FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > ライトメルマガ > 【下町FPライトメルマガ】ゼロ金利の先にあるもの

【下町FPライトメルマガ】ゼロ金利の先にあるもの

 

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。

 

米国の連邦準備制度理事会(FRB)は15日、臨時の連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利を1.00%引き下げ、年0.00~0.25%にすることを決めました。これは08年のリーマンショック以来の実質ゼロ金利になります。    

 

 

それほど米国は危険な状態なのかと、逆に投資家にリスクを喚起した格好になってしまいましたね。ショックは収まります。今更の慌て売りや下落途中の追加買いも危険です。ここは、じっくり待って、反転し始めてからの順張りで待ちましょう。

 

 

世界で新型コロナウイルス感染拡大から世界的なコロナショックが起こっており、株価も乱高下しながら暴落しています。米国の景気が悪化するリスクが高まったということで、ゼロ金利政策でテコ入れをしたという格好です。

 

 

この緩和措置が市場の混乱でなく、後々の最終的には景気の下支えと反転の材料となることを祈るばかりです。  

 

時事ドットコムより【米国の金利推移グラフ】  

 

国債は一般には最もリスクが低い投資対象です。その国債の利回りがほぼゼロ%になったり、マイナスになったりすることは、安全確実に収益を上げる投資の方法がなくなることを意味します。    

 

 

今、先進国では金利低下競争ともいえる状況です。金利誘導ともとれる措置が各国の中央銀行で行われています。この金利の消えた世界で私たちはどうすればよいのでしょう。どんなに保守的な投資家でも、収益を得るためにはより高い資産に資金を振り向けざるをえなくなるのでしょうか。    

 

 

金利と言う投資先がなくなる中で、このマイナス金利とどう向かい合えばいいのでしょうか。まずはマイナス金利下のメリット・デメリットを知り、この政策と付き合いましょう。  

 

 

ライトメルマガは、簡単なワンポイントお金のお得情報を中心にサックリと発信しています。

 

 

世界の金利蒸発と日本のマイナス金利の功罪

 

下の表は、先進各国の国債利回りの過去推移を編集したものです。既に日本やスイスはマイナス金利に突入。 マイナス金利が、銀行の収益を圧迫しています。欧州も0%金利となり米国だけが景気回復と好景気をベースに2019年まで謳歌していました。

 

     

 

現在、超低金利の代表はスイスで、なんとマイナス1.25%に達しています。高金利国とされたイギリスやオセアニアもも金利は急速に低下してきています。お金を貸せば金利を稼げるのが金融の原則の筈ですが、その金利がまるで蒸発でもするように急速に消えつつあります。

 

 

ところで、日本のマイナス金利について誤解を持っている方によく出会います。金利がマイナスになるということは、銀行に預金していると、金利を取られて減っていく。タンス預金がいいといった誤解があります。この日銀の政策は、銀行が日本銀行に預けている資金の一部をマイナス金利にするという、銀行間の金利の話なのです。    

 

 

このマイナス金利の導入という金融緩和政策を受けて、長期金利の利回りが急速に低下しました。長期金利の低下は、金融機関のローンや預金金利などを決める際に目安となっている為、私達の定期預金から利回りがなくなったり、住宅ローン金利が一段安になるなどの影響が出ています。  

 

 

特に苦しいのは銀行です。貸出し利率は低下するは、運用しないお金を日銀に預けると-0.1%の金利が掛かると二重苦です。体力の無い銀行の合併も起こっています。

 

この金利の先に起こってくるもの、ここでマイナス金利下でのメリット・デメリットを整理しておきたいと思います。

 

 

マイナス金利下でのメリット

 

 

マイナス金利は、金利と言う時間を掛けて増やす方法を失くしてしまいました。しかしながら、金利が低くなることでメリットも出てきます。  

 

マイナス金利のメリットについて5つ考えてみました。

 

 

1:ローンの金利が低下する

(高額ローンである住宅ローン、自動車ローンの適用金利も低下)

ローンの支払金額が減る事で、今まで所得が低くローンを借りれなかった人の審査難易度が実質緩和されます。よってローンを組みやすくなります。自動車業界や不動産業界にもプラスの恩恵があるといえます。

また、ローンり借り換えを行う事で金利の負担軽減ができます。今や0.4%レベル以下の変動金利の住宅ローンも出ています。1%以上の金利差なら借り換えは相当お得です。    

 

 

2:円安になりやすい

マイナス金利は、円を持っていても金利がほとんど付きません。

ですから海外の高い金利を狙った投資が発生します。円安を導きやすいのです。

 

また円が安くなると、日本に来る外国人が増えます。そして円安下での消費も喚起されます。訪日外国人が増える事で、観光業、旅行業、航空業界、小売業界にインバウンドの追い風が期待できます。

 

また国内では、円から外国の高金利通貨に投資するなど、金利が狙えますので、外貨に両替し投資する投資家も増えます。    

 

 

3:株価が上昇する

円安発生により原油や輸入品の価格が上がりやすくなります。そうなると物価が上昇し、連動して株価上昇も期待できます。

輸出企業の競争力が高まり、売り上げ、収益が増えます。それによって所得の上昇も期待できます。    

 

 

4:インフレ期待で量的緩和が進む

日本銀行は額面以上の金額で国債の買い入れをしながら金利をコントロールする綱渡りとなります。しかし、これによって量的緩和が進みインフレへの誘導が期待できます。    

 

 

5:定期金利が低く投資機会損失が起きにくい

貯金しても定期預金をしても利息らしいものが付きません。置いておいても、投資をしても短期間ならあまり変わりません。逆に考えると、現金で持っていても投資の機会損失が起きにくいという逆説的なメリットも起こります。

 

 

マイナス金利下のデメリット

 

いままで頼りだった米国金利が急低下した事で、米国への債券投資も、魅力がなくなり為替リスクが大きく、暫く投資出来そうにもありません。国内はマイナス金利導入に伴い、定期預金や普通預金の金利が引き下げられ、結果として生命保険各社の貯蓄性の高い終身保険の販売停止が余儀なくされています。    

 

 

1:口座の金利が下がり利息が望めなくなる

個人が銀行に預金をしても利息がつかないので、お金を預ける意味がなくなります。貯蓄としては有効です。

銀行も日銀に預けても利息収益が得られません。逆にマイナスです。そうなると銀行の利息も下がってしまいます。    

 

 

2:金融機関の利益が少なくなる

銀行が預金の運用で利益確保が出来なくなります。

すると設備投資や口座維持に掛かる経費を賄えなくなり、口座維持手数料やATM利用料、振込手数料の引き上げを実施する可能性が出てきます。利息は少なく手数料は増えます。    

 

 

3:外貨投資やリスクの高い怪しい投資が増える

高い利回りを宣伝する外貨保険や、訳のわからない複雑な金融商品による高利回りをうたう怪しい商品が出やすくなります。

実際何に投資してるのか分からないような怪しい商品に引っかからないように。

 

   

先進国の金利も期待できない状況、よりリスクの高い国への投資は避けて、一時円高局面の外貨確保程度にしよう!

☞ポイント

 

いいことが少ないゼロ金利ですが、メリットを活かすことが大切です。金利状況も時間と共に変化します。

 

今は準備の時です。

 

 

  1. ゼロ金利ですからローン繰上げ返済でなく、ローン借り換えを検討する。
  2. 投資先がなければ、繰り上げ返済も支払い金利削減の投資になると考える。
  3. 先進国の金利は暫く低迷、ゼロ金利の世界を覚悟する。
  4. 外貨投資は凍結して一時的な円高局面での外貨仕入れ程度で待つ事。

  (FXでのポジション確保でスワップ金利受取も有効、最後は投資に使う)

 

 

投資や資産形成において、それぞれのキャッシュポジションや年齢により、許容リスクは皆違います。迷ったらFPに相談してみて下さい。

最適な方法を一緒に考えてみましょう。メール相談お待ちしています。

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************        

 

人生にはライフイベントが色々控えています。  

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?  

 

僕も40代の時に悩みながら、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。      

 

 

50歳過ぎた時に、現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。  

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。  

 

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。

 

キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

     

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。  

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

 

ライフプランの作成サンプルはここから  実際のライフプランサンプル  

 

提供するプランはここから 申し込み・問い合わせ  

 

お支払いはカードでできます。

 

   

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF) ライフプラン作成の手順    

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓    

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。  

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。    

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。  

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************  

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。

 

記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。  

 

 

★更にお得な情報

■無料メール相談・FPプラン申込み依頼

    お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

 

FP申し込みプランはここから FPブランメニュー

 

   

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。  

 

無料メール相談も大歓迎!!

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

 

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

 

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

     

    ■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。

    ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。

     

    登録はここをクリック

     

    登録者には無料の4つの特典を進呈中

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中  

     

    登録は メルマガを申し込む  

     

    解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW