FPブログ | FP事務所 トータルサポート 独立系非販売のファイナンシャルプランナーがFireと資産形成を支援

投資をすると確定申告が必要になることもある【下町FPブログ】日々雑感

 

 

ファイナンシャルプランナー.jp

 

 

FPブログ解説 いろいろ投資収入を整理する確定申告

 

毎年3月を迎えると確定申告の整理時期の到来です。僕は会社員の時代から不動産投資をやっていましたから、ある程度確定申告には慣れているつもりでした。20年位前に初めて確定申告をしたときは、わからないことがたくさんありました。しかし、何回もやっていくうちに税や経費についても詳しくなり、今は大きな負荷はなくなりました。

 

税といえば、僕のライフプラン相談作成の方で、収入と税金に対してもっと詳しくなりたいという方がいらっしゃいました。その方は、将来独立して個人事業主となることを検討されており、ライフプランヒアリングと共にWEBで収入と所得、給与明細からの各経費や控除の分析をしたことがありました。

 

本来のライフプランニングとは違いますが、ご自身がその部分を弱点と考えていらっしゃって、その部分を別途約1.5H程度の講座形式で説明したことがありました。これはその時の資料の一部です。

 

会社員となったからには、源泉徴収票が読めると、相当税金や控除に強くなります。誰でも最初は12月に給料明細に入っている『源泉徴収票』ですが、見ないで捨ててしまっている方も多いと聞きます。ご自身の成果と経費の総括です。是非読めるようになりたいものですね。

 

 

ちなみに所得は、この10の分類のいずれかに分類されます。
 
1.事業所得
サービス業、農業、漁業、商工業、医者、弁護士、芸能人等、事業を営んでいる人の所得をいいます。

 

2.不動産所得
土地建物等の賃貸による所得をいいます。

3.利子所得
預金の利子や公社債などの利子収入の基づく所得をいいます。

4.配当所得
株数・出資額に応じて、株主や出資者が受け取る剰余金の配当をいいます。投資信託による分配金も含まれます。

5.給与所得 
給与所得者の給与収入に基づく所得、パート・アルバイト収入による所得等をいいます。

6.雑所得
その他9つの所得に当てはまらないものをいいます。厚生年金等公的年金保険や個人年金保険による年金、作家以外の人が受ける原稿料も雑所得に含まれます。

7.譲渡所得
土地、建物、株式等の資産を譲渡した場合に得られる売却益をいいます。

8.一時所得
当たり馬券、宝くじ、満期保険金等、継続的な営利目的の活動によるものでない、一時的な所得をいいます。

9.山林所得 
山林を伐採して売却したり、立木のまま譲渡したりした場合の所得をいいます。

10.退職所得
退職手当、一時恩給その他退職により一時的に受ける給与に基づく所得をいいます。

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。この下町FP日々雑感は、通常のセミナー講座とは異なり、個人投資家としての実績や毎日のニュースや見聞き経験したもので、皆さんと共有したいものを『徒然なるままに』お届けしています。お気軽な気持ちでご一読下さい。

 

投資をしていると思わぬ所得申告がかかることもある

 

令和2年の確定申告が一応完了しました。今回はいろいろあって不動産収入申告だけでなく大変な年になりました。まずは毎年の不動産収入です。

 

 

不動産は5棟10室という青色申告の基準があり、そのレベルになると事業的規模と認められ、青色申告等いろいろと優遇があるのです。一般には、ワンルームなどの投資マンション保有の方は、白色申告の総合課税になるでしょう。

 

家賃収入-経費=不動産所得

 

実際収入から様々な経費が収入から差し引かれます。

 

・賃貸管理会社の管理経費

・物件の固定資産税

・修繕積立費や実際の修繕費用

・組合管理費

・大家側の火災保険料

・投資ローンがあれば支払い金利

・場合によっては募集経費

・これが大きい建物や設備の減価償却費

・不動産を勉強するための各種経費

・・・・・

 

これらはすべて経費になりますから、実際の収入から差し引かれて、所得は収入の1/4以下位の感触です。初年度などは、登記・仲介手数料もあり赤字になり、税金が還付されたりもします。2年目以降も減価償却費なども大きく、実際に結構な投資資金の回収ができるのです。

 

今は、手書きでなく不動産の収支内訳書をシステムで入力すれば、簡単に税金についても計算してもらえますし、間違いがなくそれで完結しますから、昔のように電卓と法改正を睨んで頭を悩ますことはなくなりました。

 

次に株式関係です。特別口座やNISA口座内の取引でしたら、自動的に所得税などが差し引かれて、受け取るだけなのですが、自分は一般口座を使っているので、取引報告書から毎回エクセルでリストを作っています。インカムゲイン目的中心なので、あまり売買はしないのですが、昨年はコロナ暴落もあり売買は多く、計算が大変でした。

 

株式購入価格-株式売却価格-購入手数料-売却手数料

=売却損益

 

株式譲渡は確定申告では分離課税となりますから、それをすべて加減して実収益をシステムに株式の譲渡収入として入力しなくてはなりません。

 

それから昨年FP監修の本、『最新版 お金の教科書』の原稿監修料金も入金されています。これらは雑所得として申告をしました。これは初めての部分でしたが、原稿監修料金の受取時には一部源泉徴収もされており、いろいろと良い経験ができたと思っています。

 

監修原稿料金-必要経費&源泉徴収税額

雑収入として申請となります。

 

最後に海外の銀行からの利子収入もあり、この類は利子所得との総合課税になるので、普通の20.315%の源泉徴収とは違ってくるのです。利払いの時の為替レートを円換算して、エクセルで集計して利子所得として計上しました。

 

支払外貨利息×当日の為替=円換算の利益

海外での受取り利息は、総合所得となり、利子所得となるのです。

 

すでに今や世界中の金融機関では、マイナンバーを要求する仕組みになっていますから、例えばオフショアの投資といっても、実は国税は逃れられないと思います。くわしく知りたい方は、「共通報告基準CRS」を検索ください。

 

用語解説『CRS』とは

 

国内証券会社での米国ETF取引では、特別口座は一般の株と同様に証券会社が計算してくれますが、一般口座の場合は、購入時の為替と売却時の課税の差を元本からの為替損益として計上することになり、

売却損益+為替損益をもとに計算します。

 

一般には、米国株式などの取引以外は、為替差損や売買損益を複雑に計算することがないかと思いますが、いろいろ投資として、キャピタル・インカムゲインを受け取ると、申告が複雑になるものなのです。

 

 

それでも、最近の確定申告は申告システムが格段に良くなり、手書きからは完全に解放されています。また、簡単に正確な計算ができる国税庁ソフトのおかげで複雑な申告もできるのですが、それでも今回はいろいろあり、頭を悩ませ深刻に悩んだ申告なのでした。

 

投資を行うと、様々なケースで税金と向き合わなくてはなりません。利子・配当・売却・為替・経費・収入と複雑な仕組みとの付き合いは避けられないでしょう。特に自身で申告しなくてはならない暗号通貨やFXなどは、それなりの向き合う覚悟が必要なのでしょう。

 

 

 

投資内容に応じて分離課税や総合課税になったりしますが、年1回の投資決算はお忘れなく

 

まずはFPに聞いてみたいという方はここから (クリックで画面移動します)

よく具体的な相談に特化して聞いてみたい方 特におすすめ (好評です!!)

個別に顔を見て資料なども含めたWEB面談をしたいという方に最適。

全国どこからでもリモート可能です。(最も指名が多く人気です)

 

日々雑感、今日のポイント

 

AMAZONで、1,700円位のカードリーダーを買っています。マイナンバー読み取りのためです。今後も確定申告は毎年申告はし易くなると思います。税理士さんもAIというライバルが出ており、会計自体だけでなく申告もライバルが多く大変だと思います。

 

よく、FPのシステム勉強会に行くと『知識を持ってライフプランソフト』を入力できるのはFPさんです。ただし、AIやシステムに任せられるものは任せて、FPはアドバイスに集中すればよいのですと言われます。

 

このコンサルティングの領域は、WEBやAIが苦手な領域なのです。ノウハウも含めて複雑な相談や選択条件から経験と知識に基づく顧客本位のアドバイスを私たちFPは求められているのかもしれません。

 

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 

継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  

申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

・あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

 

・あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

 

・あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

 

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)

ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。 記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

 

 

 

 

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

 

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等

(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

     

     

          

     

     

    メルマガ会員発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。更新時には、ダイジェストメールが届くので購読も便利です。

     

    登録者には

    無料の4つの特典を進呈中

     

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

    登録はここをクリック

     

    登録は メルマガを申し込む

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会員解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW