FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 万一の保険 > 【下町FP】緊急入院!すぐ手続きでお金の心配を回避しよう

【下町FP】緊急入院!すぐ手続きでお金の心配を回避しよう

 

 

誰でも入院は嫌なものですが、ある日突然やってくるのも入院です。あらかじめ検査などによって病気が判っていての計画的入院なら、いろいろと準備が出来ますが、突発的な場合などは何にも準備や覚悟もないまま救急搬送という事もありうるわけです、

 

自分や家族が病気やケガで入院した場合、どの程度の入院費用がかかるのでしょうか?これって何度も経験されている方ならピンときますし、対応もテキパキ出来るでしょうが、多くの方は初めて尽くしであり、なかなか想像できません。

 

 

このような事態に遭遇した時の入院のお金にまつわる情報を考えてみましょう。こうした事態は誰にでも起こりうるものです。いざという時に慌てないよう、入院時にどんなお金がかかるのか、公的保険や自己負担、加入している民間の生命保険等も踏まえて体系的に考えてみたいと思います。

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。下町FPメルマガは、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

 

健康保険制度が味方になる

 

緊急入院して保険証を持っていなくても、後で手続きさえすれば健康保険は適用されます。日本は国民皆保険制度であり、お勤めの方とその家族を対象とした「被用者保険」、75歳未満の自営業者と家族を対象とした「国民健康保険」、75歳以上の人を対象とした「後期高齢者医療制度」のいずれかに強制的に加入をしています。

 

皆さん、保険に加入していますから健康保険証は持っており、入院した時に病院に提示することで、医療費や薬代の自己負担額が軽くなっています。70歳未満の方は、所得に限らず皆さん3割負担です。医療機関で発生した医療費の30%が請求されて支払となります。ちなみに義務教育就学前の6歳未満の人は、2割負担になっています。

 

 

 

そして70歳を過ぎると、医療費の自己負担の割合が減る仕組みとなっており、「健康保険高齢受給者証」が交付され、健康保険証と一緒に病院窓口に提出すると2割負担となります。ただし、一定の所得制限があり、現役並み所得者は3割負担のままです。

 

75歳になると、後期高齢者医療制度に移行し「後期高齢者医療被保険証」が交付されます。これを窓口に提出すると1割負担となります。これも現役並み所得者は3割負担です。

 

このように保険制度が充実していますから、本来は莫大な医療費請求にはなりません。しかし、入院となると話は別です。検査、検査にもなり、点滴や手術だって発生しかねません。たとえ3割負担だとしても100万円以上請求されることだって決して珍しくない事を知っておいてください。

 

 

統計でみる入院医療費と馬鹿にできない他費用

 

 

生命保険文化センター調査によると、入院時の自己負担費用の平均は約22万円となっており、比率で言えば10万円~20万円未満のグループが、全体の約4割を占めています。しかし、入院は長期化すればするほど、費用も高くなっていきます。

 

最近は胆石手術後5日で退院なんて珍しくなくなりました。内視鏡手術による体のダメージが減ってきているのです。入院が5日などの短期間で済むのでしたら、自己費用負担も10万円以下で収まることも多いと思います。しかし、30日を超えるような長期の入院では、50万円以上かかる事も少なくないということです。

 

先程の生命保険文化センターの調査では、患者1日あたりの平均では2万3000円になる(2019年度生活保障に関する調査)という統計も出ています。もちろん病気の種類や病院・病棟の種類によっては掛かる入院費の差が大きいので注意が必要です。

 

夜間緊急搬送で運ばれて、集中治療室(ICU)や高度治療室(HCU)に入院したりすると、自己負担費用も莫大に大きくなります。提供する医療や看護体制の質が一般病棟とは全く異なるので仕方のない事です。

 

ICUの入院費用は、一般病棟に比べて10倍くらいになり、通常の入院では、看護師さん一人に対して患者さんは7~8人ですが、ICUでは、看護師さん一人に対して患者さんは2人といった具合に、患者さんをサポートする密度が圧倒的に高いのです。

 

設備も高度になるのは当然です。命に関わる緊急治療場所ですから、ある程度のお金がかかるのは当然でしょう。治療の質や環境によっても医療費は異なる事はお分かりいただけましたか。これだけではなく入院にはお金がいろいろなお金がかかるのです。

 

まずベッド代ですが、差額室料・差額ベッド代が掛かるケースがあります、差額ベッドとは、健康保険適用の範囲外で患者に請求される病室費用のことをいいます。個室だけでなく、少し広いベッド回りや窓があり眺望が見える等の理由によって、入院した部屋やベッドにかかる追加費用になります。

 

 

差額ベッド代がかかるときは、どのようなケースなのでしょうか? 2つの場合が考えられ、入院手続き時に同意書にサインをした時と患者自らが希望した場合に請求され掛かってきます。

 

この差額ベッド代は、同意しない・拒否した場合は請求できない事になっています。とはいうものの、入院手続きの最中に断れないのが実態のようです。一般的には、一日3,000~7,000円程度が通常ですが、長期入院ともなれば30日×7,000円=21万円とバカにできません。

 

そんなケースに陥らない為にどうすればよいのでしょうか。出来る事としては、同意書にサインをする前に「支払える余裕がない」とか「差額なしを希望する」と病院側に掛け合う事、或いは同意書にはサインはするものの、署名の横に「差額無しの大部屋希望」などと一言書き添えておき、入院中空いたベッドへの移動を要望するのもいいかもしれません。望んでここに入ったわけではないという証拠にもなり、交渉の余地が出るでしょう。

 

それ以外にもまだまだあります。食事代(療養食事費)が掛かり、一般課税対象者は、食事代に関しては1食460円が自己負担、残りは食事療養費として国民健康保険が負担します。住民税非課税世帯の人は、申請により負担額減額となります。

 

その他の費用として病衣レンタル代などもあり、これは全額自己負担です。病院にもよりますが、1日200円~500円程度でレンタル可能だったり、CSセットという日用品となるタオル類・日用品等を用意しています。急な入院でも持込み、洗濯、家族の往復をする手間と費用がなくなりますが費用が掛かってきます。これらも保険適用はありません。

 

 

とにかく高額療養制度を申請する

 

そんないろいろと掛かる入院費用ですが、高額療養費制度を活用すると医療費の自己負担は抑えることが出来ます。高額療養費制度とは、月初から月末までにかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額を超えた部分が払い戻される制度です。

 

健康保険証を病院の窓口で出すと通常3割負担になりますが、入院では医療費が高額になる可能性があるため、1ヶ月の上限を定めている制度です。ただし、高額療養費制度では差額ベッド代、食事代、保険外の負担分は対象とはなりません。高額療養費制度は収入によって自己負担限度額が違います。

 

病気や怪我などで緊急入院となったら、病気の心配はさておき、お金の安心手続きをすべきです。万一、医療費の負担が大きくなった時を考え、健康保険の「高額療養費制度」必ずを活用しましょう。

 

この制度は、実は退院後にも申請して支払った医療費の払戻が出来ますが、一時立て替えとなってしまいます。僕の知人にも緊急入院してこの制度を知らずに300万円立て替えて支払って、退院後に免除分の払戻しを受取った人を知っています。この高額療養費制度による医療費の払い戻しは、申請作業が必要なため、制度の対象となっている事すら知らず、何もしないで放置している例も結構あるのです。

 

急な入院などで、これから高額な医療費が掛かりそうならば、まずは「限度額適用認定証」を取得しましょう。この「限度額適用認定証」を入手して、病院の窓口に提示さえすれば、請求される医療費が、高額療養費制度の自己負担限度額までしか掛からないのです。

 

 

 

 

手続きさえすればお金の心配も僅かで済みますし、自己負担で支払う医療費も減らすことができます。それと先程の事例のように、後から払い戻し申請をする手間もまったくありません。手続きは、入院した月内のうちに「限度額適用認定証」を取得し、病院の窓口に提示できれば、入院発生月の医療費からでも自己負担限度額の範囲の請求に収めることが出来ます。

 

高額療養費制度の申請には2つの方法があります。

  • 事後に手続きする方法(高額療養費を支給申請する) 一時的負担が大きい
  • 事前に手続きする方法(限度額適用認定証を利用する) こちらを推奨します

 

限度額適用認定証の申請は、自分が加入している保険者に申請して交付される認定証です。入院時にすぐ申請して「限度額適用認定証」を提示すれば、窓口での支払いを自己負担限度額で済ませられることができます。

 

自己負担限度額を超えるか分からない場合でも、支給申請しておくことができますので、すぐ手配しておくと良いでしょう。

  1. 自分が加入している保険者に限度額適用認定証を申請し、交付してもらう
  2. 保険者から限度額適用認定証が交付される
  3. 医療機関の窓口に限度額適用認定証を提示する

 

上記が入院月内に完了できれば、医療費の支払いは自己負担限度額までとなります。この高額療養費制度には活用の注意点があります。一つは、月をまたがず入院する事です。緊急入院では出来ませんが、この制度は月初めから終わりまでの医療費が高額なった時に、自己負担限度額額を超えた部分を払ってくれる制度です。

 

月をまたがないで入院すると限度額までにならなかったりすることもあります。逆に退院の時も月をまたぐと翌月分が適用されなかったりします。緊急は無理ですが、入院日程や退院日程を確認しながら入院タイミングを計ると余計な出費が抑えられるでしょう。

 

入院に掛かる様々な費用と対応できる手続きを知り、万一の時に家族に対応してもらう事

ポイント

 

私たちの生活の中では、偶然おこる予期せぬリスクに囲まれています。病気やケガはいつ起こるか分かりませんが、貯蓄がある程度あれば、入院費用は貯蓄から支払えます。


病状や治療内容によっては入院期間が長くなったりすると思わぬ出費が掛かります。高額療養制度の限度額認定は、自己負担の医療費を抑えることが出来ます。経済的な負担が大きくならない手段を取ることをお勧めします。

 

最後に万一の時に加入している「医療保険」があれば、保険金が入ります。保険金は退院後の請求となることが多い事も知っておいてください。どんな医療保険なのか特約なのかを、あらかじめ保険証の確認をしておくことも慌てることがなく安心でお勧めします。

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW