FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 貯蓄節約 > 【下町FP】40代の所得と貯蓄からの資産形成

【下町FP】40代の所得と貯蓄からの資産形成

 

あなたのお金に対する悩みを共に解決し、マネーストレスフリーを応援する下町FPの横谷です。

今回は40代にみる所得や貯蓄統計から資産形成について考えてみたいと思います。

 

隣りの芝どうなっているのか?

あなたのライフプランを作ってみて下さい。

 

 

今回は前回の30代に続き、40代のお金事情とスタンスについてです。

関連のシリーズ記事

30代の所得と貯蓄からの資産形成

50代所得と貯蓄からの資産形成

 

 

国税庁データによると40代前半の月収は38万円、40代後半では41万円となっており、30代に比べて更に増える世代です。住宅取得や家族・扶養手当も入りはじめます。

 

 

しかしながら、教育費・住居費などの出費も含むライフイベントが増える世代です。実は、40代は金融資産は2極化してく世代なんです。

あなたは資産形成のミドル世代と言う中、どう対応したら良いでしょうか?

 

 

 

40代後半では子供の高校、大学進学が目前に迫ってきます。

まず教育費です

文部科学省が毎年調査している子供の教育費調査があり、H30では、高校で必要な学費は、公立が約140万円、私立が約290万円でした。

 

 

次に大学では、大学生活にかかる費用は、

「国立か、私立か?」、「どの学部の進学か?」によって左右されます。

 

 

公立で539万円、私立の文系で731万円、理系で826万円(在宅通学)の用意が必要です。また、自宅から通わずアパート等を借りるとなるとさらに大きな費用が掛かります。

これらの

予算を使いながら、中長期の貯蓄を準備してゆく世代なんです

 

 


この年代は住宅を購入する方も多く、頭金と月々のローンが掛かります。

収入は増えても貯蓄にまわせる金額は30代より低くなることも多く、これが2極化の原因にもなります。

そして、40代の貯蓄は老後資金の準備と子供の学費がです。

 

 

40代になると30代から貯蓄を開始した方との差が開きます。収入は大きく安定的に入るものの支出も増えます。

30代で蓄えた住宅資金や教育資金を使いつつ貯めていくという苦しい世代です。

この世代でのんびりしているとアリとキリギリス状態が発生します。

 

 

更に2極化が進んでしまう世代なんです。

一生懸命に蓄えに励み働く”アリ”を尻目に”キリギリス”はのんびりバイオリンを弾く生活をエンジョイしていました。

本格的な冬が訪れるのをアリは事前に手を打っていました。そして、キリギリスは・・・です。

 

 

40代は

貯蓄がある程度溜まった家計は、資産形成の投資に着手する時。

これからスタートの家計は出遅れをカバーするため急ピッチの貯蓄をする時。

 

 

そこで、金融広報中央委員会が発表している所得と貯蓄を見てみましょう。

 

 

 
前回の30代では750万円以上の所得の方の金融資産は1千万円資産となっていました。
40代ではこのゾーンは更に資産貯蓄が進み、2千万円に近づいている方も結構出ます。
これはアリとキリギリスどころの差ではありません。
 
 
 
またアリのように働くも、蓄えが出来ない収入の方も出てきます。
 
 
 
次に500万円~750万円収入の方も平均値は40代になると1千万円に到達。
中央値は500万円ですから、この所得ゾーンでも資産500万円近い格差が発生しつつあります。
 
 
そして分かれ目となるの300万円~500万円のゾーン、平均値は664万円、実態としての中央値は150万円です。
平均値が664万円ですから、この収入の方もおそらく1千万円資産が見えつつある方も出ています。
一方では平均値では150万円とまだ準備に入っていない、入れない方と2極化が見えます。
 
 
確かに所得と貯蓄の相関関係はあります。所得が貯蓄のの源泉ですからね。
ただし、同じ所得でも貯蓄格差が開いています。それぞれに事情はありますが・・・
あなたの貯蓄形成は進んでいるでしょうか?
 
 
 
ただし、40代になると、貯蓄にかかる時間は減ってきます。
でも安心してください。まだ時間はあります
 
 
 
データで見ると無貯蓄の方も相変わらずいます。
早く手を打たないと80歳過ぎても働くことにもなりかねません。
 
 
それと、実は1千万円所得でも無貯蓄の方が相当いるんです。驚きですが事実です。所得とゆるやかに資産形成は連動しますが、キリギリス派の方も結構います。
 
 
 
40代は更に取組み差による資産格差が開きます。
 
 
 
もう一度おさらいです、平均値・中央値 勘違いないように・・
まずは平均値です。

所得の平均値とは全体の所得額を全て足して総数で割ったものです大きな所得のある人がいると引っ張り上げてしまう傾向があります。

 

次に中央値です。

中央値とは調査したデータを順番に並べた時に中央にある数値です。

平均値というのは本当の真ん中の数値にはならない事を覚えておいてください。

いわゆる数字のマジックです。

 

 

中央値とは貯蓄の少ないほうから並べて、ちょうど中央に位置するポイントです。中央値が実態に近いものです。

そこで、もう一度聞きます。あなたの所得&貯蓄はこれと比べてどうですか?

 

 

 

40代の貯蓄対応についての整理

 

 

人生には、お金のため時があり、これを有効に使いましょう。

 

お金の貯め時は3回あります。

 

 

1回目:結婚直後で子どもがいない時期に計画的貯蓄を始める

 

2回目:子どもが小学校に入学するまでに目標設定を固めお金を育てる

 

3回目:子育てが終わり定年を迎えるまでが最大も貯め時、役職定年までに完成

 

特に40代の方は、2回目までの貯め時を通過している方も出てきます。

 

 

教育費と住宅費が掛かる時期ですが、頑張り貯蓄継続はしましょう。

 

そして子育てが終わる時期に仕上げの資産形成に取り組みましょう。

 

●貯蓄強化はここからチェック

支出の大きいものから検討をしていくのがコツです。

 

保険の見直しで 月2万円減額を


保険料は、1家庭で平均年間38万円、月額にすると3万円支払っているといいます(生命保険文化センター調べ)
貯蓄型の保険の解約は検討余地がありますが、保障だけなら月1万円、年12万円で充分です。間違っても無料相談に行けば飛んで火に入る・・ですよ。
保険を見直せば、毎月2万円の貯蓄余地が出ます。

 

住宅ローンの見直し 月1~2万円減額を

 

ローンが10年以上1000万円以上の残高が借り換えは得だと言われています。10年以上放置していたら検討しましょう。

住宅ローンの借り換えを実行すれば、月額の支払いは1万円は下がります。また必要に応じて繰上げ返済もしてみましょう。

 

通信費の見直し 月1~2万円減額を

 

自宅WIFIを入れていればスマホの通信は格安SIMキャリアでもいいのではないでしょうか。その携帯はゲームや動画のための道具ですか?

それなら通信費ではなく娯楽費です。SIMフリースマホを買って格安SIMで使いましょう。

大手キャリアのプランは至れり尽くせりです。日本だけのセット販売から自立できれば、1台2000円台の通信費で廻せます。そうすれば、月額支払いは1万円以上下がります。

 

 

40代は資産形成に投資も選択肢になる

 

先に触れましたが、40代の貯金は単身なのか二人以上世帯なのか、子供の教育費のかかり具合、住宅ローンで取り組み差が出てしまいます。

個人の事情差が大きく出やすい年代もあります。

 


しかし、貯蓄は継続する必要はあります。
40代のあなたは可処分所得の2割を必ずセカンドバンクに貯蓄継続して下さい。

最低残りの生活費で生活する方法を強くお勧めします。この貯蓄は継続し、続けましょう。

 

 

貯蓄2割と言いましたが、毎月の貯蓄額をいくらにするかは、40代では現在の資産から定年まで想定収入や支出を計算して、退職金や公的年金の受け取りにより資産がどのくらいになるか逆計算してみることです。

 

 

これから資産を増やす投資をする方は、人生のお金の過不足を計ってから行動する事をお勧めします。

その為にはライフプラン作成からのキャッシュフロー表がお勧めです。

 

 

プラン作成によりお金の寿命が見えてきます。

すると不足額、必要額を意識した投資行動が出来るでしょう。

年金生活に入った時、資産寿命が持たないようだと大変です。

資産マイナスとなるなら、その不足額を加味した投資貯蓄額の目標修正をします。

 

 

例えば、必要不足資産3,000万円が出たとします。

40歳の方なら、3,000万円÷25年(65歳まで働く)=120万円-退職金分が必要な年間貯蓄額です。

ボーナスを追加したり、家計の見直しや投資をして貯蓄目標ラインを目標に近づける必要があります。

40代はまだまだ時間というリカバリーが十分活用できる筈です。

 

 

投資による資産加速の是非について

 

 

30代は貯蓄習慣、40代は老後を意識した貯蓄を考える年代です。

貯蓄が500万以上溜まっているようでしたら、投資の検討が必要です。

ただし、セカンドバンクに対する毎月の2割貯金が大前提ですよ。

 
 
 
収入と貯蓄の関係はいつもの式です。おさらいです。
 
 
給与-(税金+社会保険料)=手取り収入(可処分所得) 2割貯蓄
 
手取り収入-生活費全般=貯蓄・投資可能額となります。
 
 

この「可処分所得」自由に使えるお金ですよね。何に使うかはあなた次第です。

貯蓄には運用益は期待できませんが、積立が計画的にできます。

資金が着実に貯まっていくのが一番大きなメリットです。

 
 
 
ここからは40代の新たな取り組みです。投資も始めましょう。
 
 
投資可能額×期待利回り=運用損益で加速させる

 

 

貯蓄500万円位たまったら投資の検討と開始です。

期待利回りを計算して資産計画を組んでもいい時期です。

期待利回りは3%でも高すぎます。

結果的に7%になる可能性もありますが、高い利回りは損失も大きいのが当たり前です。

 

 

証券会社との付き合いの開始

 

証券会社に口座開設をしましょう。

セカンドバンク銀行と投資の相性の良い楽天証券やSBI証券あたりがいいでしょう。

 

 

大手証券会社より系列銀行を持っているので、手数料・資金移動・ネット中心と使い勝手がいいでしょう。

スタートラインに合致しているのはNISAかiDecoですね。

 

 

iDeco(確定拠出年金個人型)は加入者の属性によって積立限度額が変わります。運用可能商品は決められており、運用商品を自分で決め、運用益を得る方法です。税制優遇もありとてもお得ですが、あくまで運用による資産拡大が狙いです。

 

一覧はここから↓

 

 

これらの運用基盤は預金・株やREIT・ETFなどの市場で運用する商品です。特定株もNISAなどで投資できますが、ETFとは、市場の指数に連動したインデックス運用を行うパッシブ型と言とうものを指します。

投資初心者にお勧めです。手数料が0.1%前後がベストです。間違っても1%以上なんてなんて駄目です。

 

 

投資信託は6000本近くあり、売れている商品が良い商品ではなく、売り手が儲かる商品です。

ほとんどダメダメ商品です。

ETF以外手を出してはいけません。特定銘柄での株取引は勧めません。

企業業績の将来への投資でなく、株式なら日経225ETFや米国株式ETFなどのインデックス投資をお勧めします。

 

 

では投資をすると利益が出るかと言えば、ほぼ損失となります

え~っ やらないほうがいいんじゃないの?

 

 

投資信託買っている過半数の方は損失を抱えているのは事実です。

では0.001%の預金に入れておけばいいのかと言えば、投資と言うエンジンが必要です。

商品を間違わない事です。多くのiDeco商品はその優位点を評価されています。

 

 

自信がない方は、手数料の低いETF商品、株式や資産分散インデックス投資をお勧めします。

(特定商品はここでは勧めません。メールなどでお尋ねくださいね)

 

 

市場は上下するものです。入り方が悪ければ損失スタートなんです。

手数料の高い商品やテーマ別の商品は、価格回復の可能性が厳しい商品です。

いつまでもマイナスとなりかねません。

 

 

ただし、先程のインデックスETF投資などは、

時間を味方に投資を続ければ預貯金をはるかに凌ぐパフォーマンスが期待できます。

長期保有で、ドルコスト平均投資でコツコツ買いましょう。

 

 

株式特定銘柄をスタートさせたい方もいるでしょう。

企業業績はいつまでも続かないことが多いです。売買は難しくお勧めしません。

陥りやすい間違いとして、例えば好配当銘柄狙いがあります。

配当利回り7%なんていう株式も沢山あります

 

 

好配当になった理由を考えてみと、元々株価が高かったのが価格下落し好配当になる銘柄もあります。

僅かな配当の為、株価下落で大きな損失となる可能性が高いですから手を出さないように。

 

 

好配当銘柄の利回りは事実ですが、雑誌の言う事を鵜呑みにしないように

 

 

個別株は、将来の楽しみ程度に株主優待人気銘柄程度にしておきましょう。

 

下町FPの僕も優待人気の「すかいらーく」や「イオン」「吉野家」「オリエタルランド」等を長期にわたり持って楽しんでいますよ。

幸い株価は今は順調ですが、個別株は相当のリスク資産です。

でも、食事券だったり、株主優遇だったり、株主入園券だったりと

家族には魅力満載なんです。

 

 

実は人気株主優待銘柄は、優待が継続する限り価格が下がると買われ、復活・維持される傾向があります。

興味の有る方は、資産形成とは別にNISA等に加えてもいいかもしれません。

 

 

40代は支出も多く資産を増やしにくい世代です。バランスが大事。

でも、老後を意識するには一番よい年代でもあるんす。

税制優遇や積立タイプの商品を利用して、時間を味方に着実に投資する方法をみつけてください。

 

 

 

例えば、あなたがライフプランのキャッシャフロー表から今から3000万円のお金が必要だったとします。

今、40歳、準備できる期間は定年60歳までの20年、毎年回せるお金は毎年100万円位だとします。

 

 

月々5万円で年60万円、賞与は20万円づつプールします。

単純に100万円×20年で2000万円のお金が準備できます。

投資による資金拡大加速もしましょう。

最後に将来の退職金も加えましょう。老後資産をなんとか準備することができますね。

 

 

貯蓄する為には、カテゴリー別に計画を立てて必要に応じて投資のエンジンを活用しないと資産形成のスピードは加速しないでしょう。

 

 

ただし、目的は投資ではありません。

 

必要な時期までになお金を準備することです。

 

絶対に目的と手段を混合してはいけません。

 

 

皆さんの中には、投資をしないといけないなどと思い込んでいる方もいます。

投資は手段の一つです。目的によっては預金の方が優れていることもあります。

 

 

40代の方は投資活用の資産形成のスタート期です。

 

 

多くのライフイベントが40代から発生します。

教育・住宅・老後資金、人生の3大資金の管理が必要な年代です。

 

 

まずはあなたのライフイベントはどうなっているのか

どれくらいの金額がかかるかを知り、目的別に貯めていくことが大切です。

 

 

貯蓄スピードは維持、投資エンジンで資産を加速

 

 

可処分所得2割貯蓄と投資での資産育成が40代の貯蓄形成ポイント

ライフイベントを加味し、進め方・考え方についても整理しておきましょう。

 

■40代資産形成へ向けた具体的な準備について  

☞ポイント

 

1.金融資産の2極化を知った上で修正した貯蓄習慣を続ける事作ること

・貯蓄は「将来のための預金」を意識して重点管理する事。

・“可処分所得の2割”を貯金して将来資金の確保をして投資を始める年代。

 

 

2. 子どもの独立頃までは貯蓄増加は厳しいが、乗り越える計画を立てる

子どもの教育費、ローンが大変な時期を一定貯蓄習慣で乗り切る必要があります。

子どもが独立からは資産形成の仕上げとなります。そこにつなぐライフプランを立てましょう。

 

 

3.貯蓄ゼロや計画に余力がない場合は、生活費全体を見直す必要がある。

一定額で出ていくお金、例えば保険・通信費・買い物習慣・生活スタイル等をもう一時見直せれば、必要なものな浪費あるいは不要なものなのかゼロベースで見直ししてください。

 

 

生活にお金の余力を見つけ作り、修正した貯蓄パワーで計画的な資産形成を進めてください。

 

 

投資の前にライフプランを作り、キャッシュフロー表からの貯蓄目標を明確にする。

 

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時にFPと出会えてたら不安なんてなくなったのにと今でも思っています。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。

 

これによって結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。自作プランや本格面談補任もあります。

 

FPプラン4自作キットとサポート申込みはここ(10,000円)

 

ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

 

FPライフプランレポートのサンプル (相談の進め方PDF) https://drive.google.com/file/d/1B17gOpdAjEiNX6oZwpr6Km0zrN5ZTaqb/view?usp=sharing 迷ったら、

 

まず相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。

 
僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが投資です。

 

お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

 

記事が少しでも参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他のプランナーの記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

■サイト運営無料相談・プラン申込の依頼

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

 

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

 

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

⑤導入商品:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

 

■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。

ブログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

 

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

 

登録は https://mail.os7.biz/add/LEfW

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW