FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > マネーストレスフリー > 【下町FP】共働き夫婦の年金と老後ははこうも違う

【下町FP】共働き夫婦の年金と老後ははこうも違う

 

 

 

今や働き方も価値観も生活スタイルもさまざまな中、共働き夫婦が増えています。現在の夫婦共働きの割合は? 総務省の2017年の就業構造基本調査によると、「夫婦共働き世帯」の割合は48.8%とされています。 子どもの有無に関わらず約半数の家族世帯が夫だけでなく妻も働いているという統計になります。

 

ますます多様な働き方となる世帯は、厚生年金に加入するのか、扶養範囲で働くかなど税金や年金についても悩みどころになります。確かに所得税や健康保険、住民税としっかり働くと天引きされる経費も増えます。しかし、老後の受取年金も世帯で増加するのも事実です。

 

一昔前は「あこがれの専業主婦」でした。1980年当時は3世帯あると2世帯が専業主婦世帯になっていたそうです。実は、共働きの増加はあるものの、最近のアンケートでも「専業主婦になりたい」と考えている女性がまだ4割もいるそうです。

 

 

今の時代だから共働きを選択している方とやむおえなく働いている方も混在しており、専業主婦がいいと考えている方も根強くいらっしゃる実態が見えてきます。そんな昨今、金融庁発信の「老後年金2000万円不足」が大きく取り上げられたのは、記憶に留めている方も多いと思います。

 

その報告書に書かれていた内容は、一定のモデルケースが前提です。よく使用される夫婦世帯のモデルケースなのですが、「夫65歳、妻60歳」という、平均的とされる夫婦の老後についての試算です。

 

老後モデルの前提は、収入源が年金だけという無職の夫婦です。この夫婦の収入は年金の月約21万円だけとの設定です。夫は厚生年金、妻は第3号扶養者となります。あくまで平均的なパターンから割り出したこの夫婦の支出は月約26万円、したがって月に5万円の生活費の不足が生じているのです。

 

毎月5万円の生活費の不足が続く中、85歳まで生きるとして20年間あります。マイナス5万円×12か月×20年だと約1,200万円の不足。95歳までの30年間だとすると、1,800万円が生活で不足します。老後年金2000万円不足」問題はこういったモデルから導き出された試算なのです。

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。公的年金制度が主に想定していたのは「片働き夫婦」、つまり会社員の夫と専業主婦という夫婦です。年金受給での厚労省モデル世帯は、今でも片働き夫婦世帯なのです。これは、「夫:基礎年金(国民年金)+厚生年金、妻:基礎年金」という従来モデルです。皆さんどう思われますか?。

 

 

 

今や多くの女性が働く世の中となりました。総務省統計局の調査でも、20歳代後半~30代前半の女性の就業率は、2018年に77%になったそうです。一昔前は女性は「M字カーブ」を描くと言い、結婚と子育てを行なう年代の就業率がぐぐっと下がっていましたが、最近はこのカーブも解消となってきています。

 

結婚や子どもの誕生で離職せずに職場に復帰をする。あるいはパートで働く時代になったのです。これはある意味では、女性が戦力として働き続けられる社会になってきたとも言えるわけです。この変化は、今までの年金受取モデルとは異なる老後モデルの台頭に繋がります。このモデルは、「夫:基礎年金+厚生年金、妻:基礎年金+厚生年金?」というモデルに変わってきているのです。

 

このモデルでは老後の収入がモデルと大きく変わります。いわゆるダブル厚生年金の夫婦の誕生です。厚生年金自体は10年間の納付で受給資格が得られます。その加入状況によりますが、片働き夫婦と厚生年金をダブルでもらう夫婦を比べると、経済的な差が年間100万円にもなる可能性も出てきます。

 

今や人生100年時代に向かっています。特に女性の平均余命は長く、65歳からの90歳と想定しても25年間の老後期間となりますから、終身年金としての受取額累計は、片働き夫婦と比べて大きく差が開く可能性があるのです。

 

下町FPライトメルマガは、FP視点からの簡単なワンポイントで情報を整理したお金のお得情報をお届け発信をしています。

 

 

多様化する夫婦の働き方から老後年金が変化

 

夫婦の働き方の変化は受取年金のモデルケースが単純でなくなったという事に繋がります。夫婦それそれの働き方や年金の種類と加入期間の違いによって、夫婦それぞれの65歳からの「老齢基礎年金」や「老齢厚生年金」のパターンが違ってきます。特に厚生年金加入の共働き世帯は、二階建ての年金受給となり、過去の保険料が同じであれば、夫婦それぞれの年金額も同じになります。

 

 

上記の図を見て下さい。一番左の図が現在の夫婦の年金モデルです。「夫:基礎年金(国民年金)+厚生年金、妻:基礎年金」で夫婦で24万円モデルです。このモデルは夫が40年間、厚生年金に加入していた設定です。もちろん夫の平均報酬月額により厚生年金は増減します。

 

次のパターンは夫婦共働きで40年間厚生年金加入のケースです。妻の平均報酬月額が若干低いものの、「夫:基礎年金+厚生年金、妻:基礎年金+厚生年金」という最強の年金を受取れるパターンです。このケースがなぜ最強なのかについて考えてみたいと思います。

 

この夫婦の老齢年金は29万円です。モデルケースの夫婦との年金差額は月額6.1万円になります。毎月6万円の生活費の余裕が発生する中、85歳まで生きるとして20年間では、6万円×12か月×20年だと約1440万円のプラス受取りとなります。95歳までの30年間だとすると、2160万円が増額されるのです。この夫婦では「老後年金2000万円不足」問題はないかもしれません

 

また、この夫婦が最強と言えるのは、正社員として働いた結果、退職金の受取も発生する可能性があるからです。しかも退職金もダブルで受け取れるという事なのです。退職金は中小企業で500~1000万円、大企業だと2000万円以上にもなる最後のご褒美もあるからです。

 

 

H30厚生労働省「就労条件総合調査」より大卒退縮金の推移より

 

 

退職金は、調査平均水準でも減少を続けていますが、それでも約1,800万円支給されています。これが「夫婦ふたり分」もらう場合となれば、貯蓄も倍増します。片働きとの場合とでは、退職金は最後に貰う大金ですから、大違いなのです。

 

退職金の考え方は様々ですが、退職金は支払うべき給与の一部を積み立てて貯蓄をしているイメージです。退職金のない会社では、全額を給料で支払っていると考えられます。すると、貰ったお金を使ってしまっていると、会社を辞めてもまとめて払ってくれるお金はありません。給料からの強制的な貯蓄という意味合いが強いのですが頼もしい味方です。

 

次の年金ケースからは夫婦共働きながら年金加入に差があるケース、男女ともおひとり様のケース等の老齢年金の試算です。もちろんこれだけではありません、自営で夫婦で国民年金のみとか、パートやアルバイト、専業主婦などの組み合わせにより年金は異なります。同じ共働きでも国民年金(老齢基礎年金という)だけでは老後生活は困難です。

 

国民年金は40年間納付で78万円の年金です。夫婦で受給できても月間13万円、年間では156万円です。2000万円年金モデルの夫婦支出は、月約26万円でした。すると月に13万円の生活費の不足が生じる計算になります。

 

前回同様に計算すると、85歳まで生きる20年間では、マイナス13万円×12か月×20年だと約3,120万円の不足。95歳までの30年間では、4,680万円が不足するのです。

 

公的年金は、民間の個人年金と違って終身年金です。つまり長生きする限りずっと支給が継続され、受取り続けられる年金なのです。やはり厚生年金の共稼ぎ夫婦が最強の老後夫婦だという事がお分かりいただけましたか。「老後に3,000~4,000万円の差」が退職金も含めると出るのです。

 

 

働き方の違いと夫婦年金加入の違い

 

夫婦の働き方によって、こんなに老後格差が開く事実、お分かりになりましたか。夫婦の働き方によって、年金額が違うのは事実なのです。


1. 会社員の夫と専業主婦の妻 

2. 会社員の夫と会社員の妻(加入期間や平均報酬月額による差あり)

3. 会社員の夫とパート・契約・派遣社員の妻


これに加えて、加入公的年金が国民年金だけなのか、厚生年金加入なのか、ついでに退職金の有無などが人生の老後資金にはダイレクトに影響してきます。


年金受取額や退職金は、あくまでも現在の年金制度や退職金統計に基づく予想値です。特に年金額は、各個人の加入状況や今後の経済状況により決まるもので、正確な数値を表したものではありません。

 

共働き夫婦であっても、妻の働き方によって、老後年金額が相当違うということは理解していただけましたでしょうか。やはり夫婦2人分の厚生年金は老後の生活にゆとりをもたらすことがわかります。

 

 

老齢年金の不足を補う取り組みで挽回を

 

公的年金は、加入期間と納付状況で40代の時には、ねんきん定期便などである程度試算出来ます。あるいは会社の退職金制度なども将来貰える退職金の有無や金額を事前に計算が出来ます。もし、年金月額が支出に対して不足する事が分かったら、すぐに手を打たなくてはいけません。

 

その挽回方法は貯蓄と資産運用による不足資金の資産形成となります。保険でしたら個人年金保険、貯蓄でしたら積立貯蓄による先取り貯金が有効ですが、制度としても別にNISAとかiDeCoといった不足分を補う仕組みがあり、現在相当数の方が運用されています。

 

NISAとは、通常の株式や投資信託などの売買益や配当金などが非課税になる制度のことです。iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金のことで、自分で将来のために月々の積立金額となる掛金を設定し積み立てる個人年金になります。iDeCo(イデコ)とNISAは基本的な仕組みや税制などの違いがあります。

 

 

資産運用が中心となるので株式の派生商品=投資信託などによる運用となりますが、積立貯蓄や保険商品などの元本確保型の商品もあります。将来の不足額を計算して、リスクをどの位取るのが良いのかを計りながら、長期投資をされるのがいいと思います。

 

共稼ぎ夫婦の老後は最強の年金受給になるのは間違いない

ポイント

働き方は様々だが、共稼ぎ正規社員夫婦はダブル厚生年金・ダブル退職金・ダブル資産運用で間違いなく最強。

 

 

公的年金が将来、給付額をカットする可能性があっても、共働き正社員夫婦ならば、うろたえる必要はありません

 

健康保険や介護保険の自己負担が高くなったりしても、ダブル厚生年金夫婦が圧倒的な強みであることに変わりはない

 

今よりさらに老後の上乗せをしておけば、もっと安心の確保もできます。個人型確定拠出年金(iDeCo)や積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)といった制度を夫婦がフル活用すれば老後の安心は確かといえるかもしれません

 

積立額は月数万円でもいいのです。あなたの必要資産の形成を始めましょう。ダブル厚生年金、ダブル退職金にダブルiDeCoが加わった「トリプル老後準備」も可能となり、共働き夫婦の未来を更に明るくしてくれることでしょう。

 

老後資金、心配ありませんか? FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。


継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来ます。その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

 

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。 記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

(必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

登録はここをクリック

 

登録は メルマガを申し込む

 

解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW