FPブログ | FP事務所 トータルサポート 独立系非販売のファイナンシャルプランナーが経済的自立FIREと資産形成を支援

2020年、所得は増えてゆくのか【下町FPブログ】コラム

 

ファイナンシャルプランナー.jp

 

 

FPブログ解説 はじめの一歩は『願う事』から  

 

マネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。    

 

新年おめでとうございます。

 

新しい年を迎えて、私たちの生活はどんな方向に進んでゆくのでしょうか?

 

2019年、年末の株価は年初来高値の24,000円にタッチするというある意味不思議な上昇をしています。

 

なぜ不思議かというと、普通に生活していると景気が回復している実感が少ないのが原因です。この状況についてコラムにて整理してみました。

 

PCの方、クリックすると大きくなります↓

 

 

上記株価チャートを見て下さい。

1989年に38,957円を付けました。

 

チャートの上昇を見て下さい。この線一本は月足と言ってひと月の株価幅を表しています。    

 

 

ざっくり見ると1970年初めから1990年バブル崩壊まで一本調子に上昇しています。

 

つまり企業の業績も中国だとかやれBRICSだとか、原油などの現物不足だとかでその時点で株を買っていた人は皆、儲かったともいえます。

 

 

そこからバブルとなった株価はは一気に崩壊し、その後10年間は急下落後はダラダラと下げる時代になりました。皆、深手を負うことになりました。

 

そして、2000年初頭に少し回復と思ったのもつかの間、リーマンショック・東日本地震が起こりました。

 

そしてバブル崩壊を上回る下落が2008年に襲われ、ついに株価は6,994円を付けました。労働市場は正規雇用から派遣労働者が溢れ、労働者の首切りが横行し派遣村が出来ました。

 

これは経営者が雇用という固定費を派遣・パートというある意味変動費に変えて収益を出す構造にシフトした事を意味します。

 

それは年金・退職金等の負担のかからない労働者を雇用する。 あるいは外国人雇用による費用圧縮で成長してきた証です。

 

背景には世界市場で競争力のある製品を出すという名目で低賃金を政府も黙認したことになります。

 

企業の収益は改善し、今や内部留保額も最大値となっています。株価も2010年から買い始めた方は相当の含み益がある世の中です。

 

それでも世の中は景気回復感が感じられません。

 

なぜでしょうか。

 

 

30年間低賃金、低成長に私たちが慣れてしまったからでしょうか。

 

 

社会負担の増加に給与の増加が追い付いていない時代到来

 

 

つまり手取りが増えにくい時代になってしまったのです。 背景は様々あります。少子高齢化による社会負担増加、健康保険や年金支給はまだまだ増えます

 

支える子供は年間90万人も割り込み、70年代200万人新生児の半分以下です。そしてより安い労働力として、都内では外人労働者しかいない店舗なんて珍しくない状況です。

 
 
 
給与-(税金+社会保険料)=手取り収入

 

 

この手取り収入のことを「可処分所得」と言ったりします。 自由に使えるお金ですよね。

 

この式からも分かるように、手取り収入が増える要因として、給与が増えること、税金・社会保険料が下がることの2つが挙げられます。

 

残念ながら、税金も社会保険料も右肩上がり傾向ですが、そして最近は社会保険料の上がり方が顕著です。

社会保険料率の中でも、その数値が高いのは厚生年金保険料率です。

 

そして2000年前半から始まった厚生年金料率の引き上げは、2017年度に上限の18.3%に達しました。そのために、手取り収入は実質増加しなくなってしまいました。    

 

 

政府も最低保証賃金の上昇策や業界に賃上げを要求していますが首を縦に振りません。

 

むしろトヨタなどは現行の雇用と賃金体制は維持できないとメッセージを出しています。

 

 

実は10万円近く所得が減っているかもしれない

 

 

2019年、年収500万クラスのミドル給与所得者の手取りが3年前に比べて、約10万円減っているというやっぱりと言えるデータがあります。 そこにきて消費税10%への引き上げがありました。    

 

私たちの所得は給与に追い付いていない状況が起こっています。 健康保険・介護保険・年金(特に厚生年金)の上昇はこれからもも続くのでしょう。

 

取りやすいところから税金を取るという事で低所得層はさらにダメージになりそうです。    

 

一億総中流時代は、あのチャートに合った1990年を境に変わりました。私たちも気づいたら天引きされている金額が増えてたとならぬよう税にはもっと関心を持つ必要があります。    

 

それからマイナス金利が続く世の中、しかも円安傾向も続いています。円安は私たちの暮らしにはマイナスです。

 

外貨を持ってヘッジしていれば別ですが、いつの間にかスーパーで買う商品が上がっています。 原材料を外貨で仕入れているから、円安は円の価値が目減りしたという事だからです。

 

そんな時代です。 増加する社会保険や知らずに出てゆく消費税、増えない預金金利などに対応する力を付けないと生き残れない時代の到来を予想します。

 

 

だからと言って安直に何かに投資するのは疑問です。

 

ただ、長期運用としたら投資して増加する負担以上のリターンを得られる運用もあります。

 

 

これからは投資運用をやっている人と、ただ貯金している人とに更に二分され、所得格差が広がる時代が令和の時代かと思います。

 

 

FPが不安を払拭するお手伝いをする。活躍できる時代ですね。

 

ライフプラン表が人生の羅針盤になります

 

 

ライフプラン表の進め方

https://drive.google.com/file/d/1B17gOpdAjEiNX6oZwpr6Km0zrN5ZTaqb/view?usp=sharing

 

 

ファイナンシャルプランナーを味方につける。

顧問パートナーを見つけ、 人生を豊かにしてください。  

 

 

最後にランキングのチェックを ⇒ ブログランキング・にほんブログ村へ         

 

まずはFPに聞いてみたいという方はここから (クリックで画面移動します)

 

よく具体的な相談に特化して聞いてみたい方 特におすすめ (好評です!!)

 

個別に顔を見て資料なども含めたWEB面談をしたいという方に最適。

全国どこからでもリモート可能です。(最も指名が多く人気です

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  

申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

・あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

 

・あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

 

・あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

 

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

 

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)

ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。 記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

 

 

 

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

 

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

     

     

          

     

     

    メルマガ会員発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。更新時には、ダイジェストメールが届くので購読も便利です。

     

    登録者には

    無料の4つの特典を進呈中

     

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

    登録はここをクリック

          

     

     

     

    登録は メルマガを申し込む

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会員解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW