FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 家計改善 > 【下町FP】いよいよスタート、見えてきたマイナポイント還元

【下町FP】いよいよスタート、見えてきたマイナポイント還元

 

 

ニュースでご覧になった方も多いと思います。マイナポイントスタートが9月1日から開始されました。この制度は、買い物やチャージでポイントが付くお得な期間限定の制度です。

 

そもそも、このキャンペーンは東京オリンピックが終わり、景気が一旦ひと段落する時のカンフル剤として計画されたものだったと記憶しています。残念ながら、コロナ禍で計画は大幅に狂ってしまいましたが、そこは役所のプランです。当初計画通りに進んで来てしまったというのが実態でしょうか。

 

このコロナ禍で、給付金支給の申請手続きで、マイナンバーに対する関心が高まりました。オリンピックも延期になり、経済産業省がやっていたキャッシュレス・消費者還元事業を新たな形で進めることとなり、改めて注目を集めることとなりました。

 

キャッシュレス決済業者や小売業の方からすれば、購買促進策として大歓迎となる制度です。そしていよいよ制度のスタートの9月となり、マイナポイントが始まりました。これは、マイナンバーを活用したポイント還元です。何となくお堅いマイナンバーとポイント還元キャンペーンとは一致しにくい感覚はあるものの、総務省が音頭を取っての事業がスタートしたのです。

 

 

マイナンバーとキャシュレス決済による『最大25%還元』は、何となく馴染まないものの、やらないのは勿体ないと思いませんか? ポイント予算には、上限があるものの、今から行動に移しても間に合う状況であり、予算と枠はまだ十分に残っていると聞きます。

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。このメルマガ講座は、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

   

9月1日よりマイナポイントがスタート

    

そもそもマイナポイント事業は、マイナンバーやキャッシュレス決済の普及促進を目的とする、国の消費活性化策のひとつです。マイナンバーカードの普及に向けた取り組みの1つでもあり、この9月から2021年3月までの7カ月間実施されるキャンペーンです。

 

キャッシュレス決済サービスを提供する決済事業者が、参入の名乗りを上げています。ユーザーは、その参加している決済手段とマイナンバーと結び付けて申請をします。すると、日々のチャージ、買い物に対して、25%のプレミアムが付与される仕組みなのです。先ほど話しました上限金額としては、最大5,000円相当まで還元されるというお得なものです。

 

僕も、マイナンバーをパソコンのリーダーに読み込ませて、申請をすでに完了しています。現在、マイナンバーカードの申請も一気に増えているようで、カード入手までの手番が相当かかっている模様ですが、まずはマイナンバーカードの作成から始めてみましょう。世の中で言われているほど複雑でなく、10分も掛からない申請でした。

 

関連記事
マイナンバーであなたの情報は筒抜けか

 

このマイナンバーカードを取得して、所定の申請設定とキャッシュレス決済サービス方法を選ぶだけで、最大で5,000円相当のポイント付与というのはお得な企画ですが、まだまだ申し込みの枠はあるようです。総務省の報告では、「マイナポイント」申込者数は8月30日時点で376万5513人だそうです。

 

実は総務省が目標にしている申込者数は4000万人とされており、スタート現在の実績では目標の10分の1程度です。現在マイナンバーカードを取得されている方は、2500万人いることを考えると、潜在的な母数に対して、低調な滑り出しだったといえます。

 

原因には、宣伝と申し込みの方法のアピール不足もあるかと思います。実際にキャッシュレス決済サービスとしては、QRコード決済だけでなく、一般的なクレジットカードやデビットカード、SuicaやPasmoなどの交通系マネー、WaonやNanacoなどの流通系決済などからひとつだけ、決済方法を選択することになります。

 

皆さんもこれらの決済系の電子手段のいくつかは、お持ちだと思います。つまり、キャンペーン対象者もそれなりにおり、決済手段もより多くの方が持っているお馴染みの手段の中でのこのスタート苦戦は、仕組みの国民、業者共にアピール不足が否めないかと思うのです。もし、コロナでの感染拡大懸念があるのなら延期すべきでしたし、そうでなければ政府の双方へのアピール不足が原因なのでしょう。

 

意外に簡単だったマイナポイント参加申請と仕組み

 

9月より事業は開始されました。今から参加するのも現在の状況から考えると間に合います。そこで、改めて登録から利用までの流れと、マイナポイント事業の概要や準備について説明します。

 

3ステップで参加が可能

活用するには3つのステップで準備が必要です

 

・マイナンバーカードの取得する

・マイナポイントを予約する

・マイナポイントを申込む

 

この3つのステップについて解説してゆきます。

 

ステップ1

マイナンバーカードを申請取得します。マイナンバーカードは現在申込みから取得までは、最低でも約1カ月以上かかります。早めに申請し、取得しておきましょう。

 

 

マイナンバーの申請には、国民全員に送付されているマイナンバー通知カードに記載されたマイナンバーをベースに申請します。方法としては、スマホから、パソコンから、対応可能な証明書写真機から、郵送での4つの方法で申請は出来ます。

 

総務省サイトより  

マイナンバーカード4つの申請方法

 

ここまでは、マイナポイント前の下準備と言えます。

 

ステップ2

いよいよ、マイナポイントの予約をします。これは、参加に申し込むようなもので、「マイキーID」という専用のIDを設定する行為を指します。方法は、スマホからでは、マイナンバー対応のスマホにて「マイナポイント」アプリを入れて申し込みます。非対応のスマホの場合は、エラー表示が出ます。

 

パソコンの場合は、ICカードリーダーを使ってマイナンバーカードを読み取って、4桁のパスワード(暗証番号)を入力。これで、マイナポイントの予約が完了します。

 

先日、市役所に別件で行った時、マイナポイント受付中の『のぼり』が立っていました。ここが、「マイナポイント手続スポット」となり、マイナンバーカードの読み取りに対応できない方や、サポートを受けたい方は、この手続スポットでの予約参加も可能なのです。

 

主に市区町村などの窓口で開設されているようで、マイナポイント予約が行なえます。

スポット検索
マイナポイント手続スポット検索

※近くのスポットを検索できます。

 

ステップ3

決済サービスを実施している会社から、ひとつだけを選択をしましょう。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などの一覧が出来きて、その中から最適な方法を選択します。よく使うクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどを選べばよいでしょう。

 

実は今回、クレジット会社の多くが不参加を表明しています。スタート前に利益構造の詳細が開示されておらず、設備投資に二の足を踏んだとされ、政府との軋轢が発生したと言われています。この辺も盛り上がり不足の要因ですね。

 

一方、今勢いのあるカード決済業者は、逆に追加キャンペーンによる顧客奪い合いが起こっています。WAONは最大2,000円相当、ゆうちょPayは1,500円相当、au PAY、Suicaは1,000円相当、メルペイも1,000円相当(メルカリの支払いのみ)、d払いやdカードは500円相当が、政府のマイナポイントの最大5,000円相当に加算される形で付与されます。

 

LINE Payのようにクーポン優待を行なう事業者も多く出ています。また、ファミペイやnanacoは、限定ユーザーに、PayPayは抽選での高額の還元といった事業者も出てきています。

 

どれが使いやすくお得かは、自身の使い方や行動などを考えた上で決めると良いでしょう。決済サービス業者の登録は、一度決めたら変更はできませんので注意ください 。

 

特に付与方法や時期が決済事業者によって異なっているので、自身の使い方が大事です。多くは 決済金額 に応じて、マイナポイントの付与が決まるのですが、Suicaや楽天Edy、WAONは、チャージ金額 に応じてポイントが付与されるので使い方によってはお得感もあります。

 

利用頻度や使いやすさに加え、付与方法や時期なども確認した上で、自分に合った決済業者をどれか一つを選びましょう。この辺もこのキャンペーンが、複雑怪奇に更になっている原因かもしれないと思われます。

 

スタートに乗り遅れないよう行動を

このマイナポイントキャンペーンは、まったく新しいシステムを使用するのではなく、日ごろ使っている現在のキャッシュレス決済サービスを活用して行われます。ですから、3つのステップを踏んで、一度マイナポイントに登録してしまえば、普段の買い物の時やチャージのたびにポイントが付与されていきます。いつもどおりにキャッシュレスで支払えばいいだけです。

 

ちなみに僕は、AeonのWAONを申し込みました。日常の生活でのキャッシュレス決済の中心ですし、使うと株主優待還元金も増えるので決定しました。オートチャージで普段使いでも結構使いますが、期間中の20000円チャージで更に2000WAONとマイナポイントで5000WAONをいただく予定です。

 

 

2021年3月までのロングランなマイナポイントです。お得な制度なので、マイナンバーカードを取得していない方は取得の準備から。取得されている方は、マイキーIDの登録や、利用する決済サービスの選択登録を検討して申し込まれると良いと思います。

 

オリンピック後を見据えて企画されたと言われるマイナポイントですが、コロナ禍の中でキャッシュレスをお得に使うチャンスと捉えたらどうでしょうか? 。参加枠4000万人とされているマイナポイントですが、予約の枠はそう簡単に埋まらなさそうです。

 

今からでも乗り遅れていませんから、最大5000円還元にチャレンジされてみたらいかがでしょうか。ライフプランの先性もそうですが、知っているかでなく『実際にやってみたかどうか』が大事なのだと思います。

 

   

マイナンバーカード促進とキャッシャレス決済の複合施策はスタートした今も間に合います。

 

今日のポイント

 

・コロナ禍で関心が高まったマイナンバーでしたが、マイナポイントは今一つ出遅れていますからチャンス。

 

・9/1から2021年3月までの使用高に応じた25%還元や決済会社のキャンペーンも魅力たっぷり。

 

・4000万人枠はまだ余裕充分、今からでも新規カード取得でも間に合います。

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。   継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来そ の推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

   

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。

お申し込みは、FPトータルサポートまで  

申し込み・問い合わせ  

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか? Zoomオンライン相談も承っております。 (全国対応)

 

・人生の3大資金への資産運用

・退職後のマネーフリー資金作り

・相続・贈与対策 ・家計収支の改善

・老人ホーム入居資金作り

・リスク別資産運用ご提案 メール相談は無料。

個別面談が実質ゼロになるプランあります!! まずは無料メール相談からでも大歓迎!!     *****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

 

人生にはライフイベントが色々控えています。  

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?  

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。  

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。 独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。  

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。    

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。  

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。

 

キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。      

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。  

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ  

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順  

  キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓    

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。   本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。     下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。  

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************  

町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。 記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

  ★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

   

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー  

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、

お気軽にご連絡ください。  

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。

ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。  

登録者には無料の4つの特典を進呈中

 

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録はここをクリック

 

 

登録は

メルマガを申し込む  

 

 

 

解除は

https://mail.os7.biz/del/LEfW