FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > 家計改善 > 【下町FP】(相談より)専業主婦の年金未納の疑問

【下町FP】(相談より)専業主婦の年金未納の疑問

 

資産形成でマネーストレスフリーを目指すあなたを支援する下町FP横谷です。  

今日は相談者ご夫妻より、年金の増額と年金記録の未納相談を受けた話です。

 

※ご了解を頂き、共有事項として。このご相談を記事にさせていただきました。  

 Tご夫妻様ありがとうございました。 

 

 

ご相談者 T様ご夫妻  東京都在住自宅マンション所有ローンなし

旦那様 64歳 現在特別支給の厚生年金受取中

奥 様 60歳 特別支給年金受取開始前は61歳

お子様 独立されて現在はお二人で暮らされている    

 

 

■相談内容

ねんきん定期便を見たら身に覚えのない未納期間が

 

旦那様よりの相談から

 

奥様の特別支給の年金受け取りが近づきねんきん定期便を見たら、

結婚後ずっと専業主婦だったのにも関わらず未納表記があった

 

結婚当初時の未納であり、当時の事はあまり覚えていない

 

 

家内の年金も満額でなく、少しでも増やしたい、良い方法はないか?  

 

・・ホームページからのメール相談、そこから発展しての個別面談でした。

 

 

僕からのアドバイス

 

ねんきん定期便を見せていただきました。

 

昭和57年に結婚後、ずっと専業主婦だそうで、24歳の時に結婚されています。  

奥様の年金納付期間は、結婚前の就労も含めて429ヶ月で65歳での老齢基礎年金の見込み額は68万円と表示されていました。

(国民年金満額は480ヶ月納付で年間受給は78万円)

 

 

その後頂いた年金データから表記は以下のようになっていました。

(年金ネットより)  

ご覧の通り24歳で結婚退職されてから一定期間未納となっています。

ご夫婦のこの頃の記憶は全くないとの事でした。  ↓

   

奥様の記録を確認、28歳からは3号扶養者の年金記録が国民年金となっていましたが、その前の3年7ヶ月間は未加入となっていますね。

 

 

相談ご夫妻は実は年金の記録漏れではないかも思われたようですが、

実はそうではないんです。  

 

 

実は、現在60差前後の専業主婦だった奥様のサラリーマンの専業主婦の扶養制度の話で、

第3号被保険者の国民年金適用は、昭和61年4月から始まってた為でした。  

 

 

昭和61年3月までは、厚生年金保険の方の

被扶養配偶者は、国民年金に任意加入できるとされていました。

 

 

この奥様は任意加入をされていなく、

制度が始まった昭和61年4月から国民年金の記録が3号扶養者として付いていたのです。  

 

 

この任意加入しなかった期間は、老齢基礎年金の受給金額には反映されません

 

ただし、「合算対象期間」として、受給資格を得るために必要な加入期間には算入はされます。  

 

 

年金は最低10年120ヶ月納付があれば、少しだけは支給されます。

最大40年納付の480ヶ月で満額となる中で、奥様は納付期間としてはカウントされますが、支給には反映されない期間となる事を説明しました。

 

   

しかし、年金制度の件は何十年と掛ける年金ですから、当時の記憶もないのが当たり前です。  

年金記録漏れ事件以来、疑心暗鬼となるご夫妻の気持ちもわかる気がします。

 

 

Tさんご夫妻は制度については知らず、記録ミスでなく安心されていました。

そして老後のキャッシュフロー表作成と改善提案プランを要望を受け、作成後の再面談となりました。  

年金をもっと増やしたい、今から出来る提案を 

退職金を貰い特別支給の老齢年金で暮らされているご夫妻です。

 

 

ライフプラン要望によるキャッシュフロー表が完成し説明します。

実は、旦那様が87歳で資産取崩しがマイナスになる可能性があることも分かりました。  

 

あくまで生涯収支の可能性の話です。

 

 

資産寿命を延ばす改善提案も実施します。

そこでパート就労や投資などの収入UPの可能性の確認をした結果、

年金受け取りの繰り下げプランと保険の一部見直しを提案しました。

 

それと奥様の長生きリスクに対応したいとの希望で年金見直しも実施します。

 

 

 

相談は、FPの一方的な考えを押し付けるのでなく、ご夫妻が判断できるよう提案をしてサポートすることがFPの役割であると考えています。

 

 

保険加入についても年齢に相応しない過剰な保険を継続されており、解約と別保険加入の余地を確認。

 

 

次に老後の生計安定に向け、65歳からの旦那様の老齢厚生年金は受給、基礎年金の繰り下げを提案しました。

 

■整合決定した提案内容

旦那様老齢基礎年金のみ繰下げ 

65歳          74万円の年金

66歳 増加率8.4%   80万円に変化

67歳 増加率8.4%   87万円に変化

68歳 増加率8.4%   94万円に変化し3年繰り下げる提案を採用  

 

 

奥様の年金受取額の増加提案  

 

※奥様は年齢も若く、旦那様より多くの基礎年金が将来役立つと判断

現在の年齢61歳からの老齢基礎年金を任意継続と、68歳迄で増額提案を採用

16,410円×3年(36月)=590,760円納付

 

 

この国民 年金と同時期間は付加年金400円も追納して追加増額も計る

400円×3年(36月)=14,400円納付  

 

 

これで、奥様の納付月数が36ヶ月増加し、受給年金が増加します。    

また、旦那様がもしもの時は遺族厚生年金受給となり、これも説明しました。

 

 

試算

国民年金は1ヶ月納付すると、月額1,625円増加しますから58,500円の年金増加

 

付加年金は1ヶ月納付すると200円増加しますから、7,200円の年金増加

 

任意加入にて年金は65,700円の増加が見込めます。    

 

そして、その増加する年金を奥様も68歳迄年金繰り下げ提案 

増加率0.7%×36=125%  1.25倍の受け取り増となります。

 

この3年間は、厚生年金と貯蓄の取り崩しで対応出来る事を確認して終わりました。  

 

ライフプランイメージ

 

改善シュミレーション

 

この改善方法で

100歳迄、介護予算を加味しても、資産寿命は尽きなくなりました

 

 

年金の本格受取りの68歳以降には余裕のある生活が可能となりそうで喜ばれていました。    

不安が解消され、安心されお帰りになりました。ご夫婦はさっそく手続きをされるそうです。  

   

もちろん、このまま相談せず65歳から年金をご夫婦で受給されても大丈夫だった可能性はあります。

多くの方は長生きリスクに不安を抱いており、相談に乗ることで選択肢が増えたという事です。

 

 

人生にはライフイベントが色々控えています。  

 

あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?    

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。  

 

50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。  

 

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。  

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。  

 

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。  

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。  

 

 

これによって結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。  

 

 

ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。  

 

 

FPライフプランレポートのサンプル (相談の進め方PDF)

 

ライフプラン診断(キャッシュフロー表)はここから

 

 

         

 

 

迷ったら、まず相談から。ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。  

 

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。

 

僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。  

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。    

 

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。

 

これこそが投資です。   お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

******************************************************************  

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。  

記事が少しでも参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。

 

他のプランナーの記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。  

 

 

★更にお得な情報

■無料相談・プラン申込の依頼

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

メール相談は無料、初回面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。  

無料メール相談も大歓迎!!  

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。  

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

⑤導入商品:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

FP事務所トータルサポート個人情報保護方針に同意します

 

■メルマガ発行特典 絶対お得です!!

メルマガ発行をしています。

ブログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標に

マネーストレスフリー支援します。   

 

登録はここをクリック

 

登録者には無料の4つの特典を進呈中  

 

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中  

 

登録はここから  

 

解除はここから    

 

人気ブログランキング