FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > ライトメルマガ > 【下町FPライトメルマガ】休眠口座預金の活用が始まっている

【下町FPライトメルマガ】休眠口座預金の活用が始まっている

 

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

銀行に口座をつくったものの解約をせず、忘れられた口座があります。事情は様々でしょうが、この休眠口座の預金が活用され始めているそうです。この仕組みは、2019年からスタートされた法律がベースとなっています。正式に一定期間放置すると権利が消滅してしまうというものです。

 

 

2009年から10年以上取引がない預金は、休眠預金として日本民間公益活動連携機構に移管管理される事になるという。この法律ができる前は、各銀行の管理に任されていました。この点が法律で大きく変わっており、この3月に実際の回収された預金の活用が始まりました。

 

 

あなたにも忘れられた預金がありませんか? このメカニズムや活用について調べてみました。

 

ライトメルマガは、簡単なワンポイントお金のお得情報を中心に発信しています。

 

 

休眠口座とは何を指すのか

 

2018年1月から正式に「休眠預金等活用法」が施行されました。内容としては、09年1月1日から10年以上、入出金等の取引のない預金等(普通預金、定期預金、貯蓄預金等)は民間公益活動に活用するという事に決まりました。

 

政府の説明資料では、預金者等が名乗りを上げないままの休眠預金は、毎年700億円程度(平成25~27年度時点)もあるそうです。とてつもない金額ですね。

 

政府はこの活用を以前から考えていて、「預金等の公共的役割に照らし、預金者等に払い戻す努力した上で、休眠預金等を広く国民一般に還元」する考えの下、休眠預金等活用法が施行されたのでした。

 

金融庁の資料では、2011~2015年度において、平均1,000万口座、金額にして1000億円を超える休眠預金が毎年新たに発生しているそうです。このお金は、帳簿上は金融機関の収益に計上されていました。ただし、その後預金者からの払戻請求があれば支払いには応じていたものです。

 

 

 

そもそも休眠預金は誰のものなのでしょう。商法第522条では、銀行預金は5年間、信用金庫は民法第167条で10年間を経過すると預金の消滅時効となり、忘れ去られた預金の預金者権利は消滅して金融機関に異動していました。

 

 

金融機関も忘れているお金とはいえ、休眠の範囲は各金融機関の判断で行われ、通帳記帳、残高照会、顧客情報の変更等を対象の有無などを加えることもあり、各銀行のホームページ等で休眠口座の判断を公表していました。

 

 

休眠預金発生のメカニズム

 

 

小さい頃のお年玉やバイト代の振込口座。全額下ろした筈が後から利息が入っていたのに気付かない預金。家の引き出しから10年以上手を付けていない郵便局の通帳が出てきた。誰も知らない預金者の死亡・失踪、いろいろと事情も考えられます。

 

昔なので住所・名前も変わっていて、届出印もどこに有るのか分からないなんて言うのもありそうですね。

 

あまり聞かない金融機関に指定給与が振り込まれる、或いは預けているケースもあるでしょう。本当は、少なくても年に1回は通帳を記入する等の管理をしないと忘れてしまいます。

 

小学生の時の貯めたお小遣い、事情があって引越してしまったら昔の口座、ネット銀行などは通帳もなく、IDやパスワードすら忘れてしまった口座の事なんてのもあるのではないでしょうか?

 


「めんどくさいから」「どうせ残高は数百円だから……」「分からなくなったから」と忘れられ、放ってある口座くらいは、誰にでもありそうですよね。今後は、この忘れ去られたお金が誰かに使われることになるのです

 

 

没収活用された預金はどこに行く?

 

日本民間公益活動連携機構(JANPIA)という組織が出来ました。この組織は、休眠預金等活用法が全面施行されたことに伴い、この法の指定活用団体となることを目的に、経団連によって設立されました。

 


具体的には、NPO団体等への事業支援を指定活用団体への予算配分をしています。

日本民間公益活動連携機構(JANPIA)のホームページ

JPNPIA

 

助成内容は、子どもおよび若者の支援にかかわる活動、日常生活または社会生活を営む上での困難を有する者の支援にかかわる活動、地域活性化等への支援にかかわる活動等を促進するために、それを行う民間の団体やNPO法人に助成金や貸付けを行う予定です。

 

 

JANPIAは、同法に基づく指定活用団体として、民間公益活動を行う団体(実行団体)に対して助成、貸付け又は出資を行う資金分配団体の公募を行い指定要領に沿って事業支援を実施してゆきます。

 

毎年忘れられた数百億円は、今後は民間公益活動に活用されていきます。

☞ポイント

 

休眠預金について触れましたが、毎年莫大なお金が使われないまま放置されている事が分かれましたか。

給与口座・貯蓄口座・運用口座と自身でも管理をしっかりして定期的にチェックすることをお勧めします。

 

 

貯蓄がなかなかできない方の特徴に、少額のお金に無頓着〇〇〇円ぽっちだからどうってことない、自身のどの口座がどうなっているのか知らないといった特徴があります。

 

 

2019年は公募が完了、資金分配団体は以下の事業が採択されました。皆さんの休眠預金の活用は以下の事業に配分されています。

  1. 草の根活動支援事業 全国/地域ブロック
  2. 新規企画支援事業
  3. ソーシャルビジネス形成支援事業
  4. 災害支援事業

 

自分のお金。自分で管理かる家計改善は長期運用でも大事です。家計相談や診断もFPは行います。FPをあなたの資産管理や運用に活用しませんか?

きっとお役に立てますし、人生が変わる契機になるかもしれません。

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

 

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。

 

 

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

ライフプランの作成サンプルはここから 実際のライフプランサンプル

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

■無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

 

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

    ■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

     

    登録はここをクリック

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

     

    登録は メルマガを申し込む

     

    解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW