FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー
FP事務所 トータルサポート 下町ファイナンシャルプランナー > インカムほったらかし運用入門 > 米国債券で年間30万円ポジションを公開【下町FP】インカム投資入門

米国債券で年間30万円ポジションを公開【下町FP】インカム投資入門

 

 

 

貯蓄だけに励むのか、複利の力を活用するのか インカム投資入門

米国投資は早期リタイアFIREとじぶん年金に欠かせない

 

REIT・インフラファンド・ETF投資信託・ソーシャルレンディング・不動産投資とファイナンシャルプランナーが実際に運用検証をしているインカムゲインで経済的自立を確保するシリーズです。

 

 

リタイア後の生活資金の補填やFIRE早期リタイアに役立つインカムゲインをFPの僕の経験やポジションを公開してお伝えするシリーズの第2弾は、米国投資です。ほったらかしでも成立する投資スタイルであり、年金の不足を補う事もできるインカムゲイン投資についていろいろ考えていきましょう。

 

関連記事 J-REITによる分配金活用とインカム投資より

インカム投資①J-REIT年間50万円超の分配ポジションを公開

 

コロナ禍の中で2020年は、投資ブームが発生しました。理由の一つには、世界各国の株価・資源価格・債券価格も含めて3月に投げ売り的な暴落が起こったことで、価格が一旦下押ししたことが大きかったと思います。

 

その時、口座を開設して投資運用を開始した方の中には、たった一年で元本を何倍にも増やした方もたくさんいました。これはある意味では、今まで投資していた方が暴落で退場して、新たなプレイヤーが入ってきたともいえ、給付金やおうち時間での余裕余力が、証券口座の開設ブームを起こさせたと言われています。

 

 

日本には、資産形成で活用すべき有利な制度があります。長期的にはiDeCo(個人型確定拠出年金)による資産形成やNISA(少額非課税制度)を活用した投資です。

これらは売買や配当が非課税になったり、税額控除が受けれたり、積立運用による将来の資産形成を国が手助けしてくれる活用すべき制度です。実は、米国株式やETFでもNISAは使えるので検討に値するのです。

 

日本株式での投資も大事ですが、同様に検討すべき投資運用は、世界マーケットである株式や債券運用です。地域や特性を分散する事や、円という通貨だけでない資産・通貨運用も分散運用のひとつになるからです。

具体的な運用先は、先進国・米国・新興国となりますが、特にリタイア後は安定性が重要視されますから、先進国や米国が対象となるでしょう。

 

米国への投資が人気の高い理由はこれだった

 

リタイアブログなどを見ていると、多くの方が米国投資を取り上げ実践されています。市場が右肩上がりで、高配当銘柄や連続増配の企業もたくさんあり、魅力的な企業が多く資産形成に向いているからでしょう。

 

例えば先進国の投資信託の中心は、やはり米国がコアとなっています。先進性の高い企業(GAFA)や優良企業コカ・コーラやボーイングなどの世界的企業も米国企業が多く中心となっているからです。成長力とイノベーション、そして3億という人口の拡大を続ける市場ですから長期投資の対象となりやすいのです。

 

米国への投資でリタイアに向いている人気の投資は、米国株式とETFや米国債券であり、より詳しい方は米国個別株式がターゲットになります。初心者に向いている運用は、ETFと直接債券投資だと思います。

今日は米国債券を活用したインカム運用を考えてみたいと思います。僕も3つのドル建ての債券を持っており、このポジションもJ-REIT同様にご紹介したいと思います。

 

過去記事

米国投資が圧倒的に人気が高い理由【下町FP】

 

 

 

あなたのお金の心配を解消してマネーストレスフリーを支援する下町FPの横谷です。この下町FP日々雑感は、通常のセミナー講座とは異なり、個人投資家としての実績や毎日のニュースや見聞き経験したもので、皆さんと共有したいものを『徒然なるままに』お届けしています。お気軽な気持ちでご一読下さい。

 

債券投資は『ほったらかし投資』確実な運用法のひとつ

 

僕は、会社員時代の退職金運用先を実は米国ドル建ての債券で運用しています。当時は、金利が下落傾向のタイミングで実質利回りは2.3%前後が米国国債、それと3%少し欠けるくらいの社債2本を購入して運用しています。

 

米国国債とは、アメリカ合衆国政府が発行し、政府に対する信頼により市場が形成され、極めて高い流動性を有した債券です。流動性の高さからドル建て外貨準備の主要な投資先にもなっており、世界での米国国債残高保有の大きい国としては、日本・中国の2国がダントツの保有残高を持っています。

債券は、以下の2種類のタイプが発行されています。

  • 利付国債・・・額面価格で購入、償還期限まで6カ月毎に利払いがあるタイプの債券。

 

  • 割引国債・・・ゼロクーポン債と呼ばれ、満期の金額が額面価格でディスカウントされた価格で買えます。

 

 

債券は新発債と既発債という中古的な市場で売買されるものがありますが、米国国債は新発債は買えませんから既発債を買っています。

今は残念ながら低金利下ですので、既発債の発行時の高い額面利回りに対して、実際は相当低下しています。現在少しずつ金利が上昇しつつありますが、買い時は早くて21年年末以降となると僕は考えています。

 

現在の既発債の状況は以下の通りです。(SBI証券HPより)

発行利回りが2.75%クラスでも調整された実質利回りは1.7%位になっており、少し物足りなく金利の上昇を待つ時期だと言えます。今は買い時ではありません。

 ↓額面発行利回りと実質利回り

 

それでは僕の持っている債券ポジションについても触れていきたいと思います。米国債券と社債は三井と三菱UFJファイナンシャルグループ発行の債券です。ただ買って『ほったらかし運用』するのが債券運用で、買うタイミングまでが大事なのです。

 

初公開 年間30万円(ドル建て)を僕の受取るポジション

 

 

どうお感じになりましたか?

 

債券は利回りも確定しており、元本は現地通貨での償還が約束されていますから、信用度の高いものを選べれば安心してほったらかし投資が実現されるのです。持っているだけで、利息が入ってくるのは安心感は抜群だと感じています。

 

この保有している債券の表面利回りと実質利回りは以下のようになっています。

 

 表面利回り 実質利回り 分配月

米国国債
   2.875%         2.296%       5/11月

三井FG
   3.544%         2.830%    1/7月

三菱UFJ
   3.741%         2.987%    3/9月

 

 

このポジションで決算月が各々異なりますから、

年間6回の利息受け取りが可能なのです

 

運用元本は10万8,000USD

で、年2回の各6回の利払いの受取をしてくれ、しかも元本確保です。

 

利息は・・

年間約2,900USD(約30万円)の受取り

が約束されています。

 

為替というリスクはありますが、元本は満期時には全額戻ってきます。ですから、買ったら終わりの債券運用はらくちんの『ほったらかし投資』なのです。

 

年間30万円、年間6回の毎回約5万円のリターンが満期まで約束されており、途中解約をしなければ元本が毀損しない(ドル建て)運用です。

 

特に米国債は安定しており、年金やリタイア後のじぶん年金に十分活用できると思います。

 

最近30年物の米国債券がようやく1.9%前後になってきました。金利が上がるのを待ち、運用を開始するという方法でマネーストレスフリーに向けた生活を債券が助けてくれる事でしょう。

リタイアには債券投資という活用法は向いていると感じています。今日は、なかなか話題の出ない米国債券投資の話でした。次回は僕のもうひとつの米国投資である『米国ETF』について考えてみたいと思います。

 

米国債券投資は、タイミングが大事、運用はリタイア後のじぶん年金に有効

 

まずはFPに聞いてみたいという方はここから (クリックで画面移動します)

よく具体的な相談に特化して聞いてみたい方 特におすすめ (好評です!!)

個別に顔を見て資料なども含めたWEB面談をしたいという方に最適。

全国どこからでもリモート可能です。(最も指名が多く人気です)

 

インカム運用、今日のポイント

 

最近、米国の金利が上がってきています。これは国債のイールドカーブで見て取れます。長期金利が短期金利に対して乖離し始めています。

最近はスティーブカーブ化(右肩上がりが急角度に変更)となり、短期金利と長期金利の差が拡大し始めています。景気の先高感を市場が織り込み始めているともいえます。

 

 

10年物国債金利が2%を超え始めたら、米国国債や優良企業の社債を検討しても良いと思っています。理想は2.5%~3%です。瞬間風速が吹く時もあり、その時はチャンスかもしれません。

例えば3%の債券を20年持てば、
3%×20=60(元本の160%)の利益

が得られるという事です。日本の10年物国債の変動金利がが0.05%の中、大きな差が出てきます。

 

もちろん為替が60%の円高になれば、円戻しではイーブンとなってしまいますが、100円なら40円という事です。また円高局面なら米国ドルでの運用をしながら円安タイミングを待つという技も使えます。

ただし、こういった長期運用の債券は、斡旋や宣伝セールスを受けることがないので、ご自身で動かないと購入できません。

それは、金融機関は販売時の手数料しか入らなく、投資信託のように預けていれば毎月・毎日とれるような手数料が入らない『旨味のない商品』だからアプローチしないからです。

 

株式よりは低リスクな債券の利回りによる利金受取り生活をリタイアプランに加えてみる事をお勧めします。

金利上昇が2%超えたら検討、3%なら買いだと思います。似た商品で債券ETFがありますが、金利上昇中は、価格下落となりますから、上がり切った時点での購入をオススメします。

僕も年間30万円の利金と元本確保は、ゆったりとした運用スタイルに合致していると感じています。買ったこと自体を忘れてしまうようなハラハラしない運用です。

同じように米国ETFの債券投資としてAGG・とかBNDといった人気のETFもありますが、毎日売却金額が変動します。また米国ETFの話の時に触れたいと思います。

 

その点、債券自体・本体への投資は、そんなハラハラがないつまらない投資運用が可能です。金利タイミングを見ての投資でしたら勝算は高いでしょう。リタイアを目指す方は、勉強してみる事をお勧めします。

 

この記事は、特定の商品を推奨するものではありません。投資は自己責任と自己判断でお願いいたします。

 

 

 

FPは顧客ニーズに対応したライフプラン作成をします。貯蓄、投資を開始する前に大事なお金管理を成功に導くライフプランを作成する事をお勧めしています。作成する事で千万円単位の貯蓄差がはっきり出てきます。

 



継続は“チカラ”です。持続させるためには動機づけが大切です。ライフプランを作成すれば、子供の教育費・住宅費・老後資金と人生の3大資金が可視化出来、その推移と過不足や必要性の認識が高まり、目標への実現性が確実に増します。

 

 

ライフプランの問合わせは早いほうがベストてす。
お申し込みは、FPトータルサポートまで  

申し込み・問い合わせ

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずはFPへの相談から始めませんか?

Zoomオンライン相談も承っております。

(全国対応)
・人生の3大資金への資産運用
・退職後のマネーフリー資金作り
・相続・贈与対策
・家計収支の改善
・老人ホーム入居資金作り
・リスク別資産運用ご提案

メール相談は無料。個別面談が実質ゼロになるプランあります!!

まずは無料メール相談からでも大歓迎!!

 

 

*****************************************************************

FP事務所トータルサポートからの支援

*****************************************************************

 

人生にはライフイベントが色々控えています。

 

・あなたは、お子さんの将来教育資金を貯蓄する資産形成準備は整っていますか?

・あなたは自宅購入のローンを払い続けても、家計破綻しない自信がありますか?

・あなたは年金だけでリタイア後やっていける貯蓄に自信がありますか?

 

僕も40代の時に悩み、キャッシュフロー改善のために不動産投資・為替・住宅ローン借り換えと早期完済、債券・株式・ソーシャルレンドに投資して資産形成投資を実践してきました。50歳過ぎた時に現在の貯蓄形成で本当に会社を退職して資産寿命が尽きないか不安でした。

 

独学でリタイアプランとキャッシュフロー表を作ったもの、その時FPと出会えたら不安なんてなくなったのにと今でも思います。

 

この経験をその時と同じような40代の方、あるいはリタイアを10数年以内に迎える方の不安や相談に独立系FPとして還元したいと思っています。

 

もし、あなたが40代以上で、将来やお金に対して不安があり、貯蓄をあるいは投資をして資産形成を目指すのならライフプラン作成を検討してはいかがでしょうか。

 

シミュレーションでは毎年の家計の収支や貯蓄残高が、将来(生涯にわたって)どのように推移するかを予測できます。 キャッシュフロー表によりお金の寿命を可視化 ↓ クリックで拡大します。

 

 

この作成で結婚や子育て、老後における家計の姿がはっきりと見える化できる事から、家計診断をする上で、極めて優れた人生設計ツールとなります。 ライフプラン作成はの貯蓄力の判定や資産寿命・必要保険の可視化が出来ます。

 

人生の羅針盤の第一歩として僕と作成してみませんか。

 

ライフプランの作成サンプルはここから

実際のライフプランサンプル

 

提供するプランはここから

申し込み・問い合わせ

 

お支払いはカードでできます。

 

FPライフプランレポートのサンプル 

(相談の進め方PDF)

ライフプラン作成の手順

 

 

キャッシュフロー表から収支や金融資産残高、年金推移などもグラフ化します。↓

 

 

迷ったら、 無料相談から、ファイナンシャルプランナーを味方につけて下さい。

 

本当にそうすべきかどうかは、あなたの状況や、意向を把握しなければ判断をすることはできません。僕はFP自身の個人的な考えを主張するのではなく、あなたが自ら判断できるようにサポートすることこそがFPの役割であると考えています。

 

 

下町FPはあなたの人生の羅針盤づくりのサポートをします。

費用は掛かりますが、 元本保証のない危険な商品や株などでで何百万も損失を出す前の自己への投資とお考え下さい。 これこそが先行投資です。 お金の相談や不安がありましたら、下町FP横谷まで上記のお問い合わせタブ からご一報ください。

 

 

******************************************************************

 

下町FPは日本ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。 記事が参考になった方は、下の【ファイナンシャルプランナー】をクリックください。 他の記事も見れますし、ブログ作成の励みになります。

 

★更にお得な情報

無料メール相談・FPプラン申込み依頼

 

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

 

 

 

 

FP申し込みプランはここから

FPブランメニュー

 

 

下町FPへのお問い合わせは下記フォームよりご相談・お問い合わせください。

初回メール相談は無料、個別面談も実質無料プランあり、 お気軽にご連絡ください。

 

無料メール相談も大歓迎!!

 

以下の5点はメール送付時には必ず記入ください。

①お名前とメールアドレス

➁在住の都道府県  〇〇県

③年齢       〇〇歳

④困り事や心配事項や具体的な相談内容

 

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。⑤依頼:無料メール相談・初回個別相談・希望パック名等(たとえばライフプラン診断)等のいずれかを記入ください。

 

    (必須)確認画面は表示されません。上記内容でよろしければ最終チェックをお願いします。

     

     

          

     

     

    メルマガ会員発行特典 絶対お得です!!

    メルマガ発行をしています。 ログでは書けない資産形成や 貯蓄5000万円を目標にマネーストレスフリーを支援します。更新時には、ダイジェストメールが届くので購読も便利です。

     

    登録者には

    無料の4つの特典を進呈中

     

    ・『40歳から間に合う資産形成 虎の巻pdf』

    ・FPも使う貯蓄寿命が見える『キャッシュフロー表xls』等随時進呈中

    登録はここをクリック

     

    登録は メルマガを申し込む

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会員解除は https://mail.os7.biz/del/LEfW