FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 貯蓄節約 > 【下町FPライトメルマガ】知っておいて損なし、為替交換手数料

【下町FPライトメルマガ】知っておいて損なし、為替交換手数料

 

 

私たちが外貨を利用するシーンは限られています。一番は海外旅行の時に現地通貨を事前に調達する時だと思います。海外でのちょっとした買い物をするために、あるいは現地での交通費やチップの支払いと現地通貨が使われます。その為には外貨に何処かで両替をします。

 

 

こんにちは、あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。今日は外貨両替のレートの話です。

 

海外旅行以外で外貨が必要になるシーンはふたつに大きく分けられます。一つは預金、そう外貨による預金です。ほとんどの銀行で外貨預金の取り扱いをしています。メリットとしては預入金利が日本に比べて高い通貨が多い事でしょう。もちろん為替リスクと引き換えです。

 

 

二つ目は投資の領域です。外国国債・外国株式・外国ファンドなどに投資をするのには、その国の通貨が必要になるからです。

そんなタイミングで必要となる外貨ですが、私たちは両替と言う手段で外貨と交換しています。

 

 

両替には様々な手数料が掛かっているのをご存じでしたか? 両替する場所によってレートや手数料が大きく違うのです。

今回は、この両替に関わる手数料について考えてみましょう。

 

 

特に今回は交換レートを中心に考えてゆきたいと思います。下町FPライトメルマガは、簡単なワンポイントお金のお得情報を中心に発信しています。

 

 

外貨交換の注意すべき点は為替手数料だった

 

TTSとTTBとTTM、TT3兄弟のようなものです?? これは、為替レートの兄弟です。

 

 

この3つの意味や違いとか、各々の関係性とかが為替の手数料に大きく影響をするのです。例えば、円をドルなどの外貨に交換するという事は、持っている円通貨を売ってドル外貨を買う、つまり・・・交換するという事です。

 

 

一方、ドルを円に交換するという事は、持っているドル外貨を売って円という通貨を買う事になります。交換には常に両替行為が伴います。空港両替所や銀行窓口には、今日の両替レートが掲示されています。これが為替レートがくせ者なのです。

 

 

そこには手持ち通貨からの両替をするレートが記載されています。よくよく見ると場合によってはTTSやTTBといった為替レートを目にすることもあると思います。また、TTMという為替レートを目にする場合もあります。これは何なのでしょうか?

 

 

外貨を買う時にはTTS、外貨を売る時にはTTBの為替レートが適用されるのですが、TTSとTTBとTTMの意味とその違い、外国為替の手数料についてこれから説明します。TTSとTTBとTTMの関係について、米ドルを例にして考えると次のようになります。

 

 

基準となるTTMが1ドル=100円としています。外貨に両替する時には、円を売って(Sell)ドルを買うレートTTSレートを使います。ここでは101円です。例えば家族で海外旅行で買い物をするのに1000ドル現金を持って行くとしますと、TTSが101円ですから、10万1千円支払って両替交換をします。

 

 

 

ドル1000ドルを調達するのには・・・・

1,000ドル×101円=101,000円必要となります。

 

では、この表の真ん中にある市場レートTTMはどんな時に使われるのでしょうか、TT3グループの関係について次に考えてみましょう。

 

 

TT3兄弟、グループの相互関係とは

 

 

もう一度、上の表を見て下さい。

 

TTMとは、Telegraphic Transfer Middle (rate)を略したものです。対顧客電信仲値と言って、金融機関が顧客と外貨の売買を行う時の基準となる為替レートの事です。これは、外国為替市場の為替レートを踏まえて毎日変動しながら決定されています。

 

 

実は外国為替市場と言いましたが、実際の市場はありません。外国為替取引はインターネットを通じて世界で24時間取引が行われています。株式市場のように実際の市場もあり、時間を決めて取引がされているわけではありません。時間帯に中心となって取引を行う地域が存在するエリア(国)のことを指しているだけです。

 

 

TTMは、金融機関が毎朝午前9時55分頃の為替レートを参考に決定されているのです。これは統一のものではなく、金融機関によって差が生じることもあります。ただし、この仲値を設定してから為替レートが1円以上の変動があった場合などは、改めて仲値が定められる仕組みです。

 

なぜ銀行はこんな仲値をわざわざ使うのでしょう?それは、実際の為替レートが、市場の動きに合わせて刻一刻と変動しているからです。銀行などの金融機関にとって、刻一刻と変動してしまうレートは取扱いが難しい為、1日固定の仲値レートを定めているのです。

 

 

TTBやTTSは、このTTMのレートに独自の手数料を加減したレートになります。繰り返しになりますが、TTSは持っている円を外貨に替える為替レート、つまり外貨を買う時の為替レートです。TTSはTelegraphic Transfer Selling (rate)の略で、対顧客電信売レートのことです。これは銀行などの金融機関側から見ると、顧客に外貨を売る(Sell)場合の為替レートになります。

 

 

このTTSはTTM(仲値)が基準となり、何円かの手数料が上乗せされて決定されます。仲値に対して割高な価格で外貨を売ることで、知らないまま手数料を徴収する仕掛けなのです。

 

 

例えば、ドルのTTMが1ドル=100円だった場合には、1円の手数料が上乗せされ、私たちの交換レートは1ドル=101円となると言ったような仕組みです。為替市場でドルが買えればTTM(仲値)の100円を払えば買えるはずが、1円が上乗せされて101円を支払っているのです。手数料は通貨によって異なります。マイナーな通貨は5円やそれ以上、上乗せされています。

 

同様にTTBも同じ仕組みで動いています。TTBは、持っている外貨を円に替える為替レートになります。TTBはTelegraphic Transfer Buying (rate)の略で、金融機関側から見ると、顧客から外貨を買う(Buy)時の為替レートになります。

 

 

TTBも同様です。ドルのTTMが1ドル=100円だった時に、1円の手数料が差し引かれて1ドル=99円で両替となります。1円が手数料として差し引かれて99円しか貰えないのです。

 

たかが1円と思うでしょうが、TTMが1ドル100円の時、1万ドルを両替するとTTSとして101円が適用され101万円掛かります。手数料は1万円にもなります。逆に1万ドルを円に両替するとTTSは99円です。受取は99万円です。

 

これらの手数料は銀行・空港の両替店、国内宅配サービス、現地空港、現地ホテルと両替手数料込みのレートは皆異なります。

 

 

外貨の売買には知らずに手数料がかかっている

 

外貨を買ったり売ったりする時に別建てで手数料を徴収されている訳ではないので、両替はレート通りで無料だと思ってしまいがちです。とかし実は、手数料がしっかりかかっています。一日に同じ金融機関で円でドルに交換した後ドルを円に交換すると倍の額の為替手数料を支払っている事になります。

 

もちろん店舗を構えて為替業務を銀行や金融機関が人件費を掛け、設備を準備し行うものですから、ボランティアにはなりません。知らないうちに大きな手数料を払っているのです。でも、この点を意識しないと手数料がいくら位なのかすら意識しづらいのです。

 

 

 

しかしこの手数料はいくらですと別建てで請求されるものではありません。手数料は、為替レートに含まれているので、別途為替手数料を徴収されることがなく気付かないのです。買いと売りの為替レートに差をつけて、手数料として徴収している事とコストを忘れないようにしましょう。

両替と言えば銀行だが、手数料は高く国内空港両替のほうが低い傾向がある。現地空港はもっと安い事が多い。

 

☞ポイント

手数料はレートに含まれており、金融機関によってまちまち、気づかず高い手数料を支払っている事があるので注意。

 

 

  • TT3兄弟が基本となって為替レートは成り立っている事を知り、交換レートをよく見ましょう。(TTM/TTS/TTB)
  • 今回はレートと手数料の話でしたが、両替窓口のお得な方法としてFX(外国為替証拠金取引)の活用や一部の銀行では非常に低い手数料の銀行や現地カード決済などもあります。
  • たかが1円ですが、金額が大きくなると大きな手数料にもなります。金額の大きな両替の時は気を使うとお得です。
  • マイナー通貨は海外で使い切らないで日本で円に戻すと、恐ろしいくらいの手数料が掛かりますので注意、使い切るか現地両替で。

 

まとめ

  • TTSとは円を外貨に交換する時の為替レート、TTBは外貨を円に交換する時の為替レートで、TTMはTTSやTTBを決める際の基準となる為替レートです。
  • TTSとTTBの為替レートには差がありますが、TTSとTTBの差は銀行などの金融機関が得る為替手数料です。

 

特に資産運用などで外貨を両替する時などは、大きな手数料が知らずに発生しています。例えば外国国債や外国株式等の運用、海外預金などそんな時はFPに相談することで、お得な運用や経費削減が出来ることもあります。

 

FPを様々なお金の相談・心配シーンでの解決に味方にしてみませんか。

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

■無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW