独立系FPブログ・ トータルサポート | FPブログ 独立系FPで非販売系のファイナンシャルプランナーが経済的自立FIREと資産形成を支援

独立系FP解説 ㉙経済的自立FIRE、人気投票上位の投資信託の考え方【下町FPブログBlog】

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ FPブログランキング

人気FPランキングはここで確認

 

知っているようで?  本を眺めただけ、ウェブで検索しただけでFIREを理解したつもりになっていませんか? FIREとは、状態なのか、何を目指すのか?

 

一過性のブームに終わらせないためにも、しっかりと整理して、ご自身なりの実現性の高いFIREを考えてみませんか。お金にまつわる様々な有用な知識を独自の視点や切り口で独立系FP&非販売のFPが解説します。

 

*******************************

ファイナンシャルプランナーjp 専門家登録

ファイナンシャルプランナー.jp

 

 

FPがFIREを応援 FIREでの投資信託との付き合い方を考える

年間400万円のインカムゲインを受け取る独立系非販売のFPが、さまざまな運用の常識とされている投資方法やリスクを斬り、本当に安定的なFIRE=経済的自立を解説する長期FPブログ講座シリーズです。

 

『FIREの実現!! 年間400万円超えインカムゲイン獲得』過去の2021年運用の総括

前回のFIREブログ講座㉘では、目論見書や係数からの投資信託の評価方法について考えてみました。これは、何にどういう投資をしているかを知ることこそが運用のスタートだからです。

 

次に最低限、購入する投信のトータルリターン・標準偏差・シャープレシオの使い方を知ること、過去の実績から購入した投信のリクス予測ができることが重要だと解説しました。

 

前回のFIRE講座㉘ 投資信託は購入前に評価ポイントを押さえよう

 

前回の解説:投信の評価法のひとつの読み方

 

投信だけによるFIRE実現の難しさ

 

僕は、FIRE実現の手段として株式や投資信託の定額売却はご相談されるクライアント様にはあまりお勧めしていません。

 

多くの方がFIRE本を読破して投資信託やVTIやVOO、QQQといった米国株式のETFを購入して、そこから毎月売却すればよいと思っていることに危険を感じているからです。

 

FPがバインダーを持ち指差ししている。

 

例えば今、2022年は株式市場は下落し続けています。既に今年は7月で20%近くの調整中です。もし、この期間に全額投資をされている人がいれば、評価資産は毎月減り続けている筈です。

 

確かに明るい未来がありそうな右肩上がりの市場にお金を預けて育てる方法のは間違っていませんが、いつも資産が成長すると思ったら大間違いです。

 

そんな中、ポジションを売却してFIRE用の生活資金を確保し続ければ、元本はあっという間に減っていくのは明らかです。

 

ですからアセットを組み合わせることや保有しているだけで利益が入金される配当などのインカムゲインを組み合わせることをいつも重視して提案しているのです。

 

下落相場のFIRE運用リスク(最大リスク)のFIRE講座

㉕経済的自立FIRE シークエンス・オブ・リターン・リスクは大敵

ではどういった基準で投資信託を購入すれば、FIREに向けているのでしょうか?

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。下町FPブログ・メルマガ講座は、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理し、お金のお得情報をお届け発信をしています。

 

投信の数は星の数ほどあるが、買えるモノは意外に少ない

ちょっと古い情報ですが、2017年に金融庁が取りまとめた資料によると日本では現在、公募株式投資信託(約款上、株式等へ投資する投信)は約5,400本、ETFは約530本存在しているそうです。

 

そのうち、約4割にあたる約2,300本は、実際には、主として海外REITやハイイールド債等に投資している投信だったそうです。よって株式などで純粋な運用をしている投資信託は、3,080本という計算になります。

 

こんなに多くの投信の中から数本のFIREのための投信を探し出すのは大変なことです。

 

そしてその経過年数を金融庁が調査した結果、全体の52%が経過5年以内であり、10年以上長期に渡り継続運用出来ているものは約21%しかなかったとされていました。意外と投信は、短命でした。

 

解決方法を検討するファイナンシャルプランナー

 

つまり、毎月のように生まれては消えてゆくといった実体が金融機関が私たちに薦めている投資信託の正体だったのです。つまり投資をやられる方はプロでもセミプロでもないのですから、乗り換えたり売却したりスイッチングしたりするのは苦手な筈です。

 

そこで金融庁では、長期投資に向いている商品の条件を決めて、スクリーニングを掛けました。長期投資に向く商品を簡単に言えば、買い付けや維持コストが低く、投資先がデリバティブなどでなく、わかりやすく、場合によっては運用期間が短命でなく、資金が流入して一定規模があるといった要件を投資向けと整理しました。

 

それが『つみたてNISA』の投資信託の要件となりました。

 

つみたてNISA設定商品の要件(出典:SBI証券)

 

 

つみたてNISAの選定要件です。何となく長期投資による資産形成に向いている商品のイメージがお分かりになるでしょうか。

 

この要件を当時、先ほどの5,400本の投資信託に対してスクリーニングをした結果であり、実は金融庁は資料として発表しています。

 

金融庁投資信託スクリーニング報告書(2017)

 

金融庁投資信託スクリーニング報告書PDF(2017)

 

 

インデックス投信の条件には、毎月分配型なども排除されています。ファンドマネージャーが運用するアクティブ投信には、資産規模や設立後の運用期間なども含めて厳しくスクリーニングをしています。

 

すると約50本だけが投資適格商品となったという衝撃の結果となったのでした。

 

こういった事例をみても、私たちの資産運用の中で一定のリスク範囲や資産が育ちやすい環境を持っている投資信託は少なく、選定は重要だと感じていただければと思います。

 

特に、テーマ型や仕組みの分かりにくい投信、毎月分配型やファンドラップ、高コストの投信は避けたほうがよさそうだと覚えておいてください。

 

 

代表的な人気のファンドの正体?

 

カカクコム投信ランキング

 

 

上位のアライアンス・バーンスタインは、アメリカに本社がある世界有数の資産運用会社です。コストは高いものの幅広い運用商品を通じ、世界中の投資家から高く評価されています。運用資産額は合計約90兆円です。

 

世界中から厳選した優秀なアクティブファンドを通じて投資する「セゾン資産形成の達人ファンド」にも、アライアンス・バーンスタインのファンドが選ばれています。

 

 

楽天証券 投信ランキング

(買付金額)

 

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)とは、楽天投信投資顧問が運用しているインデックスファンドです。米国大手のバンガード社が運用​する、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」VTIを主な投資対象としています。

 

この米国ETFのVTI自体に人気が高く、米国株式全体に投資をしているとも言えるファンドであり、FIRE志望者にも大変注目されています。

 

 

SBI証券投信人気ランキング

NISA/iDeCo対象

SBI・バンガード・S&P500は、米国のS&P500指数(円換算ベース)に連動して投資成果を目指すインデックスファンドです。手数料を抑えて米国株式市場に分散投資ができます。SBIのVOOとも言われています。

 

ひふみプラスは、主に国内株式を中心に運用するアクティブ型投資信託です。一部海外にも投資しており、運用方針と哲学のもとに、臨機応変に対応できる運用が特徴です。

 

長期的にTOPIXのパフォーマンスを大きく凌駕しており、中長期的な運用やインデックス投信では物足りない高いパフォーマンスを狙う人に好評な投信です。

 

 

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021

 

 

投資信託についてブログを書いている『投信ブロガー』が、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を選び、その投資信託をランキング形式で発表しているランキングです。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリーは、これ1本で全世界への株式投資が完了してしまうという、簡単で分かりやすいファンドです。

 

純資産も500億円を超えて長期・分散・低コストを体現できるこのファンド、インデックス投資のファイナルアンサーだと評価されています。このファンドは3年連続で1位に輝きました。

 

講義でグラフを説明するFP

 

これらの上位を独占したのは、コストは高いものの現在の成績が優秀なアクティブ投信であったり、同じインデックス投信の中でも、米国の株価指数S&P500や先進国、全世界の株式指数に連動する外国株式というファンドが圧倒的でした。

 

一方、日本株式を対象にした日経225投信などは上位に入りませんでした。

しかし、日本の株価指数の騰落率は海外指数に比べて見劣りするのは事実ですが、資産形成での分散投資の意味合いでは、日経平均株価の225銘柄やTOPIXの投信なども無視できない存在です。

 

人気の高い米国を代表する株価指数であるS&P500指数の場合、指数を算出するS&Pグローバル社が中立的な委員会を設けて、毎年20~30社程度を容赦なく入れ替えるています。

 

したがってS&P500指数は、企業努力の足りない会社はに対しては、すぐ除外されるという厳しい指数として評価されています。

 

投資信託は資産形成・拡大期でのFIREに有効な投資先

 

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ FPブログランキング

ちょっと一息ブレイクタイム、人気FPランクはここから

 

経済的な自立を求めての不労所得の拡大を狙うには、投資資金の拡大と家計改善における追加資金が重要なファクターです。特に冒頭申し上げましたが、FIREを狙う初期段階では元本を拡大する運用先として最適でしょう。

 

超長期的には、明るい右肩上がりの市場にお金を預けて増やす事を狙うのは、合理的な運用方法です。しかし、右肩上がりには価格の上下幅(ボラティリティ)がつきものですし、それがあるからこそ資産も成長するといえます。

 

う火曜がプラスで喜んでいる姿

 

しかし、実際のFIREに入る時に生活費をここから捻出する必要があり、資産売却という手段での生活資金の確保になります。いつも右肩上がりはあり得ないのが投資の世界ですから、僕は売却益のみのキャピタルゲインでのFIREはむずかしいといつも言っているのです。

 

 

投資信託などの資産拡大が見込める商品は、『資産拡大ステージ』で役に立つ商品だと考えます。

 

一定の資産拡大が出来たら、徐々に分散投資をしながらインカムゲイン獲得の『資産フローステージ』への移行をしたほうが、ストレス・フリーなFIREが実現するのではないかと思います。

 

僕も株式や債券から年間200万円近いインカムゲインを受け取っていますし、ワンルームの収益不動産投資からも含めれば400万円を超えるインカムゲインを獲得しているからこそ言える話です。

 

それでも投信の人気ランキングだけで運用商品を選んではいけません。投資には勉強がつきものです。小さな失敗と大きな成果を繰り返しながら、自分の運用スタイルを確立させることが、FIREに一歩近づくのだと思います。

 

次回のFIREブログ講座  ㉚ 経済的自立FIRE、投資信託の購入タイミングと保有の考え方

 

 

 

投信ランキングとつみたてNISAの要件を読み込むと、一定の長期資産形成の選定基準が見えてきます。
 
金融機関によって買いたい・売りたい商品が偏る、異なる実態も比較すると分かります。ご自身の投資戦略をつくり、FIREの資産拡大に投資信託を活用してはいかがでしょうか。

 

まずはFPに聞いてみたいという方はここから (クリックで画面移動します)

よく具体的な相談に特化して聞いてみたい方 特におすすめ (好評です!!)

 

個別に顔を見て資料なども含めたWEB面談をしたいという方に最適。

全国どこからでもリモート可能です。(最も指名が多く人気です

 

 

 

 

 

FP事務所トータルサポートは、日本FP協会が提唱する人生100年家計戦略を家計改善・貯蓄・運用からフォローします。FIRE実現を側面からコンサルティングとノウハウで応援いたします。

 

FP事務所トータルサポートから

 

 

 

数あるファイナンシャルプランナー事務所から当事務所への訪問ありがとうございます。トータルサポート代表の横谷です。

 

当事務所は、保険も金融商品も販売しない、コンサルタントのみで開業している数少ない『独立系非販売』のFP事務所です。当所の特徴は、国家資格のFP資格とともに実際の資産運用を行っている現役の投資家でもある点です。

 

人生の3大資金といわれる『教育資金』『住宅資金』『老後資金』などの資産形成やFIREと言われる早期リタイアの為の資産形成などの運用対策や貯蓄対策を中心にして活動しています。

 

  1. 資産形成に挑戦したい方
  2. 資産運用を始めたい、やられている方
  3. FIREやリタイアメントを考えている方

 

そんな方には最適なファイナンシャルプランナーです。

 

自身もFIREと言われる経済的自立とともに資産運用を行っており、現在いろいろな運用先から年間400万円を超える配当・分配金などのインカム収入を得ています、その経験やノウハウもコンサルティングで活用しています。

 
 

当FP事務所のメニューナビゲーション

詳しくは下の各メニューをクリックしていただき、いろいろご確認ください。

 

当事務所についていろいろと知ってください。

 

FP事務所トータルサポートの特徴について

 

早期リタイアFIREの実現、資産形成をサポートする検証

 

資産形成やFIREを目指す方向けの、『お金の基本』個人レッスン

 

ライフイベントに対してお金の健康診断ができるライフプラン作成

 

ライフプランシュミレーターの比較

 

実際のFP相談のいろいろな事例をご紹介

 

コンサル後の相談者様の声について

いろいろなFPコンサルのメニューや料金体系について

 

お問い合わせの窓口フォームについてのご案内

 

FP監修本『最新版 お金の教科書』について

 

当所のプライバシーポリシー/個人情報保護方針

 

 

 

お得な特典付きメルマガ会員募集 

資産5,000万円のマネーストレスフリーを目指すあなたを支援します。

★無料の4つの特典を進呈中★

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻』

・『ライフイベント表xls』も進呈

・FPも使う資産寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等の特典たくさん!!

 

 

 

 

   

お金の基本の学習が出来ます。

 

 

FPへのご連絡、お待ち申し上げております。

 

 

   

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ FPランキング

FPランクキングはここからです。

関連記事

  1. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㊶収益不動産というアセットを持つメリット・デメリット【下町FPブログBlog】
  2. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㊵配当拡大ステージ 債券購入のタイミングと保有の考え方【下町FPブログBlog】
  3. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㊴配当拡大ステージ 債券ETFと生債券投資の違いと使い分け【下町FPブログBlog】
  4. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㊳配当拡大ステージ 債券投資は投資先と確定利回りと期間がポイント FIRE基本フォーム【下町FPブログBlog】
  5. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㊲配当拡大ステージ リスクを取り過ぎない債券投資の魅力とは【下町FPブログBlog】
  6. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ブレイクタイム㊱インフレに負けないFIRE運用資産とは【下町FPブログBlog】
  7. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㉟配当ステージ 上場インフラファンドの購入タイミングと保有の考え方【下町FPブログBlog】
  8. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㉞配当拡大ステージ 銘柄も少なく選定と利回りが魅力のインフラファンド【下町FPブログBlog】
  9. 経済的自立FIRE完全攻略 スタート⓪ もう会社に頼らない/FIREを独立系非販売FPが本気で支援
  10. 独立系FP解説 経済的自立FIRE ㉝配当拡大ステージ 6%利回り多数、上場インフラファンドで資産運用【下町FPブログBlog】