FPブログ | FP事務所 トータルサポート 独立系非販売のファイナンシャルプランナーが経済的自立FIREと資産形成を支援

ライフプラン設計

 

会社ロゴとFP協会人生100年家計説消すロゴがミランでいます。

 

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの横谷です。

 

人生の中にはさまざまなライフイベントがあります

・リタイア後の貯蓄が心配

子供が生まれた。教育資金ををいくら貯めればいいの

・マイホームを購入したいがローンを支払っていけるか心配

・家計がギリギリで思ったように貯金がたまらなくて不安

 

 

 

結婚する、家を建てる、子供を留学させる、老後は海外で過ごす…など、わたしたちの将来の夢や目標をかなえるためには、まず、実現までの計画をしっかり立てることが大切です。

 

この人生設計が「ライフプラン」(キャッシュフロー表作成)です。そして、その夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

 

ファイナンシャルプランニングの作成

 

これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクター®」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。

 

 

お金の価値観は十人十色ですので、FPの相談のベースは資産運用、家計改善、老後資金も全て、

 

ライフプラン設計がベース』になります。

 

 

 

マネープランとも言います。

一目で、何歳の時にどんなライフイベントでいくらお金がかかるかがわかる。

 

●一目でその年の貯蓄残高がわかる

●いくら足りないなど、将来の金額がわかる

●10年後、30年後の進むべき地図が手に入れたい

 

そんなあなたには、ライフプランサービスをおすすめします。

 

 

ポイント

 

作成の目的は、過不足額が見える。不足なら改善や見直しをするためです。

 

実際のライフプランサービスのサンプルはここから

ライフプランの作成サンプル

 

ライフプラン比較ツールの記事

 

 

ライフプランは何歳までに作るべきか

 

 

【相談者の経験談より】

ここで僕が経験した実際の事例をご紹介します・・・

 

ご相談者 29歳女性 収入340万会社員の方

貯蓄 預金300万円、投資経験はなし

パートナーと結婚をして同時に話し合っていた希望の住宅を買いたい。

 

パートナー 

31歳男性 収入430万円会社員の方

貯蓄 預金500万円、投資信託300万円

 

お悩み相談内容

結婚をして住宅を買う、そのあと子供を作専業主婦で家計はなんとかやっていけるか?でした

 

 

・希望として考えてるのかは4500万円の都心近くのマンション、将来子供は2人は欲しい。

 

結婚予算は300万円、マンションの頭金に500万入れたい。

 

・自分では・・・

何とかなりそうな気がしているが大丈夫なのか

 

お金に対する心配や不安を解消したいとライフプラン設計を受けられました。

今回は作成、二年目に子供が生まれるシミュレーションとしました。

 

 

ライフプラン結果は・・・

3年で家計破綻、貯蓄が赤字

となりました。

 

 

その後も家計は、10年以上破綻状態が続いていました。相談者も驚かれていましたが、レポートを見て納得されていました。これがキャッシュフロー表です。お金の事前準備の重要性を相談者様は、再理解されていました。

 

そこで、

優先順位を付ける事、どんな夢を実現したいのか

を確認し合いました。いくつかの提案をして改めてライフプラン作成したところ、

家計は黒字化、笑顔家族になりました。

 

ライフプラン設計で、お金との付き合い方を体得でき、喜ばれていました。

 

ライフプランの作成は、相談者の夢や希望に確実に近づきます。

 

その希望を成し遂げるお手伝いをFPはします

 

シミュレーションをする事で毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移していくのかを予測できます。

 

これによって結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できますので、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなっています。

 

ライフプランニングを受けたのは大正解でした。非常に良かったですとの相談者の声が多いのがこのプランです。キャッシュフロー表の作成により、お金の将来の可視化が出来ます。

 

 

将来のことを明確にしてみると、今どれだけお金を使っても大丈夫か、ということがわかります。よって、自信を持って生活・貯蓄・ローン・老後を迎えることが出来ます。

 

将来の見通しが付かず、不安なまま生活を送るのと、将来の見通しが付き、自信を持って生活できるのでは、全くもって大違いです!

 

たとえば、人生の3大資金ってご存じですか?住宅ローンや教育費が大丈夫か、老後は生活していけるか、ということも同時に知ることができます。漠然としていてモヤモヤしていた状態から、スッキリ晴れて安心できる状態になります。

 

特に40代になると、住宅ローンや高校大学の教育費も同時に掛かる中で、老後資金も準備しないと間に合いません。どうやって家計を改善すべきか、今のままで良いのかと多くの方が不安や迷うが出てきます。僕も、Yahoo知恵袋などでは無料相談レベルの相談にも対応しており、みなさんの不安な気持ちはよくわかります。

 

40代になると、定年退職を15年~20年以内に迎える方がほとんどになります。そう言った方にも、ライフプラン設計は有効なメニューです。雇用延長・退職金・貯蓄バランス・生活収支等から本当にリタイアや第二のセカンドライフスタートが可能なのか、どう改善したらよいかを診断・分析・ご提案します。

 

 

雇用延長・退職金・貯蓄バランス・生活収支等から本当にリタイアや第二のセカンドライフスタートが可能なのか、どう改善したらよいかを診断・分析・ご提案します。 もちろん40代で資産形成と運用アドバイスや、定年後の収支を見たい、不安解消して安心したいという方にも最適です。より正確なリタイアイメージがもてると好評です。

 

 

とくに、40代で資産形成と運用アドバイスや、定年後の収支を見たい、不安解消して安心したいという方には最適です。より正確なライフイメージが持てると好評です。

 

ご自身の

ライフイベントやリタイアは必ずやってきます

 

◎いきなりライフイベントは訪れません。事前に準備が出来るのです。

 

リタイアメントプランニングは50歳には始めましょう

 

資産運用は、早いに越したことがありません。

 

自営の方も会社員の方も同様です。貯蓄の課題や改善策を考える時に絶対おすすめしたいプランがライフプラン設計です。必要に応じた資産運用にも有効なメニューで、出来るだけ早い時期にその時のイメージを持っていただくことが人生を優位に進めることが出来るのです。

 

リタイアメントプランニングから判る事

 

 

本当に必要な人生のライフイベントに必要な資金・リタイア資金確保はいくらなのでしょうか?

 

金融庁2000万円不足問題が独り歩きしましたが、ご自身の年金・退職金・資産・運用資金・家族状況さまざまであり、国民年金の方は5000万円問題とも囁かれています。

 

  一般に夫婦が最低限の生活を営むのに必要なお金は22~26万円と言われていますし、ゆとりある生活は36万円ともいわれます。ご自身がハッピーリタイアをする為、ライフシミュレーションの診断をリタイア診断で実施します。

 

ライフプラン表の進め方

ライフプランの進め方PDF  

 

緻密なヒアリングとシミュレーションソフトを活用し、家計収支を最後まで見える化して家計の安全性を診断。必要に応じて改善策をご提案します。資産寿命が尽きないよう早めの診断と定期的なお直しをお勧めします。   

 

   

 

また無料のメールご相談も受けております。ご活用ください。 お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

 

 

『将来の生活設計をきちんと考えたい』

『一度、今後のライフプランを設計したい』

 

とお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

今後の生活設計にとって、プラスになるお話やご提案ができると思います。

 

FPメニューは画像をクリックください。

 

 

 

その他のメニューを探すのはここをクリックください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FPブログのある相談の事例集

 

お得な特典付きメルマガ会員募集 

資産5,000万円のマネーストレスフリーを目指すあなたを支援します。

★無料の4つの特典を進呈中★

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻』

・『ライフイベント表xls』も進呈

・FPも使う資産寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等の特典たくさん!!

 

 

 

   

お金の基本の学習が出来ます。

 

FPへのご連絡、お待ち申し上げております。

 

      検索は・・・

    

 

解除は

https://mail.os7.biz/del/LEfW

 



 

それぞれご家族の事情は千差万別で、同じケースはありません。就労状況・資産状況・貯蓄スピード・年金状況を踏まえ、ご自身が描くセカンドライフプランへの羅針盤をリタイア診断により明確になります。あと、定年まで1年では遅いとは言えませんが、遅くとも50代になりましたら一度ご検討ください。

 

保険や住宅のFPが作成する「無料のライフプラン」とは根本的に立ち位置が違います。

 

 

それ自体が悪いわけではありませんが、保険商品や住宅購入のための無料ライフプランは、自社の取扱商品を売るという販売行為との利益相反がどうしても避けられないのです。コンサルティングによるソリューション解決のFPのリタイアメントプランニングとは「似ても非なる」ものになるのは仕方がないことです。

 

就労状況・資産状況・貯蓄スピード・年金状況を踏まえ、ご自身が描くセカンドライフプランへの羅針盤がリタイア診断により明確になります。あと、定年まで1年では遅いとは言えませんが、遅くとも50代になりましたら一度ご検討ください。

 

リタイアメントプランニングから判る事

 

 

本当に必要な人生のライフイベントに必要な資金・リタイア資金確保はいくらなのでしょうか?

 

金融庁2000万円不足問題が独り歩きしましたが、ご自身の年金・退職金・資産・運用資金・家族状況さまざまであり、国民年金の方は5000万円問題とも囁かれています。

 

  一般に夫婦が最低限の生活を営むのに必要なお金は22~26万円と言われていますし、ゆとりある生活は36万円ともいわれます。ご自身がハッピーリタイアをする為、ライフシミュレーションの診断をリタイア診断で実施します。

 

ライフプラン表の進め方

ライフプランの進め方PDF  

 

緻密なヒアリングとシミュレーションソフトを活用し、家計収支を最後まで見える化して家計の安全性を診断。必要に応じて改善策をご提案します。資産寿命が尽きないよう早めの診断と定期的なお直しをお勧めします。   

 

   

 

また無料のメールご相談も受けております。ご活用ください。 お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

 

 

『将来の生活設計をきちんと考えたい』

『一度、今後のライフプランを設計したい』

 

とお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

今後の生活設計にとって、プラスになるお話やご提案ができると思います。

 

FPメニューは画像をクリックください。

 

 

 

その他のメニューを探すのはここをクリックください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FPブログのある相談の事例集

 

お得な特典付きメルマガ会員募集 

資産5,000万円のマネーストレスフリーを目指すあなたを支援します。

★無料の4つの特典を進呈中★

・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻』

・『ライフイベント表xls』も進呈

・FPも使う資産寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等の特典たくさん!!

 

 

 

   

お金の基本の学習が出来ます。

 

FPへのご連絡、お待ち申し上げております。

 

      検索は・・・

    

 

解除は

https://mail.os7.biz/del/LEfW