FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 年金保険 > 【下町FP】年金受取方法で大きく変わる人生の余裕資金

【下町FP】年金受取方法で大きく変わる人生の余裕資金

 

マネーストレスフリーを応援する下町FPです。

 

 年金は60歳からもらえるもの、そんな時代もありました。

今は65歳支給が国会で決まり暫定移行期に入っています。

 

男性の場合、1961年4月1日以前生まれ、女性の場合、1966年4月1日以前に生まれた方は特別支給の厚生年金の支給が65歳まで受けられます。

 

(前提条件として10年以上年金保険料を納めており、そのうち1年以上は厚生年金のある会社で勤めた経験があり60歳以上の人です)

 

 この年金は暫定措置で一定の年齢の方には急な制度変更の65歳支給では生活設計がおかしくなるとの理由で暫定対象者に支給が発生しています。

 

勘違いされる方もいるのですが、65歳からの年金とは全く性格が異なるおまけの年金です。

 

申請せず貰わないもらわない方もいらっしゃいます。

 

 もったいない話ですね。

 

 いわゆる時効は5年ありますので、生涯年金受取額増額のために必ず申請しましょう。

受け取り方で変わる年金金額 

 

 

特別支給の年金支給と同時期に受取選択の可能性がある年金として65歳前の繰り上げ支給があります。実はこの繰り上げ支給を選ぶ人が多いのです。何もしなければ65歳の受け取りなのですが、ここに一つのデータがあります。

 

年金繰上げを勧められたという話から・・・年金繰上げをしている方から勧められたというケースが多いそうです。いい話を聞いたと喜ぶ方。遊ぶ仲間を増やしたいのでしょうか。体が動くうちに遊びたい。わかる気もしますけどね。

 

 それと持病持ちで長く生きれないと思っている方などもいらっしゃるようです。

 

 次に全体で年金繰上げをする人の属性として自営業が全体の22%、収入不定・アルバイトパートの方が申請している実態があります。そこから見えるのは収入確保です。

 

早く年金を受け取りたい。減額でも受け取りたいとの気持ちが見受けられます。

 

 年金の繰り上げ支給は国民・厚生分離していづれかのみの受給はできません。同時支給です。繰り上げ返済すると月0.5%受取額が減額されます。5年繰上げですと0.5%×60ヶ月=30%減支給が一生続きます。

 

 それと万一障害発生の場合、障害認定日や発生日の関係で障害年金は受給できない事も起こります。これは制度上65歳と認定されてしまうためです。

 

 繰上げ返済はそれぞれ事情はあるとは思いますが人生の余裕資金確保につながる決断ですので慎重に。

 

 年金はライフプランなどの資金寿命を作成して検討の結果決められる事をお勧めします。身近なお金のプロ、FPに相談味方につけてください。

 

ファイナンシャルプランナーを味方につける。顧問パートナーを見つけ、人生を豊かにしてください。

 

 

お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせからご一報ください。

 

メールでの無料相談も受けております。お気軽にお問い合わせください

 

 

■メルマガ発行特典 絶対お得!!

メルマガ発行をしています。

ブログでは書けない資産形成や

貯蓄5000万円を目指すあなたのマネーストレスフリーを支援します。

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録は

https://mail.os7.biz/add/LEfW

解除は

https://mail.os7.biz/del/LEfW