FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 年金保険 > 【下町FP】年金の裁定請求申請はやっぱり複雑

【下町FP】年金の裁定請求申請はやっぱり複雑

 

マネーストレスフリー隊長の下町FPです。

 

年金支給開始年齢の3ヶ月前になると郵送で事前年金請求書が送られてきます。

 ただし、必要書類としての年金手帳は分かるもののペンが進まなく、何をどう書いたものかと悩み相談ついでに来られるケースもあります。

 

 年金裁定代行業務という社会労務保健士の業容があります。ヒアリングして必要書類を手配してもらい代行申請し、受給サポートを行います。年金資格を得ないと受給は出来ません。わが国では制度としてはよく整っているのですが、情報がない・知らなかった為に損をされる方がたくさんいらっしゃいます。

 

 高額療養費の助成制度でも、住民税非課税申請・生活保護申請でも、各市町村独自の介護おむつ助成制度でも相談したり、調べ自ら申請しない限り、自分が対象者になることはありません。自助努力とでもいうのでしょうか。

 

知っているものだけが得をする。知らないものは損をする社会です。

年金機構Pより

 

 上記は年金機構の社会労務士が年金の代行申請をするイメージ図ですが、代行料金はトータルで4万~5万位です。生涯年金額が18万×12ヶ月×30年=6,480万円と考えると、その権利を得る経費と割り切れる人もいるでしょう。

 

 私たちはFPです。FPはお金のプロですが、独占業務があるわけではありません。ライフシュミレーションは人生の様々なシーンで活用されます。業務の中でライフシュミレーションの作成が一番多いのも事実です。それだけ相談者は迷って不安を抱えているのです。

 

 保険・金融・投資・不動産業界に企業内FPといわれる方がたくさん在籍されていることからシュミレーションは、大きな”買い物”をする時のツールとなりますが、一つ間違うと商品を買うための一押し・販売ツールにもなってしまうことがあります。

保険の死亡保障額等は会社によって1千万単位でバラつくのは珍しくありません。大人の事情があるかもしれません。

 

 

 そんな時、お金に悩むならパートナーをみつけ解決する方法があります。それがFPです。相談料は同じように有料ですが、人生の生涯貯蓄が百万~千万単位で変わることもあります。改善後のライフシュミレーションはそれを示しています。

 

 

 

 ファイナンシャルプランナーを味方につける。顧問パートナーを見つけ人生を豊かにしてください。 お金の相談や不安がありましたら、上記タブのお問い合わせからお願いします。

 

メールでの無料相談を受けております。お気軽にお問い合わせください。

 

**************************************************

いかがでしたか下町FPの記事に興味を持てたら下のFPバナーをクリック下さい。次回記事への励みになります。

本日は訪問ありがとうございました。

 

■メルマガ発行特典 絶対お得 登録のみで準備中

メルマガ発行をしています。

ブログでは書けない資産形成や

貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを目指します。

 

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻Pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表』等随時進呈中

登録は

https://mail.os7.biz/add/LEfW

解除は

https://mail.os7.biz/del/LEfW