです。もちろん世襲や相続で株式を持つ富裕層も多いのは事実ですが、株を買う事で裕福になると考えて行動した人が結果として資産を築いた人も多いのです。

 

日本の預金総額は世界一とも言われ、ゆうに1,000兆円にもなると言われています。また、資産に占める貯金の割合は、世界に類を見ない高水準です。私たち日本人は資産の多くを愚直に、真面目にコツコツと預金で持つといった習慣が身に付いているのでしょうか。いえ、そうではなくバブル崩壊前後まで金利が高いインフレが続いており、預金だけでも充分資産が増えたからだと思っています。

 

ところが今の時代は、預金では自分の資産が守れない時代となっているのですが、スイッチングが出来ていないだけなのです。自分の資産を守るという事は、預金だけでは不十分だと気づく事が、必然的に資産運用を選択する事に繋がるのではないかと思います。

 

まずは運用の目的、何のための運用なのかを明確にしましょう。人生の3大資金とされる子どもの教育費、住宅購入費、老後の費用に備えるなどと、いろいろな目的があるかと思います。目的さえ明確にできれば、それに必要な資金・金額が決まってきます。それをいつまでに準備したいかを考えることで、運用に対するスタンスが見えてくるでしょう。
 

 

30代の資産運用はこの辺りからスタートを

 


そこで登場するのが長期の資産形成です。NISAやiDeCoという言葉は聞いたことがあるかと思います。資産運用の方法は数多くあるものの、金融庁が力を入れている節税効果のある投資はこれであり、この商品から始めるのが間違いがないと思います。はじめの一歩をまずは始めませんか?

 


1.NISA(少額投資非課税制度 5年、年間120万円まで)

またはつみたてNISA(20年、年間40万円まで)


2.iDeCo(個人型確定拠出年金)60歳になるまで、年間約14万円~82万円(職業により異なります)
 

 
<注意点です>
NISAとつみたてNISAは、同じ年内での両方は投資できません。
iDeCoは、60歳まで引き出しできません。積立ても変更しても最低5,000円が毎月継続となります。企業型確定拠出年金に加入していると投資できない場合もあります。
 
 

 

 

選択は60歳まで継続する覚悟があればiDeCoであり、資産形成で解約や売却も視野に入れるのならNISAだと言えるでしょう。特につみたてNISAは初心者向きの比較的安全なインデックスファンドが充実しています。一方iDeCoは元本保証商品や優秀なインデックスファンドも入っていますが、長期運用としてどうかと思える「地雷商品」もないわけではありません。

 

インデックスファンドの資産成長には相当の時間が掛かります。過去の実績からすると長期継続にて負けにくいとされていますが、時間が無い方や今回のテーマのように30代の方は、いっぱい働いて投資資金を作りその利益を再投資するリスクを取ってもいいでしょう。その見返りが大きなリターンとなるかもしれません。

 

その為には、国内株式から始めてみるのも方法です。もちろん個別の株式が一番ハイリターンで勉強にもなりますすが、どうしても難しいのでしたら、日本株の「投資信託」ほ選択するのも方法と言えます。日本株の「インデックス型」ファンドとなり、日本市場の特定指標に連動するように仕組まれた商品で、日経平均や東証株価指数(TOPIX)などの指標に連動する投資信託を買ってみるのも方法でしょう。将来性では米国ははずせません。
 

インデックス型投資信託でのお勧めとしては、日本を除く世界株式に分散投資するもの、米国株式であるS&P500に投資するもの、特に有名なものとしてはeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)等があり、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リートおよび先進国リートへ実質的な投資を行うものもあります。

 

ファンドで大切な事は管理費用です。このファンドあたりでは一年間の管理費用は、0.154%と低く抑えられており、世界市場に投資が出来る優れた投資信託です。管理費用は長期投資では出来るだけ低いほうが有利です。0.5%も最近では高いほうです。つまり10年で投資総額の0.5%×10=5%を持って行かれてしまうという事で致命傷になりかねないコストです。購入時と管理コストもチェックしてから買うと良いでしょう。

 

 

iDeCoやNISAは投資リスクのある商品です

 

政府はこれら商品設計の元になっている考えのひとつに、経済成長のために家計の金融資産を有効活用(家計からの成長資金の供給拡大)という考え方があります。

 

特にNISAは金融庁が、iDeCoは厚労省のホームページにより詳しく書いてあります。

金融庁のNISA
NISA(金融庁)

厚労省のiDeCo
iDeCo(厚生労働省)

 

これらの商品の優位性として優遇税制がありますし、政府機関がある意味では資産形成の手段として推奨している節もあります。ただし忘れてならないのは、これは単純に証券会社などが販売している投資商品に過ぎないという事です。優遇税制目的で運用するのは本末転倒ですから注意ください。

 

あくまで運用して利益が出てこその優遇税制適用です。個人型確定拠出年金とか少額非課税とか紛らわしい名前が付いていますから安全な商品と勘違いする方もいますが、これらは税制優遇が付いている単なる投資商品です。市場全体が落ち込む、バブル崩壊のような下落が起これば、間違いなく半値になってしまう事は忘れないでください。

 

リターンとリスクは表裏一体です。投資である以上、半分無くなっても継続投資できるお金のみを投入してください。今回のコロナ暴落ような事態は10年サイクルでは必ず起こります。これからは10年で3回起こるかもしれません。それでも今までの実績では投資を続けたほうが成功確率が高まるのです。逆にそのリスクが取れないのなら地道に積立貯金や財形貯蓄をやるしかありません。少なくとも何も手を打たずに動かないのが、最大のリスクだと知っていただき、進む道を考えてみたらどうでしょうか。

 

 

ここに文章

ポイント


投資は、登山をする際に、山の高さやルートを事前に調べて計画を立てるのと似ています。これで目標とする金額(山の高さ)と運用期間(登頂ルート)が決めて、必要な装備を
整えましょう。


FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで
申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

 

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW