FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 貯蓄節約 > 【下町FPライトメルマガ】円安・円高、今一つ分かりづらいのは何故

【下町FPライトメルマガ】円安・円高、今一つ分かりづらいのは何故

 

 

あなたのお金の心配を解消して、マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

新型コロナでは株価もさることながら為替もガヤガヤしています。円安から円高っと思ったらヨコヨコ、円安とこれって何なのでしょうか?

 

 

以前円高・円安についての定義を100名弱の方にアンケート質問の形で聞いたことがあります。いくつもの設問のひとつでしたが、正解率は・・・

 

約6割でした。確かに私たちの買い物ではドルやユーロや豪ドルを直接使う事は少ないですから4割の方は何だか分からない、分からなくても困りませんよね。

 

 

でも、海外旅行に行く時などは外貨を意識してしまいます。外国に行くためには、パスポートはもちろんのこと、食事したり、ツアー参加したり、お土産を買ったりと訪問国のお金が必要になります。

 


それぞれ世界各国には様々な通貨がその国で流通しています。アメリカなら「USドル」、フランスやイタリアなら「ユーロ」、韓国なら「ウォン」と、それぞれの国で使われている通貨があります。

 

 

この通貨はどういった仕組みで円と交換されてゆくのか、いわゆる円高・円安とは何を指して私たちの生活にどうかかわってくるのか考えてみましょう。

 

 

ライトメルマガは、簡単なワンポイントお金のお得情報を中心に発信しています。

 

 

ややこしさは、主役の通貨の見方の違いでした。

 

投資をしていないと、海外旅行をするときぐらいしか為替レートが気になるタイミングがないですが、為替レートは常に動き続けています。お昼のNHKニュースでは今日の株式市況や為替について必ずアナウンスがあります。0.5円高です・・・何でしょうか?

 

 

益々、分からなくなりました。

 

 

100円が105円になったので円安、105円が100円になったので円高。

逆じゃないの? やっぱり分かりません。

 

本当にややこしい言い回しです。これは今1ドルを買うために必要な日本円はいくらになったのかという表現と日本円の価値が今どの位なのかの二つの意味をワンセンテンスで説明しているからだと思います。

もう一度先程のドル円レートを紐解いてみましょう。

まず、1ドル=100円を基準として

1ドル=105円
1ドル=95円になったときのことを考えてみます。まずはドルを主体としての基準で見てみましょう。

 

 

1ドル=105円とは「100円に対してドルの価値が安くなっている」のでドルが高くなったと言えます。

今まで1ドルを買うのに100円掛かったのが、今は1ドルで105円まで買える。つまり、ドルの価値が上がった、購買力が強まったと言えます。

 


1ドル=100円が基準です。

 

1ドル=95円は「100円に対してドルの価値が高くなっている」のでドルが安くなったと言えます。

今まで1ドルを買うのに100円掛かったのが、今は1ドルで95円しか買えない。つまり、ドルの価値が下がって、購買力が弱くなったと言えます。

 

 

これは、ドル基準での見方です。ドルの価値の変化をベースとした見たときの考え方ですね。

 

 

ドル基準レートを円ベースで説明する混乱

 

 

それでは今度は、円を基準に見てみましょう。主役は円ですからで100円でドルはいくら買えるかに変換して考えてみましょう。

 

 

1ドル=100円の時、円基準に変換すると・・・100円で1.0ドルが買え釣り合う

 

1ドル=105円の時、円基準に変換すると・・・100円で0.95ドルが買える 円が安くなり、買えるドルが減った
1ドル=  95円の時、円基準に変換すると・・・100円で1.05ドルが買える 円が高くなり、買えるドルが増えた

 

 

つまり、円基準で見てみると

100円= 1.0ドル  基準とします

 

100円が0.95ドルは「円の価値が低くなった」ので円安

100円が1.05ドルは「円の価値が高くなった」ので円高 と円基準で考える時は、変換が必要になります。

 

 

 

多くの方が混乱するドル円のレートの見方・考え方はテレビなどでのアナウンスにもややこしく感じる理由があったのです。

ネットや新聞での為替の表記は、ドルが基準で1ドル=100円の表示が普通です。100円=1ドルとは言いません。

 

 

口頭でこの為替レートを説明する時は円を基準にした表現になっているのです。「円高になりました」「円安になりした」などや

「ドル高になりました」「ドル安です」ならばシンプルなのですが、あべこべな使い方をしているのが混乱の原因だったのです。

 

 

本来は、1ドル〇〇〇円といったドルを基準にした表記なのに、円高、円安といった円基準の説明をしており、本来のドル高、ドル安といったドル基準説明ならば、ややこしいことにはならないと思います。でも、円基準のややこしい説明が日本では定着してしまったのです。

 

 

為替レートが動く要因について

 

為替の変動要素として、国と国との購買・購買力の変動があります。

 

■輸出入による影響

需要(買いたい)と供給(売りたい)のバランスで決まります。

例えば、貿易です。日本の企業がアメリカに製品を輸出すると、その代金はドルで受取ります。一方、日本国内で製品を作る時は、賃金や材料費を支払うのには円が必要になります。したがって、受取ったドルを売って円に替えなければなりません。

 

 

この場合、日本の輸出企業は「ドルを売って円を買う」という取引を行います。輸出が増えると、円の需要が高まり、為替相場は円高・米ドル安の方向に進む可能性が高くなります。

 

 

逆に、日本の企業がアメリカから製品を輸入した場合、代金をドルで支払う事になります。すると手持ちの円を米ドルに替えます。「円を売ってドルを買う」取引が行われ、円安・米ドル高の要因にもなります。

 

 

■投資家の影響

「アメリカの景気が悪くなりました!」「貿易収支が赤字になった」=景気刺激策として金利を下げよう。
 

 

ネガティブな情報が特定の国に流れると、世界中の投資家や機関投資家が「危ないからその国の通貨を手放そう」と判断して、その国の通貨が売られたりします。代わりにより安全な通貨を探し、例えば円を買うといった行動が出ます。

 

するとそのドル通貨の価値が安くなるので「ドル安・円高」方向へ為替レートが変化したりします

 

 

円高・円安を簡単に覚えたいときは

「円の金額が低くなった」→円高 、「円の金額が高くなった」→円安という風に逆にして考えて覚えておくのもいいかねしれません。

 

これで円安・円高の意味と見方、メカニズムはお分かりいただけましたか?

☞ポイント

 

冒頭に書きましたが、日本にいると為替レートとは関係がない生活をしていると思ってしまいますが、それは勘違いです。為替レートとは生活と密着した関係があります。

 

■円安方向に進むと…

<メリット>
・外貨預金、外貨投資をしていると円に換算すると得をします 

<デメリット>
・輸入品の価格が上がります。原油も高くなり、物流コスト、ガス料金や電気代も値上りします。
・海外旅行やブランド品や輸入車が高くなります

 

■円高方向に進むと…

<メリット>
・海外購買力が上がり、海外旅行やブランド品・輸入品が全般に安くなります。

・原油が安くなりガス料金や電気代が安くなります。

<デメリット>
・輸出製品が高くなり売りにくくなります。

・輸出不振により景気後退や不況になりやすい。

 

円高・円安を活用した資産運用を外貨で行う方法もあります。外貨預金、FX、海外投資(預金・株式・ファンド・保険・債券)など利用方法によっては効率の良い運用にもなります。外貨を扱うという事はリスクを取るという事です。

 

資産運用の必要性はそれぞれ個人の状況やリスク許容度を確認してから始めるのが正攻法でしょう。もし、不安でしたらFPを味方に付けて下さい。きっとお役に立てるはずです。

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

■無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

    ■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

     

    登録はここをクリック

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

    登録は メルマガを申し込む

     

    解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW