FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > ライトメルマガ > 【下町FPライトメルマガ】米国債、質への逃避が進行中

【下町FPライトメルマガ】米国債、質への逃避が進行中

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

10年もの米国国債の利回りが1%を割り込んでいますね。0.7%台、こんな低利回り初めてみました。買われている、売れているという事です。

 

質への逃避が起こっています。マスクだけでなく、トイレットペーパーが一時、店頭から消えました。

ウィルスに対抗するためには、免疫力強化がいい、納豆がいい、とTVが言えば、スーパーから納豆が消える。

 

 

今や世の中は、右往左往しています。

マスクはいるのかいらないのか? TPOで使えば、今の何分の1の使用量で十分だとか。情報の氾濫です。

 

 

購買とか株価とかは、噂で買われて事実で売られるとも言われます。今後の事実を見極めましょう。

 

 

本日は、下町FPライトメルマガの情報・・FP視点で見た、ワンポイントお金のお得情報をタイムリーに発信しています。

 

 

トイレットペーパーはなぜ消えた

 

マスクがない、日々TVでやっています。ツイッターでもマスク発見!!のツイートや直販をやっているメーカーサイトでも毎日販売をしていますが、数分でなくなる状況です。

 

 

トイレットペーパーや手洗い洗剤、納豆は、在庫がある・・デマとは思いながら、いざスーパーに行ってみるとない。

 

 

自分もバカだなぁと思いながらも、心配で買いこむ。ないと困るという心理、みんなが買い込んでいるという現実。今、ここにある、マスクの二の舞になりたくないといった思いが行動になっているのでしょう。

 

 

 

スーパーの棚は、コンビニの棚は、ドラッグストアーの棚がいつもあるものがガラガラ。店頭の300円のトイレットペーパーが、64円特売の納豆がスーパーの棚にないという事実が起こってしまいました。

 

 

昔、TVで「あの頃は的な・・TVで」トイレットペーパーを買い込み、見つけては買い込み、6畳の部屋が満杯になっていた写真を見ました。この話を思い出しました。今となっては笑い話が、愚かな話がまた起こっています。

 

 

なんとなく、未知への漠然とした恐怖や不安が自衛と言う行動を生んでしまいます。過剰反応にもなり、本当に困っている方が救われません。

 

 

でも、皆さん思っています。情報に踊らされているかもしれないけど、情報を持つことは有利になると。

 

 

お金の世界も同じです。誤った知識や情報と区別できずに結果、損失を抱える。騙される人が後を絶ちません。本物の情報はなかなか落ちていないんですね。

 

 

そして今回も本当に必要な医療機関に購買行動の変化で、モノが届かないという困難が発生中です。

 

自衛する私たちの行動が、医療機関や介護施設の麻痺へのリスクをまねいているという事です。これは、時間が解決するのでしょうか。

 

 

米国株価への今後のインパクトとマネーの行方

 

 

米国株価は乱高下しながら落ちています。今日の配信では、最大11%あと下落する可能性があるという報道がありました。米国株式は、2月12日の29,551ドルで、史上最高値を付けていました。

 

 

それがコロナ世界ショックで25,000ドル台に急降下、10%以上の下落になっている中での更なる下落の可能性の報道でした。

 

つまり、22,000ドルにもなりえる話です。日経平均でしたら19,000円台割れ(あと1000円ちょっと)と言う凄まじい想定株価ですね。

 

それでも、ここ数年間の上げが喪失中だけなのですが、1~2年以内に参入した方は気が気でない状況でしょう。

 

これが、3/5現在のここ10日間の米国ダウ株価の状況です。これからが本番かもしれません。

 

 

 

 

米国でも少しづつ感染者が増えています。トランプ大統領も選挙戦の中、この状況を無視できないでしょう。

 

 

驚いた米国FRBもすぐ手を打ちました。0.5%という緊急利下げで、景気下落を支えています。株価の乱高下とFRBの取った米国金利低下の影響がまた世界を回ります。

 

 

世界は何週も回って落ち着くのですが、この事態を受けて、お金は米国に向かいました。行き場を失ったマネーは米国国債に向かっています。そして冒頭話した通り、米国国債の10年物利回りが0.7%台突入と見たこともない債券が買われる状況となっています

 

 

質への逃避と日本買いが起こりにくい状況

 

米国のドルは、世界の基軸通貨として流通しています。実は円はドルで換算して計算され流通する、いわばサブ通貨です。米国債は、世界に大きな有事があると、世界の資金が集中して買われます。逆に株式は有事があると売られて、資金が逃げ出します。

 

 

そのお金の逃避先が今、米国債に集中投資されています。下のチャートを見て下さい。

ここ10年間の米国債券(10年物)です。金融危機の時よりも買い上げられ、金利が大幅に低下しました。

 

 

 

 

これは、非常事態に近い状況です。米国国債に世界のマネーが集まることを「質への逃避」と呼びます。

 

 

10年に一度程度の非常事態でもあり、変化でもあります。前回の金融危機は2008年にありました。10年に一度程度発生する非常事態の状況です。英語ではFlight to qualityと言うそうです。

 

 

今回の異常なほどの資本逃避で、くしくもアメリカ国債の安全性がまた証明されました。一方米国債券投資を考えている方にはチャンスが遠のいたことになります。

 

 

一方この金利の変化は、円とドルの関係にも変化を本来もたらすはずです。米国国債の金利(イールドカーブ)の低下は、円高を作り出すと言われます。金利が下がり、高い金利のドルを買わなくなる、ドルが弱くなったからです。

 

 

ただし、円高になれば、タイミングを見計らってドルを買い込む、待機資金ををドルで作る転換のチャンスにもなりそうです。

 

 

 

今回の米国株式の暴落と国債金利の低下にもかかわらず、円高はさほど進んでいません。100円割れとかになっていません。

 

 

今の世界の状況では90円台に風が変われば、いつ突っ込んでも不思議でないのに、意外とまだ頑張っています。

 

 

為替の専門家たちがいつも言う「リスクオフの円高」とか、「安全通貨である円に買いが集まる」というコメントは聞かれません。日本はもはや安全通貨ではなくなったのでしょうか。

 

 

コロナ対策がうまく日本が立ち回れると、安心感から円が買われて、相当の円高になる余地も残ります。また景気の悪化で企業の海外資産売却から円に戻す思惑も円高を誘発します。今後の動向が注目されます。

 

 

たしかに日本は世界最大の債券国家で、企業も世界に膨大な資産を持っています。何かあればそれを円に換金するのではという思惑も働き、円高を誘発しやすい国の特性です。また、経済の安定感も落ちぶれたとはいえ、まだまだシステム的には安心できる領域です。

 

 

今後、日銀にも金利誘導の手立てもさほどない手詰まり感もある中で、政策的な手段が限られている日本の円、究極のババ抜きとして買われるのか、信頼感の喪失で今後ヨコヨコ為替相場になるのか注目しましょう。

 

  

 

株価にも反転期にチャンスはあるものの、円高局面にも資産形成のチャンスが出てきます。

今後の懸念と機会損失は何か

 

  1. 米国株などの外貨での投資を考えている方には、円高はドル仕入れの機会提供となる。
  2. 米国金利も1%程度しか利回りが望めないという事は、外貨建ての終身や養老保険も同様となる。
  3. 日本の金融機関の有力投資先の米国国債にも陰りが出ており、保険年金とも収益懸念が出る。
  4. 為替差益を資産運用に活用してドル仕入れし、じっと待つのも長期投資では有効。

 

下げは急下降、上げに転じるのは、ゆっくりですので、様子見からの行動開始でいいのではないでしょうか。

嵐が過ぎるのを見守りましょう。

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからあなたへの支援

*****************************************************************

 

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

■無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

 

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

    ■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

    登録はここをクリック

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

     

    登録は メルマガを申し込む

     

    解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW